贅沢品消費だんだん停止?

March 12 [Tue], 2013, 17:34
高級品市場の消費の増加剖析内地下落の原因は、中国経済の減速、国内外のスプレッドが大きく、消費者の理念の変化などの観点のほかに、また一つの視点が注目されて、それは政府の腐敗、倹約して仕事のやり方は贅沢品業界の影響2012年までに、世界は100以上の国際的なトップブランド加速中国レイアウト、大の贅沢品のグループの中国の上海、北京、香港などの店舗数を超えた、ニューヨーク、とパリ横ばい。北京と上海は、さらにLV、Bottega Veneta、Cartierなど多くの有名なブランドの旗艦店や専門店が次々とオープン。

世界有数の経営コンサルティング会社のベイン会社が分析したデータによると、中国人は世界の範囲の内で最大のぜいたく品消費層で、彼らは世界のぜいたく品購入した約25%。高成長は、贅沢品の年まで12回の値上げも基本的になった「慣例」。今年の贅沢品の値上げは以前より早く来た。シャネルによると、ブルガリ、クリスチャン?ディオールなどの一線11国際ブランドの値上げをする場合によると、約8割引き上げ価格ブランドのうち、ハイエンド化粧品はまだ「膨張」のリーダーが潮で軍最大上昇30%ぐらいに達する。

これに先立ち、SK-II含むエキス、さわやかな肌の水、マスクなどを含む多化粧品が真っ先に完成の値上げ、利得5%-8%。SK-II担当者の確認は、その確かに1初めは一部の商品を値上げが、値上げ幅は大きく、値上げもその経典製品。販売員によると、SK-IIブランド以外の部分新品のほか、80%の制品も値上げでは、5%-30%利得。シャネルもすでに全世界の範囲まで値上がりし、7%-30%は、対象はスキンケア用品、メイク、香水、ディオールは全世界の値上げは、平均引き上げ20%ぐらい。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/uyikgn/index1_0.rdf