KちゃんNEWSレポ☆9月19日。

September 28 [Wed], 2011, 3:54
月日Kちゃんレポかきまーすいぇいコピー禁止見たらコメント慶「敬老の日ということで、だから来てくれたんですね、いもお疲れ様です加藤成亮くんです。」成「誰がおじいちゃんだ。」慶「ははは」成「まあ趣味はおじいちゃんみたいだけど。浮世絵と梅干しですからね。」慶「それ今聞こうと思った、最近の趣味は」成「浮世絵と、梅干し漬けました。こないだ長島さん食ったもんね。」慶「うちのレコード会社の方が食べたと、おいしさ体でアピールして」成「おお、相当おいしい」慶「おおおいしいね」成「釣りザンマイですよ、ドラマ終わったんですよ。」慶「日焼けしてるよね。」成「2日連チャンで釣り行きました。」慶「どこに行ったんですか今回は」成「東京湾。あと相模湾にマグロ。」慶「おおマグロ。」成「釣れなかったねー。」慶「まぐろ。」成「まぐろ」慶「まぐろ」成「辛い」慶「辛いのはカレー食ったからだろ一緒にすんじゃねえぞ」成「釣れなかった。でもいるの、マグロが、10年に一度と言われるくらいマグロ来てて、バンバン来るの。」慶「網でいっちゃえば網で。」成「それだったらいけるけど、なんで釣れないのかみんな不思議だわーって言ってる。」慶「マグロの場合はエサを何を」成「ルアーですよ、」慶「ルアーフィッシャーていうのと使わないのがいるの」成「エサの人は。イカ釣るじゃん、カツオを泳がすくらいの。じゃなくて自分の手で巻きながらやるんですよ。」慶「カジキをいも釣る大物芸能人のお名前なんでしたっけああ、松方さん。」成「松方さんはエサじゃないかな」慶「ああゆうのもやりたいの」成「同じだよ極端に言えば。4時間釣るんだもん。」慶「へーー。」成「おい興味を示せ」慶「釣りの話はもういいや。多分リスナーの方女性多いから、」成「じゃあ聞くなよ」慶「最後に聞かせて、東京湾なに釣れるの」成「スズキとかサバとか。」慶「ふーん。」成「今はね。」慶「聞くの忘れちゃった、大野くんと」成「行けなかった、大野くん怪物ランドのスペシャルやってんのよ。」慶「そっか。」成「怪物ランドから帰ってきてくんないんだよねー大野パイセン。」慶「坊主だったんですね。」成「そうなんですよー。」慶「ドラマ終わってゆっくりされてるということで、」慶「ガールズトークチャンネーでございます。」成「チャンネーですか。」慶「友達と会った時に、パジャマと部屋着は別という話をしました。私は別です。部屋着が好きなので、部屋着でよく寝てます。二人はいかがですか」慶「分けてます」成「分けてないでしょ。」慶「俺分けてる感覚分からない。」成「何、お風呂前ってこと」慶「それは分かるよ俺でも。」成「そこまで几帳面じゃないわ。帰ってきて部屋着で寝るわ。」慶「加藤さんどんなパジャマ」成「グレーのスエットにダボダボなシャツ。」慶「前伺った時もそんな、」成「そうですよねー、あーあ俺はあの事件を悪夢と呼んでるんですけど。です。って呼んでます。」慶「悪夢の中のリビングのシャンデリアの落書きはまだ」成「てごという落書きが煌々と光ってますよ。手越気遣って空白のスペースに書いたからそこ切ろうかすごい迷ってるんだよね。」慶「ストックないんだよね。」成「白い紙に書いてくれればいいのに、デザインあるやに書いちゃったから、お前らバカだから。」慶「はははいやだからね、パジャマは、」成「なんで急にパジャマに戻したの。」慶「けどしげあのときパジャマ着て寝てたっけ」成「みんなが覚えてない、寝てた。」慶「寝てたわ。」成「下は着てた。」慶「貸してくれればよかったのに。」成「貸したところでお前ら落書きしたり破ったりするんだろよ。覚えてる俺写メ見返したわけよあの日何があったかなって。」慶「写メ撮ってた」成「一枚だけあった。消しゴムのブランドのあるじゃん。あれまっすーがニヤニヤして見けて、覚えてるはさみで真ん中切って、を入れ替えてにしたっていう事件。」慶「それ小学生じゃん」成「ほんとにしょうもなさすぎる。見て見てって。俺のをにして帰ったんだよあいは。」慶「増田さんも一いたずらされてたんだ。」成「いやいやいっぱいしてたよ。てかお前ら玄関にパンってなんだよ。曲書けるわ、玄関にパンで。」慶「切ないの書けるね」成「切なソング書けるわ。」慶「まあ喜んでいただけて、」成「ふざけんなよお前、悪夢だっってんだ。二度とこないでほしい。一泊してるからね、夕方5時ですよ。マグロ漁船よりいたよ。」慶「でも手越が帰りたくないって言ったからさー。まあお邪魔しましたからね、悪気の何もない、」成「大丈夫ですもう用事ないんで、出禁なんで。」慶「出禁かあ加藤さんと話すと一枚になっちゃうね。」成「ごめん、でもパジャマの話は知らんがなってなるよね。」慶「元も子もなくなるよ、コーナーが知らんがなってことで。」慶「慶一郎の部屋ドラマの話を。クランクアップはい」成「一週間前の日曜。」慶「てことは、」成「11日。」慶「9月11日。どんなシーンで終わったか分からないですけど、挨拶とかするわけじゃない、涙なんかされたんですか」成「しなかったです。でもすごい仲良かったのみんな。」慶「思うわー。」成「昨日も飲んでたし一緒に、仲良いんですよ。」慶「なんで仲良いか知ってるかっていうと、僕としげで嵐のコンサート見に行ったんですけど、観月さん貫地谷さん吉瀬さんいらっしゃって、この3人に見られるしげの感じが、ぬめっとって呼ばれてんだね」成「ぬめ。」慶「ぬめーって呼ばれてんだ。俺、ぬめぬめ言ってたなって思ったわけ。」成「貫地谷さんが俺のことぬめって呼ぶから。」慶「席が大御所の方たくさんいらっしゃって、2列目三姉妹、俺としげ4列目。3人ともちょくちょくいいリアクションとられるじゃないですか。その時ぬめに対して、ぬめもでちゃいなよっみたいな絡みの感じ、客観的に見ていいなーって」成「あはは一緒にいすぎてあれだけど、美女達に絡まれてるわけだからね。」慶「麻痺ってんだよ、俺なんかさ吉瀬さん始めみんな見たことないわけじゃない。お会いしてみな、うわって思うよね。超きれいって。そこにお前はなんかね、大した答えもしないであんな言ってくれてんのに。」成「ははタクシーを呼んであげなきゃねその話も毎回面白かったっすねー、って。」慶「あっちが言ったら10返さなきゃ。」成「お前その精神で失敗してんじゃん、25くらいで返してんじゃん」慶「ははでもそれで現場の空気感がすごい分かった。」成「ほんと寂しいですよ。」慶「プレイボーイ役ということで、新境地にいったわけじゃない。」成「のファンは俺がプレイボーイっていうイメージないからね。」慶「これを機にプレイボーイ路線もね。」成「いやーいや幅広くね。プレイボーイも引きこもりもできる人でありたい。」慶「よく言うさ、濡れ場、ああいうものきた場合ですよ、加藤さんできる」成「小山キスシーンあんの」慶「俺ハイスクールミュージカルで、玉置さんとキスをして終わるっていうのが。」成「緊張しなくない役だからできると思うんだよ。濡れ場って言い方もあれだけどよラブシーンみたいな、キスシーン今回あったし別に緊張しないし。気使うけどね。長いとね。」慶「そうだよね。プレイボーイ役も終わって、」成「今まーひーなんでね。海外旅行でも行ってやろうかなって。」慶「どこ行きたい」成「島攻めしたいんだよ。小笠原行きたいんだけど、奄美大島とか屋久島とか。」慶「それこっちで」成「こっちってジェスチャー入れたら分かんない釣りな。しかも釣りのジェスチャー分かりにくいそれ。」慶「勝手に行ってこいよ」成「あははもちろん他にも、」慶「とりあえず一区切りということで。そんな中でテゴマスのアルバムがリリース。」成「テゴマスのよほうですか」慶「まほうですねこれ」成「いないのにやるさほうしほう」慶「出るねーもうちょっと頑張ろ。」成「テゴマスのむこう」慶「それピリオドの向こうみたいでかっこいいねそのうち二人揃って来てくれるのではって書いてあるんだけど、」成「くるでしょ。」慶「くるんだよね。」成「まだ言えないけどね」慶「俺テゴマス回すのーどうしよ。テゴマスでいる感じの手越と増田のいかたってちょっと違うんじゃない」成「なるほどね。」慶「まあちょっとやってみるよ。めちゃくちゃまっすーいじめたろうかなー困るからなー。」慶「最後にしげからしげのメールアドレスお願いします。」成「言わねえよ」慶「前ちょっと言われたことある。」成「変えたし」慶「危ないんだよ。」歴女
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uwyjitrt2w
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uwyjitrt2w/index1_0.rdf