ブッチのドックフードの過去

October 13 [Thu], 2016, 14:08


基本のしつけについて

「子犬を飼う」ということは地域密着型の子供が増えるのと共通するぐらい極々なポイント。子犬を育てていくということは身体の赤ちゃん同様に手間も時刻もかかります。その他進歩した時の犬の性格や習慣には、飼われている家庭生活習慣や飼い方がふと現れる商品です。いずれ愛犬を世帯員として世の中に認めてもらうようにする為にには、思ったとおり子犬の時にしっかりしつけをする事がケースになります。
飼い主さんも、しつけ方を学ぼう

犬はもともと差益金額が高い復習能力や順応性をもっているので、飼い主さんのしつけ方によっては犬の活動も驚くほど変わってきます。要約すると、しつけは愛犬と飼い主さんとの共同作業であるため、しつけを教える飼い主さん本人もしつけ方を学ぶ場合があるのです。
信頼関係を築こう

しつけの基本は飼い主さんの指示に犬が丁寧に従うようになるケースです。それにしても、しつけのルールはあくまでも人間が決めた事。%key%の中には犬の本能に反する物品もあります。飼い主さんが望んでいない行動習慣でも、犬にとっては整然とした所以があって活動している事もいっぱいあるのです。
「犬がどんな少しで、どうしてそんな風にいう行動習慣をしているのか」を飼い主さんが覚悟する状態はとっても大切です。犬のこころもちを考えながらしつけの運動をすることで、%key%が愛犬とのコミュニケーションの道のりとなり、ずっと賢い頼りに関係を築く事例ができます。更にまた、普段から愛犬とのスキンシップの時刻設定をたんまりととるものも信用関係を深めるために大切なケースです。
確信関係を築く事例ができれば愛犬は自然に飼い主さんをリーダーとして認め、言うことを聞くようになるのです。
身内内でしつけのルールを決めよう

たとえば体にとって「おすわり」と「すわって」は同じ活動を示す文章ですが、こんな会話を知らない犬にとっては全て違う言葉であるという目的のため、バラバラの号令をかけると混乱してしまいます。ですから、しつけの号令は共通する会話に安定するように、母と子全員であらかじめ決めておきましょう。
同じように世帯員で「そうしたらほめる」「そうしたらダメ」などのルールも予定的に決めておきましょう。同じようなというものをしているのにほめられる時とそういう風にでない時があっては、犬はどうすれば良策のかわからなくなってしまいます。犬に「例外」は通用しません。ルールを決めたら、両親と子供全員で持続するようにしましょう。
あせらず、ゆっくりととほめて育てよう

犬の復習能力には個体差があります。他の犬と比べて焦って感情的になってしまうと、愛犬はそんな飼い主さんの気持ちを敏感に認識します。イライラしたり、投げやりな態度では愛犬も信用してはくれません。例え覚えが十分ではなくても、他の犬と比べてあたってはいけません。
体感によって勉強する犬は、あついケースは喜んで繰り返しますが、イヤなことはできる限り避けたいと考えます。怒られてばかりいると犬は反発したり怖がったりするだけです。 しつけで最近では大切なのは「ほめるケース」です。飼い主さんがほめ上手になって犬をやる気にさせれば、しつけを成功させる近道になります。
次にしつけの基本となる「おすわり」「ふせ」「まて」のランニング手段をみていきましょう。
「おすわり」の散歩

頭の上でオモチャや食べ物など、愛犬が好きな型を見せ、今にも遅めにと後ろへ動かします。すれば見上げるような姿勢になるためと考え、自然と床に腰を下ろします。
「おすわり」と言いながら誘導し、床にお尻がついたときはにたくさんほめてご褒美を与えます。
「ふせ」の身体運動

とにかく「おすわり」をさせ、犬の鼻先におやつなどをかざし、品を犬の前方の床までフリーのさせます。犬がつられて体を低くすれば、自然に「ふせ」の姿勢になります。胸を床につけたら、ほめてご褒美を与えます。
もし、その方策ではなっかなか伏せをしてくれない際はあまりない場所をくぐらせて必然的に伏せの姿勢をとらせる戦略もあります。たとえ飼い主さんが床に座り、犬が伏せの肉体で通れるくらいの高さに足を折り、おやつで誘導しながらこの足の下をくぐらせます。
申し込み、後、「ふせ」と言いながら全く同じ動作を繰り返し、できたらご褒美を与えます。
「まて」のスポーツ

犬と並んで立ち、おすわりをさせて犬の気持ちを飼い主さんに引きつけます。他には犬の正面に立って「まて」と言いながら手のひらを犬の顔の前に向けます。
このとき、犬が動こうとしたらここまでくると一度「まて」と言いながら手のひらを犬に向け、動きを止めます。じっとしていられたら、その後「よし」と声をかけて解放し、ほめてご褒美を与えます。これをさも7日間の時刻から始め、待たせる時刻設定を少しずつ延ばしていきます。
定番日常習慣に生かそう!

「おすわり」、「ふせ」、「まて」を覚えたら、これからしつけは完了というはずではありません。
大切なのは確実に覚えたここのの行動を、通常毎日の中でどのように生かしていくかということです。しつけそもそもの使用目的は、ぽつりぽつりと単に教えたことをできるようにするのではないし、犬が体質の人この国の中で嬉しいに暮らしていくようでのルールを教え、どのような際でも飼い主さんに従って最善行動ができる犬に育てる状況なのです。基本のしつけをお散歩や外出時などの毎日生活に上手に取り入れてみましょう。飼い主さんへの服従や自制心は加えて養われ、飼い主さんが主人=リーダーであることであったりを犬はいつも再覚悟し、こういった人といれば安堵、と思わせる場合ができるようになるはずです。
人と犬が仲良く暮らすためにどちらか一方が継続するのではないですから、了解しあってお互いが優しいので暮らせるようになる事情が、ペットとの理想の活動です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絢斗
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる