宇田川と角松敏生

March 07 [Mon], 2016, 16:36
修学旅行やツアーなどに共に行き、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日に休むことができたり、夜勤がないという職場を求めています。病院ではないところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。看護士を目指す理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の場合の志望動機はこれまでに培った経験を有効活用したいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。前の職場の批判や陰口は口にしないことが大事です。産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことを指します。看護師といわれると病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所で働く人もいます。仕事の中身、役割といったことは働く会社によって異なりますが、社員達の健康を維持し、管理することはどの企業でも行う仕事と思ってください。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても変わってきます。体制は一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いです。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、かなり3交代制の病院が多いですね。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考えて迅速に行動を起こす必要があります。また、どんな点を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。高校進学時点で衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは簡単ではありません。また、最低5年で試験を受けられますが、試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。昨今は高齢化社会が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは拡大してきているのです。加えて、大会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアをとり行っています。こういった場合には、その企業の社員として入社するといったこともあるようです。看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1回あります。看護師不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを持ち続けています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であればパスできる試験です。看護師の働き先といえば、病院と考えるのが一般の考えでしょう。ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の職務です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為は看護師が行うことが多いです。看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針で定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になる人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部と思われます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Airi
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uybaraadsto49s/index1_0.rdf