白水と佐原

June 20 [Tue], 2017, 1:42
下が90以上の高血圧が長い間続くと、身体中の血管に大きな負荷がかかった結果、頭から足まで色々な場所の血管にトラブルが発生して、合併症を発症してしまう割合が大きくなります。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に在るインスリンを分泌しているβ細胞が損傷を受けてしまったために、その膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなってしまい発症してしまう自己免疫性の糖尿病なのです。
道路事故や山での転落事故など、かなり強い負荷が身体にかかった場合は、複数のポイントに骨折が生じたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、ひいては内臓が負傷することも考えられます。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果から、ワクチンの効果を見込めるのは、ワクチンを注射した日の2週後位からおよそ150日ほどと言われているようです。
めまいが診られず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の症状を数回繰り返すタイプの事を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病(Cochlear Meniere's Disease)」というようなケースもあるのです。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、不規則な生活、肉体的なストレス、加齢など多様な素因が融合すると、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が落ちたりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。
緊張型頭痛とは仕事や勉強などでの肩凝り、首凝りから生じる肩こり頭痛で、「まるで締め付けられるような激しい痛み」「重いような酷い痛さ」と言い表されます。
下腹の疼痛が主訴となる代表的な病には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気など、様々な部位の病気が聞かれるようです。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓が持つ解毒酵素自体の製造活動を助けているのではないかという新たな事実関係が判明してきました。
肥満(obesity)は前提として食事の栄養バランスや運動不足が要因ですが、量は変わらないごはんであっても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続けたならば体重過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。
食中毒の原因にもなるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒素が極めて強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒素の薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つになります。
スギの花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、幼い子どもが体温は異常ないのに頻繁にクシャミをしたりサラサラした鼻みずが止まる気配をみせないケースは、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあります。
外から眺めただけでは骨が折れているかどうか自信がない場合は、怪我をした所の骨を優しく突いてみてください。そのポイントに強烈な痛みが響けば骨折しているかもしれません。
脚気(beriberi)の症状は、手や足が痺れるような感覚があったり脚の著しい浮腫などが一般的で、病状が進行すると、最悪の事態では心不全をもたらす可能性があるのです。
必要な栄養を網羅した食生活や体を動かすことはもちろんですが、全身の健康や美を目的として、食事以外に複数のサプリメントを利用する事が珍しくなくなったようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠介
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uwetkrbetaagir/index1_0.rdf