モラル問題に矮小化するな >体の不自由な人のための「安全で安心な足」を目指す-”民間の救急車”の現状

July 31 [Tue], 2012, 22:13
基本的には賛成だ。
モラルの低い利用者もいるだろうがだが、タクシー替わり云々と言うのは言いがかりも良いトコだ当たり前の事だがエロアニメ ダウンロード、救急車は一方通行だ余程のバカじゃあるまいし、帰りのタクシーの事を考えない奴はいないよ2度ばかり、家族の付き添いで救急車に乗ったことがあるが、乗り心地はプカーの荷台と同じで、酔oが張り詰めてなければ、間違いなく酔ういくら払っても、タクシーの方が100倍良いよ問題は、悪質利用者じゃなく、救急車を使わざるを得ない医療制度だよ先日、愚妻デブーバーと救急車を利用したが、フリッパー市の夜間診療体制は聴診器と体温計程度の設備しかない酷い状態だ消防署と相談119じゃありませんして受け入れ可能な病院を自分で探したんだが、そこで更に、止むを得ず、消防署と綿密に相談して救急車の派遣を要請したんだが、同じく119じゃ無ぇ遠方の受け入れ病院に慣れない夜間の道を通れば、救急車の5倍程度の所要時間がかかったと思われる。
ある程度の診察心電図etcや状況把握をしてもらったので、病院との意思疎通も上手くいき、救急車を使って、正解だったタクシー代わりなんて、悪意ある無知な記者の戯言だ問題はお粗末な医療体制にあるんだ東電病院の地域病床算入問題って本当はどうなんだろう311前には東京都が地域開放に反対していたって本当だろうか東京電力の株主総会東電病院のウソ八百2012年6月27日猪瀬直樹Blog東電山崎雅男副社長が福島に医師を派遣しているから、稼働率が低いと、ウソの答弁をするので、僕は誤りを訂正するために再質問した。
福島に派遣しているのはいまは土日に1人だけではないか東電病院は東電社員しか診てもらえない。
破綻して公的資金投入される会社が、独自の社員だけの病院を持つことが間違っている。
不動産売却リストに入っていないが、東電病院はただちに売却せよ勝俣会長は、土日しか派遣していない事実を認めて、支援体制も落ち着いてくると思うので、検討課題とさせていただきたいと引き取った。
社会東電答弁うそ猪瀬副知事が抗議2012年6月28日東京新聞TOKYOWeb東電の山崎雅男副社長は一般開放を検討したが、新宿区には大きな病院がいくつかあり、都から難しいと言われた。
都の指示だと答弁。
企業戦略イキイキ勝俣会長と紛糾する株主、東京電力の株主総会は5時間30分のすれ違い、詳細レポート32012年6月27日東洋経済オンライン東電の山崎雅男副社長は、許可を得ている東京都に対して、診療の一般開放ができないかという相談もしてきたが、東電病院のある新宿区には大きな病院がたくさんあるため都から難しいと言われた。
さらに事故後、福島にも医師が出向するなどしており、特別事業計画の中では当面継続保有することになっていると反Bmediaid95体の不自由な人のための安全で安心な足を目指す民間の救急車の現状マイナビニュース07月28日0601チェックする2つぶやく1日記を書く日記を読む07月26日、民間救急サービスを手掛けるAZUMAによる民間救急車サービスについての説明と車両見学会が開催された。
現在、民間救急サービスは、多くの地方自治体で導入されている。
東京都では2004年10月より、全国に先駆けて制度を開始。
制度導入の背景には、ある大きな社会的問題があるという。
東京消防庁によると、2010年度の救急車の出場119番通報を受けて現場に向かう意味の消防業界用語件数は約70万1000件、ほぼ45秒に1回のペースである。
救急隊員の方に話を聞いたところ、24時間の勤務時間中、署内に居られたのが19分という日もあったそうです。
当然、まともに食事は摂とれず、仮眠も不可能ですねと、同社の代表取締役社長、荒井昭博氏。
こうした異常な状況を生み出す大きな要因のひとつが救急制度利用者のモラル低下である。
東京消防庁の調査では、2010年度の総患者搬送数およそ61万8000人において、入院などを必要としない軽症が55近くとなる約34万人だった。
モラルの低い利用者たちは、人命を脅かす存在にもなる。
都内に配備されている救急車には限りがあり、彼らのところに行っている間、その近隣の本当に救急車が必要な人は、遠方からの到着を待つ以外ないからだ。
さらに、彼らの行為は自治体の財政にも影響を及ぼす。
東京都が試算したところ、2002年の救急業務に要した支出は年間約285億5200万円で、救急車が1回出動するたびに約4万5000円もの費用がかかっているという。
以上のような問題解消の一手段として発足された民間救急だが、具体的な制度はどのようになっているのか。
同社の民間救急サービスセンター長、清水栄氏はこう語る。
正式には民間患者等搬送事業と呼ばれ、消防庁の指導基準にもとづいて提供される有料サービスです。
救命を主眼とした消防救急活動に対し、民間救急は緊急性の少ない方について、入退院や通院、転院ほかさまざまな移動手段を提供していますこうしてみると、まるで救急車と変わらないように見えるが、その業務内容は大きく異なる。
まず、民間救急サービスに使用される車両は緊急自動車ではないため、サイレンや赤色灯が装備できない。
そのため、道交法上は一般車両となり、優先走行ができないのだ。
また、原則、医療法や医師法に抵触する医療行為を行うことも不可看護師は定められた範囲で可能。
さらに1時間程度の搬送で1万円程度になることも珍しくない利用料金などもあり、世間一般への普及認知にはまだ時間がかかりそうだ。
こうした状況下ではあるが、消防庁認定の民間救急、患者搬送サービスとして30年の歴史を持つ同社は、常にサービスを進化させながら、あらたな展開を模索し続けている。
例えば、同社のきめ細やかなサービスのひとつとして荒井社長はBEDtoBEDを挙げる。
料金的に安い介護タクシーなどと異なり、患者を搬送するためのストレッチャーや担架を配備しているので、自力で立って歩けない方や、医療機器などを体に装着している状態でも安心してご利用いただけますまた、病院等への搬送だけでなく、治療やリハビリのための温泉地への搬送や、病気けが等で動けない状態での引っ越し、立って歩けない高齢者を含む家族旅行など、体に不安のある方のあらゆるシーンを考慮した、フレキシブルな対応も見逃せない。
当社のサービスはお客さまのニーズから生まれます。
現在3台の車両を保有していますが、利用者の方が落ち着いた気持ちで過ごせるよう、内装を木目調のデザインにしたり、大人数での移動が可能な、マイクロバスを大々的に改造した定員10名の大型搬送車など、いずれも随所に創意工夫を施した1台となっています利用は基本的に予約制となっており、3日前であればほぼ大丈夫ですとのこと。
また、事前予約の段階でどういったリスクのある患者かなどの情報から、必要なスタッフ、医療機器、応急処置用具、近隣の病院消防署の連絡先など最善の事前準備を行うという。
こうした対応のおかげで、これまで搬送途中に問題が起きたことはないとのこと。
同社の民間救急サービスは、急を要さない病人の搬送や病院間の転院はもちろん、こんな使い方ってありかなというリクエストにも親身に応えてくれるだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uvwyj2zpu8
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uvwyj2zpu8/index1_0.rdf