少数決ゲーム

June 15 [Fri], 2012, 17:56
これはある晴れた朝の日の話です。
この時、まさか私がLIARGAMEの参加を余儀なくされるとは思っていませんでした。
週に一度生協さんがトラックでやって来て頼んだ食品をご近所さん達で分け分けをするんだがこの時生協のお兄さんはあるゲームをする紙をみんなに手渡した。
そこに書いてあったゲーム名はひらがな少数決ゲームルールは簡単好きなひらがな1つ書いて投票集計の結果、一番投票数が少ないひらがなを書いた人達に商品をプレゼントそして紙には〔あ〕〔ん〕までのひらがなと選んだひらがなを書く大きなマスがある。
これはまさにLIARGAMEの少数決ゲームじゃないかもはや頭の中では生協のお兄さんは仮面を被ったディーラーになりご近所のオバサン達はプレイヤーになったとにかくこのゲームには勝ちたいいや待てよこのゲーム必勝法があるポイントとなる唐ヘ3つ参加者は生協を受けてる人なのでオバサンが多い数字やアルファベットではなくひらがな誰もが運だと思い真剣に参加していないこのゲームに勝つために重要なのは他人と違う選び方をする事じゃあこのゲームを運だと思っているオバサン達女子校生 画像はひらがな46字を見てどれを選ぶか観察して分かったのがほぼ全員が、自分の名字や名前の頭文字そして自分は名字や名前の頭文字になるひらがなは全部外し影が薄いが薄すぎたら選ばれるので影が薄いが少しだけ自己主張をしているひらがなを考えたら1つしかなかった最終的に自分が選んだひらがなはれそして先日投票の結果が出たもっとも票が少なかったひらがなはら世の中には必勝法がないと改めて実感したゲームでした
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uydu3rjtf7
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uydu3rjtf7/index1_0.rdf