鬱 診断

鬱病かな?と思ったら、鬱診断テストというものを
やって見てはいかがでしょうか?

精神科に行き、鬱病かどうかを確かめる事に
抵抗がある人でも、これなら簡単に確かめられます。

まずは、「鬱 診断」と言うキーワードでネット上を検索すると、
鬱病かどうかをチェックするテストが出来るサイトが無数にあります。

そのどれかを選び、鬱病チェックをし、鬱病と診断されてから、
改めて、精神科医に見てもらうかどうかを決めるといいと思います。

精神科医はただ話しを聞くだけでは無く、
精神安定剤を処方してくれるので、
それをきちんと用法・用量を守って服用すれば、
鬱病の症状を和らげる事が出来るはずです。


* ネット上に無数に存在する鬱診断テストは飽くまでも
鬱かどうかを診断するだけで、治す事には繋がりません。
診断結果だけを見て、それで済ませていても、治りません。
きちんと精神科医に見てもらい、治す事をおすすめします。

鬱 症状

鬱(うつ)病になってしまうと、抑うつな気分になったり、不安・焦燥感と言った症状に苛まれ、さらには、精神活動・食欲の低下や不眠症などに陥ります。一般に、心の病気とされています。

鬱病になると、その症状から、
私生活のみならず、社会活動にも悪影響を及ぼします。

鬱病かな?と思ったら、精神科医に見てもらうなりして、
それで鬱病だったなら、医師の言う事をよく聞き、
鬱病を治すべく頑張る必要があります。

また、精神安定剤などを処方されたら、
それを用法・用量を守って服用することで、
鬱病の症状を和らげる事が出来るはずです。

鬱病にも軽度or重度は存在し、
軽度で症状が軽ければ、比較的早めに治ります。

ですが、重度の鬱病であった場合、
なかなか治りません。

なので、なるべく症状が軽いうちに、
すなわち、「鬱病かな?」と思ったら
一度精神科医に見てもらう事が大事です。