を持ち上げると、下箱が

March 11 [Wed], 2015, 12:02

 【商品名】:★新作★シャネル【CHANEL】iPhone6ケース携帯ケース激安送料無料


【対応機種】:iphone6

●高級感のあるブロックチェックデザイン

●開閉部分は磁石式になっています

●人気の手帳型ケース、合皮素材

●環境に優しいエコパッケージで配送します

●無条件返品保証付き

●ケースを装着したまま充電や操作可能 ※写真の色調はご使用のモニターの機種や設定により実際の商品と異なる場合があります。

 シャネルiphone6カバー


 アップルは、公式サイトをはじめ、街や新聞広告でiPhone 6で撮影したという美しい写真の数々を掲載している。

シャネルiphone6ケース
 アップル公式サイトの「ワールドギャラリー」では世界中のiPhoneユーザーたちが撮影した写真を紹介。撮影者、撮影した国、使用したアプリなどの情報とともに、「本当にiPhone 6でこんな写真が撮れるの?」と信じがたい方々のために、撮影のコツも記載している。

 これらの写真は、iPhone 6の広告として世界中で掲載されており、日本でも東京を中心に駅や街の看板や新聞など、いずれも大きなスケールで登場している。この広告には世界中でも反響があり、Twitterでも街中の広告を撮影しツイートするユーザーも多く、それらのスケールの大きさからも、「スマートフォンで撮影された写真が、ここまで大きく引き伸ばされたことが今だかつてあっただろうか」「うぉ!ここまで綺麗な写真が撮れるんだなぁ」などと驚きの声があがっている。KODAWARIは、DAQのジュラルミン製の高級ケース/バンパーブランド「SQUAIR」と、エラストマー製ケースブランド「AndMesh」の両ブランドの取り扱いを、秋葉原のiPhoneアクセサリ専門プレミアムショップ「SHOWCASE(ショーケース)」にて開始した。

エルメスiphone6ケース
今回、SHOWCASEで販売が始まったのは、SQUAIRブランドの「The Edge」「The Dimple」「The Slit」各モデルの全色と、AndMeshブランドの「Mesh Case」の全色。iPhone 6用とiPhone 6 Plus用の全モデルを取り揃える。

SQUAIRは、究極のMade in Japan製品を目指し、ジュラルミン製のバンパーやケースを展開するiPhoneケースブランド。軽く硬いジュラルミンを高い精度で削り出すことで、iPhoneと一体化するようなフィット感と、金属ならではの高級感を醸し出している。

AndMeshは、背面のAppleマークに向かって大きくなるメッシュデザインを特徴とするiPhoneケース。素材には日本製エラストマーを採択し、強度と柔らかさを両立させている。

「The Edge」の価格はiPhone 6用が25,000円、iPhone 6 Plus用が30,000円。「The Dimple」の価格はiPhone 6用が50,000円、iPhone 6 Plus用が60,000円。「The Slit」はiPhone 6用のみで、価格は150,000円。「Mesh Case」の価格はiPhone 6用が2,500円、iPhone 6 Plus用が3,000円となっている(いずれも税抜き価格)。

SHOWCASEはKODAWARIが運営するiPhoneケースのセレクトショップ。2014年4月から、取り扱う全商品に対して、ユーザーの過失による落下やケース割れなどにおいても、永久に、かつ無償で交換ができる「無償永久保証サービス」を提供している。 日本時間で今晩の深夜(3月10日午前2時)、ついに「Apple Watch」の詳細情報が公開となる。すでにネットでは2015年9月9日に行われたApple Special Eventの前から、不確かなウワサや推測を元に書かれた信ぴょう性の不確かな情報が、量だけはたくさん出回っており、どこまでが本当で、どこからはただのウワサなのかの区別がつきにくくなっている。

シャネルアイフォン5 ケース

 この記事では今一度、何が発表されたかだけをおさらいするので、これまでネットで得た情報は忘れてリセットした頭で今晩の予習をしてもらえればと思う。

 本稿は2015年9月9日に発表された内容、その後、筆者がプライベートな製品お披露目で得た情報、そしてアップル公式ホームページで公開された内容を元に構成している。

●そもそも「Apple Watch」って何? 何ができるの?

 そもそもApple Watchとは何か?そして何ができるのか。最近、腕にはめる情報機器は運動用のものから情報表示用などさまざまな種類が出ているので混乱気味の人も多いかもしれない。Apple Watchの主な役割は次の3つだ。

人気ブランド携帯カバー

 アップルは、Apple Watchを、まずは第1に現在の最新のテクノロジー(デジタルテクノロジーだけでなく、ものづくりのテクノロジーも含む)で作った極めて正確でエレガントな時計として仕上げることに全力を尽くしている。

 時計には時刻以外の情報を表示できるものもあり、これを時計の世界では「コンプリケーション」(複雑時計)と呼んでいるが、Apple WatchはiPhone経由でインターネットへも接続可能な“21世紀の時計”として、これまでの時計にはないような多彩なコンプリケーションを用意しており、さらに他社製のソフトも「グランス」と呼ばれる情報表示画面として組み込むことができる。

 ただ、どんな操作をしているときでも、デジタルクラウンと呼ばれる竜頭(リュウズ)のボタンを押すと「時計」の画面に戻ることからも、アップルはApple Watchの中心的な役割は時計だと位置付けていることが分かる。

 ちなみにApple Watchには後述するが合計で34種類のモデルがあるが、時計としての盤面(フェイス)の表示のバリエーションは数百万通りある。基本となるフェイスが9通り以上あるのに加え、これが秒針の有無や目盛りの区切り方などで細かくカスタマイズが可能で、さらにアラームや月の満ち欠けなど10種類以上のコンプリケーション情報の追加も可能になっている。

 情報は盤面を通してだけでなく、例えばインターネットのカレンダーなどと連動して、次の予定などを振動などを通しても通知される。

 2つ目のコミュニケーションの道具としての機能では、メール、メッセージ(SMSやiOS機器間での無料メッセージサービスのiメッセージ)そして電話の通話ができる。いずれもネットや電話網への接続はApple WatchとペアリングしたiPhoneを経由して行う。
エルメスiphone6ケース
 Apple Watchのコンセプトの1つは、人々が1日中どこへいてもスマートフォンの画面ばかり覗き込んでいる状態の解消、「スマホ歩き」などの軽減だ。Apple Watchを使えば、iPhone本体はカバンの中にいれっぱなしでも腕に巻いたApple Watchでメールやメッセージの確認や電話の受け答えができる。

 メッセージ交換に真剣になってしまうとどうしても画面に食い入るようになってしまうので、Apple Watchはより気軽なコミュニケーションを推進しようと定型文や絵文字を簡単に選んで返信する機能を搭載した。それに加えてApple Watchに音声認識をさせて文字入力することもできれば、iメッセージであれば声のままメッセージを送ることもできる。さらに簡単な操作で自分の現在地を送信する機能もある。

 メールは受信すると差出人が画面に現れるのでそれをApple Watchに表示。既読や未読状態の切り替えやフラグと呼ばれる印をつけることもできれば返信、ゴミ箱に捨てることもできる。メールを書いていて長くなりそうなら、カバンにしまっていたiPhoneを開くと、Apple Watchで途中まで書いていた新規メールが表示されるのでそちらで続きを打ち込めばいい。同様に、電話もApple Watchのマイクとスピーカーで通話をしていて、話が長くなりそうならiPhoneに切り替えて話を続けることができる。

 3つ目の健康/フィットネス機能では、自分の健康状態を維持するためのアクティビティというアプリケーションを搭載するほか、エクササイズなどの進ちょくや結果を管理するワークアウトアプリケーション、そしてさまざまな運動を感知する加速度センサー、心拍センサー、位置特定が可能なWi-FiとGPSの3つのセンサー技術を搭載している。

 「アクティビティ」アプリケーションでは外側から赤、緑、青の3つの円グラフ(リング)で画面が構成されている。一番外側の赤いリングは「ムーブ」、最近の活動履歴から1日あたりの消費カロリー量を推定。自分が立てた1日あたりの目標値にどれだけ到達しているかによってリングが完成していく。真ん中の緑のリングは「エクササイズ」、早歩き程度以上の体の動きを分単位で計測し、30分以上行うと完成する。一番内側の青のリングは「スタンド」。ストレスや腰痛の元になる座りっぱなしを解消すべく1時間に1分は立つことを奨励し、1時間を超えても座りっぱなしだと振動などでそれを伝える。1時間に1回、1分以上立っていると、青いリングが1目盛りずつ進み、12時間でリングが完成する。

 「ワークアウト」アプリではランニングやウォーキング、サイクリングなど異なるエクササイズに対して、前回のワークアウト記録や自己ベストから消費したいカロリーなどの目標を設定し進捗をモニターしたり、達成した距離やワークアウトしている時間などを表示する。

 ちなみに自己ベストなどを達成するとApple Watchが自分の手首を叩いて(振動して)お祝いをしてくれる。また、日々のフィットネス量の変化などはiPhone用のコンパニオンアプリ「フィットネス」で確認できる。

●各種情報表示やサードパーティーアプリが表示される「グランス」と「コンプリケーション」

 iPhone本体はできるだけカバンの中に入れっぱなしにしよう、という新しいライフスタイルを目指すApple Watchには、これまでiPhoneの画面を覗き込んでしまうその他の要因を取り去る「グランス」という機能も用意されている。

 これは各種の情報表示や通知を行う機能で、他社が開発するApple Watch用アプリも、この「グランス」の1つとして表示される。

 グランスは指を画面の下端から上に向かってスワイプすると現れる。画面の左端または右端からスワイプすることで他の「グランス」に切り替えることもできる。
iPhone6 シャネル
 アップルの標準アプリでも、カレンダー、マップ、パスブック(飛行機の搭乗券など)、ミュージック(iPhoneの音楽再生機能のリモコン操作)、Apple TVとiTunes(Apple TVやPCのiTunesをリモコン操作できる)、リモートカメラ(iPhoneのカメラのリモコン撮影機能)、ストップウォッチ、タイマー、アラーム、世界時計、株価、天気、写真(アルバム)、Siri(iPhoneのSiriを腕から操作)、設定(機内モードやおやすみモードの設定など)といったものが用意されている。

 これに加えて、今後、他社がApple Watch用につくったアプリもこの「グランス」という形で組み込まれる。

●Apple Watchの3つの操作系

 操作が直感的で非常に簡単なのが1984年発表の初代Mac以来続くアップル製品の伝統だ。Apple Watchもこの伝統は守れている。Apple Watchに内蔵されている操作系は全部で3つだ。

 1つ目はタッチパネル液晶。ディスプレイの表示は、まだ正確な解像度は不明だが、人間の目の認識能力を超えると言われる高解像度なRetinaディスプレイになっている。

 一方、タッチセンサー部は画面のサイズ的に指2本を置くのが限度そうだが、マルチタッチに対応している。そしてiPhoneやiPadにもなかった新しい特徴は、感圧タッチセンサーになっていること。つまり、軽いタップと深く押す操作の違いを認識してくれるセンサーを搭載している。

 操作系の2つ目は、デジタルクラウンと呼ばれる時計の竜頭(リュウズ)。タッチ操作のように画面を指で隠すことなく押し込む、回すの2つの操作ができる。基本的に押し込む操作は時計画面やホーム画面の表示のために使われる。

 一方、回す操作は画面の拡大/縮小や、例えば今日の日付や現在時刻の時刻などの選択式情報を素早く正確に選択するために使われる。

 操作系の3つ目は、デジタルクラウンのすぐ下にある細長い「フレンド」ボタン。これを押すと住所録に登録した連絡先の一覧が顔アイコンで表示される。左下の電話のアイコンをタップすればiPhone経由で電話をかけることができる。また右下のメッセージボタンを押せばメッセージで返信ができる。

 相手の顔アイコンをタップして、画面に指で描いた絵を送ったり(スケッチ機能)、画面をタップしてその振動を相手のApple Watchに伝えたり、画面の上に2本の指を置いてしばらく待つとApple Watchの心拍センサーで自分の心臓の鼓動を計測しそれを相手のApple Watchに伝える。

 ここまでテキストで紹介してしまうと、機能やモード、操作系もたくさんありすぎて頭の中で覚え切れなくなるかもしれないが、実際に動いているところを見ると、瞬時に理解でき、「マニュアル不要」という実感がわくはずだ。

 基本操作やコミュニケーションの機能については、筆者が作成した以下の動画で確認できる。

 また、健康/フィットネス機能についてはアップル公式サイトの動画で確認できる。

●製品ラインアップは3コレクション34モデル

 Apple Watchには、ケース(本体)部分の素材がステンレススチールの標準コレクション「Apple Watch」コレクション(以下、標準コレクション)、軽量アルミの「Apple Watch Sport」コレクション(以下、Sport)、そして標準的な金の2倍の硬度を持つ18カラットゴールドの「Apple Watch Edition」コレクション(以下、Edition)で構成されている。

 「標準コレクション」は、ディスプレイ部分がサファイアクリスタルでカバーされており、鏡面仕上げのステンレススチールと黒光りをするスペースブラックのステンレススチールの2種類のケースがある。また、これはほかのコレクションも同じだが38ミリのやや小ぶりなモデルと42ミリのモデルの2つのサイズがある。

 これらはあらかじめアップルのほうで、18種類の最適な組み合わせが選ばれている。内容は以下。

?スポーツバンド4モデル(白と黒2色×2サイズ/素材はゴムより上質な質感で頑丈なエラストマー)
?クラシックバックル2モデル(2サイズ/素材はランダECCO社のなめしがかかった革)
?ミラネーゼループ2モデル(2サイズ/メタルメッシュでマグネットで吸着)
?モダンバックル3モデル(38ミリのみ、3色/フランスでなめしたグラナダレザーとマグネット吸着のバックル)
?レザーループ3モデル(42ミリのみ、3色/イタリアナポリでなめしたベネチアレザー、マグネットで吸着)
?リンクブレスレット4モデル(2色、2サイズ/本体ケースと同じ316Lステンレススチールアロイのパーツ100点以上を1つあたり9時間かけて組み上げて生産)

 「Sportコレクション」のケースは、シルバー色またはスペースグレイ色の酸化被膜処理された軽量アルミで、ディスプレイは強化したIon?X?ガラスで保護。コレクションにマッチした5色のエラストマーバンドが用意されている。2つの本体サイズとの組み合わせで合計10モデルが用意されている。

 一方、フラグシップのコレクションとなる「Editionコレクション」は、18カラットゴールドのケースで、ディスプレイは研磨加工を施したサファイアクリスタルがカバー、そして精巧につくられたバンドとの組み合わせで合計6モデルが用意される。

?38ミリの18Kイエローゴールドケースに特別色のブライトレッドのモダンバックルを組み合わせたモデル
?18Kローズゴールドケースとホワイトのスポーツバンドを組み合わせたモデル(38ミリと42ミリの2モデル)
?38ミリ18Kローズゴールドケースとローズグレイモダンバックルを組み合わせたモデル
?42ミリ18Kイエローゴールドケースにブラックのスポーツバンドを組み合わせたモデル
?42ミリ18Kイエローゴールドケースとミッドナイトクラシックバックルを組み合わせたモデル

の合計6モデルで、「Editionコレクション」のみ、デジタルクラウン(竜頭)の先端も部分もバンドの色にあわせて彩色されている。

 3コレクションすべてのモデルを合計すると34モデル。これだけのバリエーションのある製品をいかにして発売するのかや、それぞれのモデルの価格がいくらになるかは正式な発表を待たなければならなさそうだ。

 ここからは予想になるが「Editionモデル」は、素材の金だけの値段を考えてもそれなりに高額になることが予想される。フィッティングなども含めて直営店など一部店舗のみの取り扱いになる可能性が高いだろう。

 また、同じコレクション内でも、エラストマー素材のスポーツバンドのモデルと100点以上のパーツからなるリンクブレスレットモデルなどが同じ価格になるとは考えにくいためSportコレクション以外は、使っているバンドの違いで価格が変わることになるだろう。
iPhone6ケース シャネル風
●パッケージまでも体験の一部

 これまでApple Watchに関して日本語であまり語られていなかった部分が製品のパッケージだ。製品について個別説明を受け、パッケージの美しさに驚いたが、書いていいものかわからず自主規制をしてしまっていた。

 しかし、同じタイミングで個別説明を受けていたデビッド?ポーグ氏がすでに記事にしていたうえに、最近ではアップルデザイン部門の上級副社長、ジョナサン?アイブ氏も英メディアのインタビューに答えて話をしていたので写真は撮っていないが、言葉で説明しようと思う。

 Apple Watchの製品パッケージは2種類ある。「Sportコレクション」と「標準コレクション」のパッケージはiPhone 6/6 Plusのそれを思わせる真っ白なパッケージだ。アップルにとって2010年のiPad以来、ティム?クックCEOにとっては初めてとなる新機軸製品となるApple Watchだが、まるでこの製品から白紙スタートを切ると宣言しているようだ。

 iPhoneの製品パッケージ以上に上質な紙を使っているようで手触りがよく、上蓋を持ち上げると、下箱がズルズルとずれ落ちていって、ストンと落ちる。英Financial Times紙のブログで、アイブはこの箱の開くときの感触にいたるまで紙の素材選びや摩擦のかかり方の工夫などで試行錯誤したことを明かしている。
iphone6ケース
 最上位モデルの「Editionコレクション」の箱はさらにすごい。手前側からパカっと開く、中から宝石で飾られたブレスレットでも出てきそうなジュエリー?ボックスに収まっているのだ。外側はアニリン染の革で、内側は時計を傷つけないように厳選された上質なスエード。中央にApple Watchのリストバンドをひっかける盛り上がりがあり、その中央はApple Watch本体を吸着し非接触充電できるマグネットが備え付けられている。実はこの箱自体がベッドサイドに置いてApple Watchを充電するための製品の一部としてデザインされている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uytuty
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uytuty/index1_0.rdf