2022年ワールドカップ誘致に向けて日韓が激突!−韓国メディア / 2010年05月06日(木)
 日本サッカー協会(JFA)の犬飼基昭会長(67)は4日、日本が立候補している2018、22年のワールドカップ(W杯)招致活動のために訪れていた南米と欧州から帰国し、今後22年に絞り込む形で招致活動を行うことを明らかにした。

 この発表を受け、韓国のメディアは、日本がワールドカップ誘致において、韓国と日本は再び対決を繰り広げることになったと報じている。

 犬飼会長は先日、スイス・チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)本部を訪ね、ジョセフ・ブラッター会長と会談を行った。2018年のワールドカップでは、ヨーロッパの国家間で誘致合戦が広がると予想されるため、2022年の誘致に一本化した方が良いといの助言を受けたと伝えている。

 一方、韓国はかねてから、2018年ワールドカップがヨーロッパ側に傾きそうだという予測をしていた。そのため、早くから2022年の大会にだけ絞り込んで立候補し、誘致活動に突入している。2010年はアフリカ、2014年には南米・ブラジルの順でワールドカップが開かれるため、2018年はヨーロッパ開催が有力だとの見解を示している。

 また、2022年ワールドカップ誘致委員会のハン・スンス委員長は、韓国メディアのインタビューに「2022年に大会を誘致することができた場合、2〜3試合は北朝鮮で分散開催することも視野に入れている」との考えを明らかにしている。「2002年の開催時のように韓国と日本が共同開催する可能性は」という質問には「全くない」と断言したという。

 FIFAは7月に韓国を訪問し、実務調査を行った後、12月2日の執行委員会で2018年、2022年開催国を同時に決定する。(編集担当:李信恵・山口幸治)

【5月5日11時36分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000006-scn-spo
 
   
Posted at 03:39/ この記事のURL
チャン・ミラン、2009年最高の重量挙げ選手に / 2010年05月06日(木)
【ソウル4日聯合ニュース】女子重量挙げのチャン・ミランが、国際重量挙げ連盟(IWF)の2009年最高の女子選手を選ぶ投票で、最も多くの票を獲得した。
 チャン選手が最高選手に選ばれたのは2007年に続き2度目。チャン選手の具体的な活躍内容は間もなく発刊されるIWFの機関紙・ワールドウェイトリフティングに掲載される予定だ。
 チャン選手は昨年、世界選手権大会4連覇を達成し、2008年北京五輪での金メダル獲得を含め、世界舞台で5年間、チャンピオンのタイトルを守る前例のない記録を打ち立てた。



【5月4日21時2分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100504-00000026-yonh-spo
 
   
Posted at 02:37/ この記事のURL
上海万博会場から足をのばして杭州へ〜お茶と少女たちの踊りに癒される / 2010年05月06日(木)
 上海万博視察の折に、上海から南西に150キロ、3時間ほどバスに揺られて杭州まで足を延ばしてみた。杭州は浙江省の省都で、西湖や銭塘江の大逆流で有名な風光明媚な場所で、龍井茶(ロンジン茶)やシルクの産地としても知られる。3月26日に行われた西湖国際茶文化博覧会の開幕式では、上海万博の中国館を模した門と、チャイナドレスの女性らが来場者を迎えてくれた。博覧会では、中国のお茶の名産地より、龍井茶、鉄観音、花茶など10の銘茶が選ばれ、茶の作法のパフォーマンスが行われ、来場者に振舞われていた。またステージでは、かわいらしい少女たちの踊りも披露され、多くの来場者を癒してくれた。

【写真で見る杭州】コンパニオン、結婚写真撮影、交通事情、など

 上海の街も同じだが、杭州では、音もなくバイクが通り過ぎ、ヒヤリとさせられる場面が何度かあった。中国では環境配慮から、ほとんどの大都市でガソリンのバイクは禁止され、電気バイクや自転車が利用されているという。また、上海万博の会場内を循環するバスにも、西湖の湖周を案内するバスにも、電気自動車が採用されていた。

 今回宿泊したのは、4星の杭州友好飯店。客室に有線LANが設置されていると聞き、安心していたのだが、ダウンロード速度1Mbps以下(23時〜1時時点)と速度が遅く、FTTHであれば数分で受信できる1日分のメールの受信に、なんと2時間以上もかかってしまった。朝は10Mbps近く出ていたので、夜無理して受信したことを後悔する。

 3月下旬には、Googleの中国撤退のニュースが話題となっていたので、ちょっと試してみた。日本と同様「「http://www.google.cn/」にアクセスすると「http://www.google.com.hk/」に接続された。中国で「YouTube」が見られないのはよく知られていることらしいが、こちらは日本語サイトにも接続できず。中国語サイトのない「ニコニコ動画」は問題なく利用できた。

 大学在学中に日本への留学経験があるというカメラマン氏(25歳)によると、「検索には百度をメインに利用しているが、Googleは海外情報を得るのに便利。今も、香港のサイトにアクセスできるので不便は感じていない」とのことであった。YouTubeについて聞くと「知りません」という返事が返ってきた。

協力:杭州市旅游委員会・ANA全日空

【4月30日8時20分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000000-rbb-ent
 
   
Posted at 02:32/ この記事のURL
俳優復帰のコ・ス「より心を込めて演技を」 / 2010年05月06日(木)
【東京30日聯合ニュース】俳優のコ・スが29日、4年ぶりのドラマ復帰作「クリスマスに雪は降るの? 」日本初放送記念イベントに出席した。

コ・スのプロフィールと写真

 先月から同ドラマを放送している韓国エンターテインメント専門チャンネルのKNTVが、東京・新宿文化センターで「KNTVプレミアム〜春のクリスマスパーティー〜」を開催。コ・スのほか、オリジナル・サウンド・トラック(OST)に参加した人気グループSS501のメンバー、ホ・ヨンセン、歌手のGUMMY(コミ)、HWANHEE(ファニ)ら、豪華な顔ぶれがそろった。

 開演前の記者会見で、コ・スは「もっと慎重に、心を込めて演技をしようと心をくだき、呼吸も長くなった」と、俳優復帰後の演技の変化について語った。また、「生まれ変わったら自由に好きなところへ行ける風になりたい」とコメントした。
 イベントでは、ドラマ映像とともに、各ロケ地でのエピソードなど、作品の見どころを紹介した。年上の女性とデートをするなら、「青い空と海、白い砂浜がある無人島に行きたい」と答え、大きな拍手を受けた。
 イベントのもようは、6月16日にKNTVで放送される予定。



Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.
【4月30日17時45分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000033-wow-ent
 
   
Posted at 01:28/ この記事のURL
NYテロ未遂事件容疑者は自宅差し押さえに直面 / 2010年05月06日(木)
 ニューヨーク市内の繁華街タイムズスクエアで発生した車爆弾テロ未遂事件のファイサル・シャザド容疑者はコネチカット州の自宅を差し押さえられるところだった。また、ブッシュ前大統領を嫌い、二つの学位を取得した米国内の大学では目立たない学生だった。

 これらのことはまだ全容が明らかになっていない同容疑者の横顔の一部だ。捜査当局は、彼がタイムズスクエアでの爆弾テロ未遂事件の犯人であることを認めたとしている。

 在米国パキスタン大使館によると、シャザド容疑者はパキスタンの北西辺境州の生まれで、昨年米国市民権を取得した。

 逮捕当時、同容疑者と妻のフマ・ミアンさんは、コネティカット州シェルトン中心部近くのロングヒル・アベニューの小さな家の差し押さえに直面していた。捜査についてブリーフィングを行った捜査当局者は、彼が「破産」状態にあったと述べた。

 近隣の人々や不動産業者は、2人は数カ月前にこの家を出て行ったと話している。この家の芝生はJPモルガン・チェースの指示で刈り取られていた。同行はシャザド容疑者が2004年にこの家を購入したときにローンを提供した。

 同容疑者は04年7月、27万3000ドル(2590万円)で家を購入した。20%は支払い、残り80%はチェースからのローンだった。不動産業者によれば、コネティカット州ノーウォークに持っていたマンションの売却資金をこれに充てたという。

 チェース・ホーム・ファイナンスは昨年9月、2人を相手取って売却入札の申請をしたが、裁判資料では2人のいずれも裁判所に現れなかった。

 同州トラムブルの不動産業者は08年以降、同容疑者のために時折この家を売りに出した。昨春これが期限切れとなったとき、同容疑者はこの業者に「この家は銀行に渡さなければならない」とのメールを送ってきた。また、両親、特に病身の父親の面倒を見るためにパキスタンに帰ると言っていたという。この業者は「彼は自分の家を売ることができなかったことに非常に失望していた」と語った。

 彼にこの家を紹介した別の不動産業者は、彼が自分のことは語らなかったが、イラク戦争の関連で当時のブッシュ大統領を公然と批判していたことを覚えている。この業者は「特別なことだとは思わなかった。多くの人がブッシュ大統領を嫌っていたから」と話した。

 隣人だったブレンダ・サーマンさんが唯一シャザード容疑者について不可解だと思ったのは、真っ黒な装いで夜中にジョギングに出かけることだった。日光が嫌いなんだと言っていたという。

 シャザード容疑者はコネティカット州のブリッジポート大学で2000年にコンピューターサイエンスの学士号を、05年には経営学修士号(MBA)を取得した。ただ、4日の午前中、逮捕された彼のことを話していた教授らは彼がどんな人物だったか思い出そうとしたが、ほとんどの人は何も思い出せなかったという。

 彼は3日遅くに、ニューヨーク発ドバイ行きのエミレーツ航空機内で逮捕された。関係筋によると、彼はイスラマバードに向かおうとしていた。

【5月5日10時42分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000003-wsj-int
 
   
Posted at 01:17/ この記事のURL
上田健康局長が検疫の意思決定過程説明 / 2010年05月06日(木)
 4月28日の「新型インフルエンザ対策総括会議」、厚生労働省の上田博三健康局長が、「わたしは『検疫至上主義者』などと言われているが」と苦笑しながら、機内検疫の実施をめぐる意思決定過程について説明した。上田局長は、現場の負担を考えて「検疫を緩める理由を探していた」とする一方、国内発生がなかったことや、新型インフルエンザウイルスがタミフル耐性を獲得する危険性を考慮し、「毒性、感染力が判明するまで(検疫を)やろうとなった」と振り返った。

 上田局長は、昨年5月初めに政府の新型インフルエンザ対策本部の専門家諮問委員会委員長を務める尾身茂氏(自治医科大教授)から、検疫強化から国内対策にシフトするよう提案されたと説明。しかし、当時の舛添要一厚労相から検疫を継続するよう強い指示があり、事務方としても国内発生が確認されていない段階で検疫を緩めることはできないと考えていたため、「10日までは続けざるを得ない」と応じたとした。
 しかし同時に、「現場からは10日までが限界と悲鳴が上がっていたため、検疫を緩める理由を探していた」という。タイミングとしては、米国での感染拡大や、国内のほか中国、韓国での患者発生を考えていたが、8日に成田空港での機内検疫で最初の患者が発生すると、「世論が盛り上がってしまい、ますます(検疫取りやめを)考えられなくなってしまった」と振り返った。

 上田局長は、「パンデミック対策は、決して検疫だけでやっているものではない」との考えを強調。水際対策や学校閉鎖、抗インフルエンザウイルス薬の投与を含めた医療体制、ワクチン接種などを挙げ、「何を対策の中心として据えるかが一つの大きな課題」との認識を示した。
 その上で、当初は「タミフルなどの抗インフルエンザウイルス薬を有効に使った『医療対策』を中心に考えていた」と述べた。しかし、冬に検出されたAソ連型ウイルスの9割超にタミフル耐性があったため、それと融合したタミフル耐性の新型が流行して、「抗インフルエンザウイルス薬を中心に据えた対策が総崩れになることを心配した」と説明。「毒性、感染力が判明するまでは、(検疫を)やろうとなった」と述べた。

 病原性が判明した時期については、WHO(世界保健機関)が「マイルド」という表現を使い始めた5月中ごろが、「一つの認識が変わる時点だった」とした。


【4月30日23時33分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000011-cbn-soci
 
   
Posted at 01:13/ この記事のURL
キム・ヨナ動画にご用心!ネット上で偽ウイルス対策ソフトが横行 / 2010年05月06日(木)
 セキュリティ専門業者の安哲秀(アン・チョルス)研究所は4日、ウェブサイト上で増え続ける偽ウイルス対策ソフトについて注意が必要であると発表した。この偽ウイルス対策ソフトは、キム・ヨナや最近話題となっている有名人の名前を使って誘導するもので、2009年には286個、2010年1月〜4月までに71個が見つかっている。

 最近韓国で頻繁に見つかっているのは、キム・ヨナ選手の動画、CNNニュース、ABCニュースなどを偽装してユーザーを誘導し、不正コードが仕込まれたアドレスをクリックすると、偽ウイルス対策ソフトに感染するというもの。感染すると、偽のウイルス感染報告でユーザーをだまし、悪質な有料ソフトの購入などを迫る。

 偽ウイルス対策ソフトは韓国国外で作られるため、これまで韓国人の名前を使って誘導することはなかった。しかし、2月24日にバンクーバー冬季五輪でキム・ヨナが金メダルを獲得した直後から、キム・ヨナ動画を偽装したウイルスが見つかっているという。

 安哲秀研究所は、「韓国人を対象にしたのは、キム・ヨナ選手が初めての事例」だとし、世界的に有名な人物であることから悪質な誘導の対象になったと分析。「ユーザーが自ら設置していないウイルス対策ソフトは、信頼できないものである可能性が高い。偽ウイルス対策ソフトを使った詐欺に気をつけるべき」と注意を呼びかけている。(編集担当:新川悠)

【5月5日13時32分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000009-scn-sci
 
   
Posted at 01:10/ この記事のURL
radiko、iPhone公式アプリまもなく登場…アップルに申請 / 2010年05月06日(木)
IPサイマルラジオ協議会は30日、地上波ラジオ放送を配信する「radiko.jp」を『iPhone』で聴くためのradiko公式アプリをアップル社に申請したと発表した。審査に通り次第、公開する。

非公式アプリも登場

radikoがiPhoneで聴けるアプリは、radikoサービス開始後まもなく非公式アプリが発表されていたが、セキュリティ強化により機能制限がかけられ、公式アプリの登場が待たれていた。

radikoのサービスは、都市部を中心とした難聴取の解消といった枠組みでおこなわれ、関東地区7局、関西地区6局の、実質的な放送エリアに向けて配信されている。IPサイマルラジオ協議会によると、8月末までの試験配信中は東京、大阪以外のサービスの予定はないが、今後、他地域への拡大については検討していく予定としている。

radikoの配信地域及び放送局

関東地区
●放送局:TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI 、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE
●配信地域:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

関西地区
●放送局:朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA
●配信地域:大阪府、京都府、兵庫県、奈良県

《レスポンス 椿山和雄》

【4月30日23時25分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000034-rps-mobi
 
   
Posted at 01:06/ この記事のURL
「飛行船=パビリオン」計画、挫折した日本人と実現したフランス人の話 / 2010年05月06日(木)
 1971年、わたしは三井物産に入社した。所属は電気機械部通信機課だった。

 当時、わたしは色々なことに関心を持っていた。その内の1つが1975年に開かれた沖縄国際海洋博覧会だった。三井物産は三井グループの会社としてパビリオンを出展しようとしていた。まさにパビリオンのコンセプトが決まる寸前、わたしはグループの海洋博覧会事務局に(まったく非力だったが)1つ提案したのだった。

●巨大な飛行船をパビリオンに

 それは、巨大な飛行船をパビリオンにして、数百メートル上空まで来場客ごとパビリオン自体が上昇しいくというものだった。イメージはこうだ。飛行船はヘリウムで浮力を得ている。飛行船と地上とは、数本の太い鋼線で結ばれていて、このワイヤーを緩めたら上空に上昇したり、ワイヤーを巻けば地上に下降したりという仕組みである。

 高さは決めていなかったが、100人程度を高さ200メートル程度まで1度に運びたい。上昇して美しい海と海岸の風景を堪能して降りてくる。こんなユニークなパビリオンは絶対にないし、実現したら必ず大入り満員間違いないと確信した。だが事務局は冷たかった。「それ面白いですね」とまでは言ったが、「まあ、三井グループの総意としては、あまりにユニーク過ぎてちょっと実現は難しいかも……」とのことだった。

 それから数年後の1975年に沖縄国際海洋博覧会が開かれた。三井グループはパビリオンを出展したが、もちろん固定の建物である。その時には、すでにわたしは駐在員として海外に出た後で、アフリカのナイジェリアのラゴスに駐在していた。

●実現したのは“熱気球の母国”

 実は、上空の飛行船と地上をワイヤーで結んで観光に使うコンセプトは実現している。フランスのAerophileという会社(設立1993年)が実現したのだ。25歳のフランス人技術者の2人組みが設立した会社である。1994年以来、同社はパリ、シンガポール、香港、ドバイなど20か所で、このワイヤー牽引式の観光用バルーンを開業した。米フロリダ州オーランドのディズニーランドでも導入しているとのこと。

 気球は飛び立つのは簡単。しかし、風任せになってしまうので、決まったところに着陸するのがとても難しい。それをワイヤーで固定することで、定位置で昇降し着陸できることが可能なる。また、天候が悪ければ途中で中止することも簡単である。Aerophileのバルーンでは水素よりも安全なヘリウムを浮揚ガスに採用し、熱気球のような火事の心配を減らして、観光用に使えるようにしたというわけだ。

 約30名の観光客を載せて、300メートルまで上昇する。アンコールワットの近くの都市シエンリエップにも開設している。気球や飛行船は、今建設中の「東京スカイツリー」などの建築物とは違った夢がある。

 フランス人の彼らに実現できて、こちらに実現できなかった理由を考えると2つの要因がありそうだ。まずフランスと言えば熱気球。モンゴルフィエ式の熱気球を発明し、世界初の有人飛行を行ったモンゴルフィエ兄弟が有名だ。気球に対しての情熱があったのだろう。

 一方我々は、多数の利害関係を持つ各社が集まった三井グループ。当然ながら、飛行船や気球の利用は危険だと受け取ったのだろう。当時は現在運航しているような宣伝用飛行船すら珍しい存在だった。戦前だが1937年には、ツェッペリン飛行船であるヒンデンブルク号が米国の飛行場で火災を起こし墜落した事件もあった。わたしも若かったので、革新的な提案は通らなかったのかもしれない。

 上海万博の今年、同じような提案をしたらどうだろうか――。【樋口健夫】

【5月5日23時20分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000013-zdn_b-sci
 
   
Posted at 01:04/ この記事のURL
「飛行船=パビリオン」計画、挫折した日本人と実現したフランス人の話 / 2010年05月06日(木)
 1971年、わたしは三井物産に入社した。所属は電気機械部通信機課だった。

 当時、わたしは色々なことに関心を持っていた。その内の1つが1975年に開かれた沖縄国際海洋博覧会だった。三井物産は三井グループの会社としてパビリオンを出展しようとしていた。まさにパビリオンのコンセプトが決まる寸前、わたしはグループの海洋博覧会事務局に(まったく非力だったが)1つ提案したのだった。

●巨大な飛行船をパビリオンに

 それは、巨大な飛行船をパビリオンにして、数百メートル上空まで来場客ごとパビリオン自体が上昇しいくというものだった。イメージはこうだ。飛行船はヘリウムで浮力を得ている。飛行船と地上とは、数本の太い鋼線で結ばれていて、このワイヤーを緩めたら上空に上昇したり、ワイヤーを巻けば地上に下降したりという仕組みである。

 高さは決めていなかったが、100人程度を高さ200メートル程度まで1度に運びたい。上昇して美しい海と海岸の風景を堪能して降りてくる。こんなユニークなパビリオンは絶対にないし、実現したら必ず大入り満員間違いないと確信した。だが事務局は冷たかった。「それ面白いですね」とまでは言ったが、「まあ、三井グループの総意としては、あまりにユニーク過ぎてちょっと実現は難しいかも……」とのことだった。

 それから数年後の1975年に沖縄国際海洋博覧会が開かれた。三井グループはパビリオンを出展したが、もちろん固定の建物である。その時には、すでにわたしは駐在員として海外に出た後で、アフリカのナイジェリアのラゴスに駐在していた。

●実現したのは“熱気球の母国”

 実は、上空の飛行船と地上をワイヤーで結んで観光に使うコンセプトは実現している。フランスのAerophileという会社(設立1993年)が実現したのだ。25歳のフランス人技術者の2人組みが設立した会社である。1994年以来、同社はパリ、シンガポール、香港、ドバイなど20か所で、このワイヤー牽引式の観光用バルーンを開業した。米フロリダ州オーランドのディズニーランドでも導入しているとのこと。

 気球は飛び立つのは簡単。しかし、風任せになってしまうので、決まったところに着陸するのがとても難しい。それをワイヤーで固定することで、定位置で昇降し着陸できることが可能なる。また、天候が悪ければ途中で中止することも簡単である。Aerophileのバルーンでは水素よりも安全なヘリウムを浮揚ガスに採用し、熱気球のような火事の心配を減らして、観光用に使えるようにしたというわけだ。

 約30名の観光客を載せて、300メートルまで上昇する。アンコールワットの近くの都市シエンリエップにも開設している。気球や飛行船は、今建設中の「東京スカイツリー」などの建築物とは違った夢がある。

 フランス人の彼らに実現できて、こちらに実現できなかった理由を考えると2つの要因がありそうだ。まずフランスと言えば熱気球。モンゴルフィエ式の熱気球を発明し、世界初の有人飛行を行ったモンゴルフィエ兄弟が有名だ。気球に対しての情熱があったのだろう。

 一方我々は、多数の利害関係を持つ各社が集まった三井グループ。当然ながら、飛行船や気球の利用は危険だと受け取ったのだろう。当時は現在運航しているような宣伝用飛行船すら珍しい存在だった。戦前だが1937年には、ツェッペリン飛行船であるヒンデンブルク号が米国の飛行場で火災を起こし墜落した事件もあった。わたしも若かったので、革新的な提案は通らなかったのかもしれない。

 上海万博の今年、同じような提案をしたらどうだろうか――。【樋口健夫】

【5月5日23時20分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000013-zdn_b-sci
 
   
Posted at 01:02/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!