モンハンたわし

March 29 [Wed], 2017, 20:28
モンハンのたわしつくりました。

まずアイルーから。


大きさが気に入らず、作り直し(右を採用)。
色分けが難しい。
右の斜めのラインはきれいにできるんですが、左のラインはがたがた。
こま編みでは限界みたいです。
茶色い毛糸がベージュの糸に比べてふわふわで、きつめに編んでもゆがんできたので
茶色を一段少なくしてます。うまくごまかした


目は黒の円に白でステッチ。
あとで見たら、白ステッチの数が違ったので、8目になおしました。


耳はただの三角ではなく、外側の辺が長い三角です。
ぬいつけたらあんまり目立たないんです。がっかり
結構考えて何度もやり直したんだけどな。


完成。
茶色、もう少し色が薄くないと鼻も口も見えない
ひげはなんとかして縫い付けました。

---

つづきまして。モンハンストーリーズのナビルー。
アニメを見てるんですが、最近ナビルーがかわいく見えてきました。
最初は受け付けなかった 笑


顔は円編みで、最後の1周だけ編み方を変えてます。


もじゃもじゃ。


いちばんのこだわり。ドーナツ。
ナビルーの好物のドーナツを吊り下げ用ループにしたらいいかもと。
でもただ編むと、吊り下げたときに円がゆがむので。
プラスチックの輪っかを芯にしました。濡れても平気。
これ、バッグ作るときのパーツみたいです。


ナビルー完成。
耳は3色なので、ステッチを使って色分けしました。


うん、ナビルーの方がうまくいった気がする


つくりたいキャラは作ったので、いったんタワシ作りはお休みです。
あ、ポンデライオン作ってないや。

ニョロモたわし

February 19 [Sun], 2017, 20:21
青いたわし3つめ。


ニョロモ
ポケモンGOのニョロモがかわいい。
ニョロモはきらきらおめめですが、私が作るキャラクターたわしはこの黒目で統一。


うしろはこんな感じです。

-----
以下制作写真&いろいろ言い訳。


尾びれ。
あみものは、それっぽく出来あがればやり方なんてなんでもOKらしいので
気が楽になりました。あ、アドバイスはいつでもお願いします。
鎖編みの左右に長編みや長々編みでぐるっと編んだら、青い部分が細くなってしまい、却下。
鎖編みの裏山に編んで二つに折ることで落ち着きました。


体の形が全然決まらなくて何回ほどいたか・・・。
最後の方は毛糸がへろへろでした。

三角っぽいけど丸っこい形をどうやって作ればいいのかさっぱりわからなくて。
ディズニーたわしの本に載ってたモンスターズインクのマイクたわしを
真似して編んでみたんです。左の。
青いけどはっきりマイクだなって感じですよね。
でもこれだとカクってラインが嫌で。

編み図をじーーーっと見て考えて、やっと円編みの原理(?)がわかりました。
6角形っぽい円にしたければ6の倍数で、7角形っぽくしたければ7の倍数で編めば
いいんですね(たぶん)

じゃあ7角形の下側3辺を細編みから中長編みにかえて、しもぶくれにしよう
ということで、できたのが右の形。


おなかは、黒のステッチのしやすさも考えてうずまきに編んでみました。
体の大きさに合わせたので、黒ぐるぐるが一周多いんですがまあよし。


足は楕円の変形。
つりさげ用の輪っかが頭のてっぺんにあるので、
ぶらーんってなってる感じにしました。
足を付けたので、今回はミトンタイプではなく2枚重ねてかがりました。
おなかとひれもあるので分厚いたわしになりました。


スライムとキングスライムとニョロモで青い毛糸はほぼ使い切りました。
次何つくろうかな。

スライムたわし

January 15 [Sun], 2017, 23:20
オリジナル(というか編み方を自分で考えて)エコたわし編みました


手始めにスライム。
ボディラインが気に入らず、実はこれ2つ目。
ミトンタイプなので下はあまり目数を減らさず、平らです。


スライムのボディライン(の目数)をベースにしてキングスライムをつくりました。
これを作りたくて、まずスライムを作った感じ。

完成してからあちこち気になって、これは試作ということになりました。
スライムもだけど、1回じゃできない


帽子制作中の地味な作業。
形は、イラストの上に載せて、こんなもんかなぁって。
普通どうやって作っていくものなんでしょう??
とりあえず1色で編んでみました。で、ここを紫にしようってメモしてから、全部ほどいて・・・。
普通どうやって(ry


白目は無理っぽいのでやめました。ぽちっと黒目もかわいいかなと。
で、スライムもこの白目なしに揃えました。

ということで、試作を踏まえてのスライムべホマズン

また気になるところが出てきたんですが、一旦これでおしまいにします。
ほっぺがお気に入りパーツの縫い付けもちょっぴりうまくなりました。

べホマズンの方はちょこちょこ撮りました。

体と王冠の境目はこま編みのすじ編みにしてみました。
キングスライムのときに王冠と体の境目が気になって。
こうすれば王冠つけやすいかなと。


王冠は別で作ってます。

編み方はウタソウコ。さんのこちらの王冠を参考にさせていただきました。
素敵なあみぐるみがたくさんありますよ^^

帽子部分のしましまに合わせて王冠の山も6回つくりたかったんですが、
続けて編むには目数が合わなくて、3号のかぎ針(普段は5号)で別に編むというやり方に落ち着きました。
山6個編んだら帽子の外周にぴったりでした


てっぺんの飾り(?)。小さくて大変。


ということで2つ並べてみました。試作といいつつ堂々と載せます 笑
左のちょっとつぶれた感じも悪くないかも。王冠と体の境目もよさそうです。
やわらかいのは緑の毛糸ですが、青い方が毛羽立ってなくてきれいです。
お値段は緑<青です。約3倍。


指3本くらい入るミトン型になってます。
ただ、王冠のあたりが厚いのでタワシとしての使い勝手はどうなんでしょう。

エコたわし

December 26 [Mon], 2016, 0:08
この冬はエコたわし(アクリルたわし)をたくさん編みました。
現在進行形で編んでおります。
「飾りではなく実用的なもの」が作るかどうかの基準になってます。

かぎ針編みは小さいマスコットを1度作ったきりなのでほぼ初心者でしたが、
基本的に平面だし、何個も編んでいるうちに要領がわかってきました。

今まで作ったものを載せます。
すべて、本に載っていたものかネットで見つけた編み方で編んだものなので、
完成写真のみです。


お星さま。中長編み、長編み、長々編みを習得☆
こうやって☆のとげとげを作るのかーと勉強になりました。
表と裏2枚重ねなんですが、なぜかうねってます 笑
目のステッチ難しい。
ハマナカのサイトに作り方が載ってたタワシです。


「カンタン! かぎ針編み アニマル大好き! エコたわし100」という本に載っていた
ふくろう。ミトンタイプ。
2つ作りました。長編みの玉編み&色変えを習得☆
この本を本屋さんで見かけて、たわし作ろう!って思って始めたのに。
完成はお星さまより後でした。(パーツつけるのすきじゃなくて放置してました)
目の部分、白糸に黒糸の繊維がちりちりはさまるからきれいじゃない気がする・・・。


プーさん。
「ディズニーの魔法のタワシ」という本から。こちらもミトンタイプ。
ディズニーはあまり好きではないのですが、これは作りたいと思って。
文字は細い糸を使うべきなんですが、糸が増えちゃうのでやめました。やりにくかった。
顔は、黒い毛糸の撚りをほどいて、きもち細い毛糸にしてステッチしてます。
プーさんは幼いから、スペルミスをして「HUNNY」という表記なんだそうです。へぇ。


同じくディズニーの本から。白雪姫のリンゴ。キャラものじゃないっていう。
りんごの上の方、見本の写真と何か違うと思いつつ完成させてしまいましたが、
表引き上げ細編みじゃなくて裏引き上げ細編みだったっぽい。
もう1つ作る気持ちはないので、これで。
中は赤い毛糸を詰めてます。握って使うタイプのタワシ。

ディズニー本からは以上!


これはネットで見つけたオレンジタワシ。
編み図がなく、編み方は文章での説明だったので、頑張って解読しました。
2枚重ねです。


色違いのレモンタワシ。オレンジよりレモンのが好きかも。
レモンは2つ(オレンジと合わせて3つ目)作ったので、スピードが早くなって、
片面30分かからずできるようになりました。

こんな感じです。
実用的なものといいつつ、プーさんとか手がかかってるのでもったいなくて使えません。
母にいくつかあげましたが同じ気持ちのようで、唯一使えそうなのはレモンらしいのですが、
今はコースターになってます。

ちなみに、湯のみの茶渋がきれいに落ちましたよ

まだまだタワシ作り続きます。タワシ配る人になる 笑
見てお分かりのように毛糸が何色もあるのですよ

紙ししゅう

September 19 [Mon], 2016, 0:45
紙ししゅうやってみました。
紙刺しゅうする絵は、ポストカードでいいかなと思って
夏デザインのものを買ってきました。
裏に糸が出てしまうのではがきとしては送れなくなってしまいますが。

もうすっかり秋ですが、写真撮ってたので載せます。


くじらが好きなのでこれ。このぼこぼこした質感の紙も好きです。
3mm間隔で印をつけました。


ぷすぷす穴をあけました。


2本どりでどんどんぬっていきました。
穴に刺していくだけなので無心でできました。単純作業でらくらく
端は裏側にぐるっとまわしてます。


私のやる気は花火とともに燃え尽きました。

この花火、やるか迷ったんです。穴同士が近くて紙が弱くなりそうで。
フレンチノットステッチ苦手なのでやる気もでず。
結構やったけど、フレンチノットはうまくなった気がしません


カードの下の方にも、もう一匹ペンギンがいますが
クジラが完成したので、完成ってことにしました。

裏は結構ごちゃごちゃなので見せられません。糸の端はボンドをちょこっと付けてとめました。

保冷剤ケース

May 22 [Sun], 2016, 15:30
そろそろ、お弁当に保冷剤がいる季節になりました。
かわいい保冷剤も売ってますが、結露対策と布の消費を兼ねて保冷剤ケースを作りました。


今回は空柄。夏らしく

ポケットティッシュケースの作り方で、サイズ違いです。
取り出し口を少しカーブさせて重ねてるところがポイント


内側は水色のドット。配色ふつう(笑
縫いしろが出ないようにしたのでリバーシブルで使えます。
たぶん裏返すことはないですが。


イメージ。
曲げわっぱは調湿作用と殺菌作用があって、お弁当は傷みにくいらしいです。
そして職場は冷房が効いてるのでおなか壊すことはないと思いますが。
まあ、おまもりです(笑

早速使ってみたのですが、サイズがぴったり過ぎてしっかり凍った保冷剤が入りづらい。

保冷剤の厚み分多少大きく作ったんですが、カーブさせた取り出し口はあまり開かないんです。
工夫があだに(笑)入れるときだけちょっと頑張ってます。
あと、このサイズの保冷剤しか使えないっていう。

パスケース

January 31 [Sun], 2016, 22:30
使ってるパスケース(布製)が古くなってきたので、
じーーーっと観察して、真似して作りました。
次新調するなら、ちょっといいものを買おうと思ってたので、その前に。

表と裏にポケットがある、窓がない横型のパスケースです。

写真多めですが、よかったら見てください。


かたーい芯が入ってるようだったので、牛乳パックを2枚切りました。


これ、真ん中の仕切り。
布を袋状にして、


表に返して、牛乳パックを2枚入れて、


ふちをコの字とじ(はしごかがり)しました。


表のポケットには、厚手ハードタイプの不織布の接着芯を貼りました。


カーブになるようにアイロンかけてミシン縫い。
急なカーブではないので、切り込みは入れてません。


今まで使っていたパスケースの後ろ側は、左のような形だったんです。
一応切ってみたものの、この形作るの厳しいなーって思って。
中央にカードをスライドするための穴をあけることに。


穴をあけて折り返しました。


牛乳パックをやめて、接着芯で押さえました。
ぎりぎりまで切り込み入れないときれいな穴にならないけど、ふちの強度が不安です。


穴の周りを手縫いしました。ミシンでうまく縫う自信なくて。


真ん中の黄色い仕切りを、表の布でくるむ予定(側面から見えないように)だったのに、
すっかり忘れてぬいしろをケチってしまって、ミシンでとめるのは難しくなってしまいました。

なので、コの字とじで3つのパーツを固定するように手縫いしました。


できました。
あ、パーツを組み合わせる前に、黄色い仕切りの上辺だけミシンで縫っておいてます。


後ろ側はこんな感じ。仕切りは1mmくらい小さくていいんだった。ちょっとでっぱっちゃった。

ここで完成でもいいんですが、ちょっとポケットが大きいので、

最後にミシンで(上辺以外を)ぐるっとステッチ兼固定。
分厚いので、ひと針ずつゆっくりミシンで縫いました。大丈夫だった。
そして完成です


以前作ったポケットティッシュケースとお揃いです

こぎん刺しのくるみボタン その後

January 20 [Wed], 2016, 21:30
こぎん刺しのくるみボタン、あと2つできました。


青りんごと三角模様。


そして、この間作ったリンゴのボタンにはゴムを付けました。


ゴムは丸パッチンというパーツでとめて輪にしました。
一度とめると分解できません。


裏は丸カンにゴムを通してます。
ボタンの穴にも通るんですが、金具の向きとゴムの兼ね合いもあって。


こちら、今年のほぼ日手帳。
文庫本用の透明カバーを使うことにしたので、作ったボタンは手帳を閉じるために使ってます。

こぎん刺しのくるみボタン

January 03 [Sun], 2016, 20:12
こぎん刺しをやってみました。こぎん刺しは、津軽地方の刺し子です。
母が青森出身なので、多少津軽になじみがあって。
図書館で本を借りてきて、小さいものからと思ってくるみボタンを作ることにしました。


布はこちら。コングレス布。織り目が粗いので目が数えやすくて初心者向きだそう。


くるみボタン。
30mm位がよかったんですが、一番人気のサイズなのか在庫切れで27mmです。


刺し終わりました。横に1段ずつ刺していきます。これは「松笠」という図案だそうです。
クリスマスっぽいなと、最初にやってみたくなったものですが、
クリスマスには間に合いませんでした

こぎん糸ではなく刺しゅう糸の6本どり。糸の消費がすごいです。
くるみボタンの表に出る部分だけぎりぎりで刺しゅうしました。


丸く切って、くるみボタンの土台にセット。
裏のパーツを押し込むんですが、布が分厚すぎて金具が全く入りませんでした
調べたら、コングレスの布は厚すぎてくるみボタンは無理!って・・・。
裏のパーツだけ1サイズ小さいのを使って作ってらっしゃる方も。やっぱり無理なんだ・・・
ボタンのパッケージにも厚い布は使えないって書いてあるし。
布目が粗く、ボタンが小さいから図案があんまり入らないし。ってマイナスばかり。
本ではコングレス布で作ってたのになぁ。キットじゃないのかなぁ。


なので、裏のパーツの全周をルーターで削りました。
右はペンで印付けた状態で、左は削ったものです。
直径でいうと2mmくらい小さくなりました。
目立たないところなのできれいな円ではなくてもいいやって感じです。
ペンチでふちを全周曲げるって方法もあるみたいです。均等に曲げる自信ない


入りました。ゆるくて抜けちゃうってこともなさそうで一安心。


完成松笠1つしか入りませんでした。


つづけてもう一つ。津軽といえばリンゴですよね。
目を数えやすい図案でスピードアップ
力加減も少しわかってきたので、1個目よりは糸もふっくら・・・になった気がする。


できました


二つ並べるとこんな感じ。
まだ準備してないのですが、ゴムをつけて手帳が開かないようにするのに使おうかなと思ってます。

パーツがあと2つ残ってるので、とりあえずそれは作っちゃいたいです。

深海生物アロマストーン

July 19 [Sun], 2015, 17:12
今回はいろいろなことがいいタイミングでピタッと来ました

はじまりは、玄関に入ったときにいい香りするといいなって思ったこと。
でも私香り系が苦手で、芳香剤、消臭剤のたぐいはあまり使わないんです。
ひのきとか畳とか自然なのは好き。
いい香りに出会えたらと思ってお店で嗅いでみるんですが、ぴんとこなくて、臭っ!って・・・。
ほのかに香る、おおげさじゃない、小ぶりのものが希望。

そしたら、木片にアロマオイルをしみこませるアイテム見つけました。
これならほのかに香る程度だからいいなって。
でもまだ好きな香りが見つからないので保留。
そしてまた別の日に、無印良品で素焼きストーンという商品を発見

小さいしシンプルだしこれいいなって。
でもまだ好きな香りが見つからないので保留。買うならセールのときでいいやって。

あ、私は買い物するときいつもこんな感じです。しばらく悩みます。急いでないし。
ポイントカード持ってる駅ビルの店舗で買おうって思ってやめたり。

ここで一旦アロマブロック購入の件は置いといて。


職場で、深海生物グミをいただきました。

一緒に入ってたカードはダイオウグソクムシでした。当たりです(私の中で)。

これが、型に入ったグミだったんです。

型は3種類あります。(もう1種類は食べてる途中です。)
3種類ともほしくなって、後日探して自分で買いました。パッケージの外から形を探りつつ 笑
これは何か作るしかないってことで、石膏流し込んでみました。


縁と裏にやすりをかけてきれいにしました。
透明なグミと違って、形がよくわかります。かわいい
とりあえずだったので特に何かを作る予定はなくて。
石膏なので普段使いには向かないし。


で、同時期にアロマストーンについて検索してたら手作りしてる人を発見。
その方は石粉粘土を好きな形に成形してました。アロマオイルがしみこむ素材ならいいっぽい。
しみこむ素材ね→石膏とかもいいのかな→はっ!Σ(゚∀゚*)石膏ならこの前なんか作った!
ってことです。

あとで調べたら、アロマストーンって石膏製か素焼きのものが主らしいです。知らなかった。

アロマオイルは持ってないので、職場でちょこっと実験。
オレンジのオイルを数滴たらしてみました。じわっとしみこんでなんとなく香ってきました。
強く香るのは最初だけで、あとは顔を近づけないとわからないくらい。
ま、どのオイルでためそうか選んで、オレンジの香り具合をチェックしてる数分で
頭痛してきたんですけどね。

素焼きストーン買わなくて済んだし、何より私の好きな深海生物型ってのがテンションあがる!
香り変えたくなったら、新たに作ればいいだけだし。あとは好きな香りを探すだけ
柑橘系は嫌じゃないけど、香りを使うことに慣れてなくて、どんな香りもトイレって思ってしまう。
もしくは灰皿?ガソリンスタンド??(←へんな記憶)
お店でいろいろ試すとまた頭痛するしなぁ。向かないのかぁ。

ということで、深海生物グミのトレーは使える!って話でした。大きさもちょうどいい(と思います)。
他のトレータイプのグミや、アイストレー、チョコレート型もいけますね。


早速100均で一番小さいお皿買ってきました。6cmくらいです。形によるけど、2つがちょうどかな。
ちなみにまだオイルは買ってません。
ヤプログ!PR
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:りき
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1月13日
読者になる