日本でうつ病の治療現場で使用されている坑うつ剤

March 16 [Thu], 2017, 17:43
坑うつ剤については、薬の誕生から年月が経つにつれて、新しい薬剤が発売されています。近年は、副作用の少ない薬が開発されるようになり、以前のような副作用に関する悩みが軽減しつつあります。うつ病を克服するためには、坑うつ剤を使用することをためらわず、医師の指示に従うことが望ましいです。坑うつ剤に関しては、セロトニンやアドレナリンの働きをよくするための成分が入った薬を使用するのが一般的です。現在、日本では、三環系坑うつ剤、四環系坑うつ剤、セロトニンのみに作用するSSRIの三種類です。他にも、世界的に導入されている薬としてSNRIも有名です。これらの薬は、パニック障害の治療にも使用されています。現在、日本で使用されている坑うつ剤は、世界で認可されたのは、1980年代ですが、日本で承認が下りたのは1999年ですから20年ほど遅く承認されたことになります。現在も変わらずうつ病の治療現場で導入されています。

健康維持をするには
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タイヨウ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる