進む中国離れ『ベトナム・ミヤンマー・インドネシアの方が安心で有望株だ』

October 10 [Wed], 2012, 22:04
昨今の反日暴動後も反日の雰囲気を残るチャイナリスクを不安し企業の中国離れが加速している。
まぁ13億人の巨大中国マーケットは無視できないからユニクロ等は今後も中国で出店を増やすそうだ。
しかし、安い人件費だけ目当てに進出したメーカーはより安全で人件費の安い国に逃げており、日本企業の新たな進出先として東南アジア同人誌は人気だ。
まずベトナムの利唐ヘ人件費が安く平均年齢が若く日本の高度経済成長みたいなのが見込め、東南アジア諸国は低関税貿易協定を結んでいるので、国をまたいで部品調達輸出入がしやすい。
次にミヤンマーの人件費は中国の4分の1で国民性は真面目だ。
更に消費市場で注目なのは人口2億4000万人で平均年齢が若く、資源も豊富なインドネシア。
ASEAN全体で6億人の市場である。
中国ではシュウキンペイが今月に国家主席になるが江沢民に引っ張り出されただけでカリスマ性もなく、求心力を保つ為に今後も反日運動を続け経済に陰りがみえて国内統制がとれなくなるだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:v0r7r1ukv6
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/v0r7r1ukv6/index1_0.rdf