蒔田とやよい

December 21 [Wed], 2016, 19:48
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。
健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。
それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。
また、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。
治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shizuku
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる