うつ病克服ノウハウ 口コミ 感想 レビュー 評価 評判 

June 12 [Thu], 2008, 14:03
詳細はこちら








まずは、この話を聞いてください。
※これからお知らせする話は、正真正銘の実話です。
私が実践してきた正真正銘、うつ病を克服した方法の実例です。

家内「まさか主人がうつ病とは、まったく思い当たりませんでした・・・。」

娘「お父さんがうつ病かもしれないなんて、思ってもみませんでした・・・。」

家内「私が最初に気づいた主人の変化は、口数が極端に少なくなったことです。
もともと食べ物にはこだわらない人ですが、夕飯の時は娘や私といろいろな話をするのを楽しみにしていたのに、ほとんどしゃべらなくなりました。
その日どんなことがあったのかを聞いても、生返事ばかりです。」

娘「父がうつ病だということは、母から聞かされて初めて知りました。
父は、絶対に自分では言ってくれませんでしたから・・・。」




詳細はこちら




私の家族の当時の心境です。
 
本当にうつ病を克服することはできるの?

あなたは、いつも以下のようなことで悩んでいませんか?

* 身体的なコンプレックス?
* 仕事上での人間関係?
* 夫婦間での問題?
* 借金など、お金に関すること?
* 彼氏や彼女、友人とのトラブル?
* 自分の思い通りにならないこと?
* 家族や自分の病気のこと?

現代社会において、悩みは切っても切離す事は出来ないですし、ストレスを無くするという事は非常に難しいのではないでしょうか・・・・。




詳細はこちら




うつ病の主な原因は、ストレスと言われている事はもう有名ですよね。
もう一度言いますが、うつになる主な原因はストレスなのです。

うつ病になりやすい人は、
「悩みや問題をストレスとして溜め込んでしまう体質と考え方」から、ストレスなどで生じた脳内神経伝達物質のバランスが乱れると、うつの症状が現れると言われています。
ということは、あなたがストレスと上手に付き合える様になれば、うつの症状を改善し、うつを克服する最大のチャンスだと思いませんか?

「言ってる事は分かるけど、それって何か難しそう・・・・」
「ストレス上手に付き合うことなんて出来るの?」

 正直に告白いたします。

実は、うつ病を克服することは、とっても簡単なことなのです。
あるノウハウさえ知ってしまえば・・・・

うつ病を100%克服している人って、まだまだ少ない様ですね。
事実、いろいろなうつ病の病院に通院して、多くのうつ病の方々と、めぐり合ってきましたが、100%うつ病を克服したと自身を持って言い切れる人は、ほんの一握りの方だけです。
その反面、ごく稀ですが、100%のうつ病を克服し、心にゆとりを持ち、笑顔を取り戻した人が実際に存在しています。

実は、なにを隠そう・・・・
私も、その中の1人なのです。
私は10年前、うつ病と診断されました・・・

仕事に興味を失い
大好きだったテレビ番組を見るのもいやになり
自分から見てのんきに見える人がうらやましくなる
朝から晩まで生きていることが嫌になりました。

「まさか、自分がうつになるなんて・・・・・」
「いや、そんなはずはない、うつ病なんて、何かの間違いだ!」
しかし、うつ病の専門書を読むと、本に書いてある症状が、ことごとく私に当てはまるのです。

* 眠れない。
* 食欲がない。
* 集中力が低下する。
* 考えがまとまらない。
* 仕事をやる気が起きない。
* 新聞やテレビを見るのがつらくなる。
* すべてに悲観的になる。
* 外出したくない。
* 人に接したくない。
* 朝は少し元気になるが、夜になるとうつ状態になる---。

そして最後に、「自殺したくなる」と書いてありました。

もちろん精神科にも行きましたが、私は決していい患者ではありませんでした。
なかなか、お医者さんを信頼できなかったのです。

もらった薬も、途中で止めてしまいました。
次々にお医者さんを変え、11ヵ所のクリニックを回りました。

どれも、うつ病の本では「やってはいけない」とされていることです。
お医者さんから見れば、私は「ダメな患者」だったでしょうね。

本当にうつ病を克服することはできるの?

そんな患者ですから、「あなたのうつ病は治りました」とお医者さんに言われた事はありません。

だから医学的には、「治った」と断言できないのかも知れません。
しかし、事実いまの私は、10年間苦しんだうつ病から解放され、晴々としているのです。

1.毎日の生活のペースが、徐々に戻ってくる。
2.食欲がなくて、どうしても食べられなかった朝食が食べられるようになる。
3.天気になんか全く関心を失っていたのに、家のドアを開けて今日は気持ち               のいい天気だな、と思う。
4.出社してもすぐに家に帰りたくなったのに、社員たちを見て元気な顔、元気のない顔に気づく。
5.いつの間にか仕事に集中している。
6.テレビを見て笑えるようになる。
7.カラオケが歌いたくなる。

こういう小さなことが一つ一つ積み重なっていく度に、
「昔の自分が戻ってきた。うつ病に克つことができた」という気持ちが大きくなって来ます。

どう?いいでしょう。こんな生活も・・・。

「うらやましいけど、私には無理ですよ。周りにも自分がうつ病だなんて相談は出来ないし、地道に薬を服用して病院通いをするしかないですよ・・・。」
確かに、うつ病を克服するなら、
「家族の協力がないと・・・。それにすぐに効く薬なんでないだろうし・・・。」
って、普通なら思いますよね。

私自身も、最初は、家族に打ち明けることが出来ず、病院通いもままならず、かなり苦戦したので、
その気持ちはよく分かります。
でもね・・・

うつ病を克服することは、そんなに悩むようなことでもなかったんです。
そもそもうつ病を克服する方法なんて、周りを見渡したって、めったに見つかるものじゃありません。
だから、あなた自身がうつ病を克服する方法を知らなくても、まったく問題ないんです。

うつ病を克服する方法がみつからないなら、
自分でうつ病を克服する方法を作り出せば良いだけですから。

重要なんで繰り返します。

うつ病を克服する方法がみつからないなら、
自分でうつ病を克服する方法を作り出せば良いだけですから。

つまり・・・

自分に情報がなくても、周りに情報がなくても、うつ病は克服できるのです。
うつ病を克服した人にうつ病を克服した方法を聞けば良いだけなのですから。

そして、その方法を今の生活に照らし合わせ、あなた自身に合わせた克服方法を生み出してしまえばいいのです。

うつ病を克服する方法さえ知ってしまえば、うつ病を克服するのは至って簡単なことなんです。
自分でうつ病を克服する方法を作り出してしまうのです。

恐らく、あなたが今、「うつ病を克服したい!」と思いながらも、なかなか思い通りの結果を出すことができないのは、下記のような方法だけで、克服しようとしているからではないでしょうか?

1. 経験豊富なうつ病専門の病院を探す。
2. 病院が決ったら、定期的に通い、医師の指示に従う。
3. 処方された薬は欠かさずに服用する。
4. 医師やカウンセラーの言う通りに生活する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:うつ病克服ノウハウ 口コミ 感想 レビュー 評価 評判
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる