トマトのリコピンは動脈硬化を予防し結果高血圧も防ぐ

August 05 [Mon], 2013, 11:10
高血圧(本態性高血圧症と二次性高血圧に分けられます)などといった生活習慣病は、内臓脂肪型肥満があると、かかりやすくなりますよ。

血液中に増えた脂質が活性酸素によって酸化されて、血液の壁にくっついて血管が硬くなってしまい、動脈硬化(老化現象の一種ですが、遺伝的な要素、生活習慣などが影響して若いうちから発症することもあります)が進行するわけですが、リコピンは動脈硬化(男性は45歳以上、女性は55歳以上になると発病リスクが高まります)の進行も予防してくれるはずです。

その上、リコピン(食品の着色料としても使われているのだとか)には、体内でインスリンの働きが悪くなるのを抑え、血糖値を下げる作用や高血圧を改善する作用がある事が分かっています。

また、トマトに含まれているペクチンには、食後の血糖値の上昇を抑制する効果があり、コレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)の吸収も抑えてくれるものです。

他にも、トマトに含まれているクエン酸は、食後の急激な血糖値(血糖ということもあるでしょう)の上昇を抑えくれるものですし、ソバに多く含まれていることで広く知られているルチンはビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)の吸収を良くして、その働きを助ける役割をします。

結果として高血圧食事にいいわけですね。

ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)Pとも呼ばれるルチンには、血管を丈夫にして血行を良くし、血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)を下げる働きもあります。

高血圧にはトマトが良いって本当?

August 04 [Sun], 2013, 18:05
トマトは高血圧に効果的といわれているものですが、それって本当なのでしょうか?

じつはトマトは高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)予防にいいというのは、本当です。

トマトには、老化やいろんな病気の原因となる活性酸素(抗酸化物質を摂取するのもいいですが、なるべく発生させないように努力するのも大切ですね)から体を守ってくれる働きがあるのです。

その中でも中心的な効果を持っているのが、赤い色素成分である「リコピン(食品の着色料としても使われているのだとか)」です。リコピンは、活性酸素(大きく四種類に分けられ、それぞれに対抗するスカベンジャーが存在します)を安定した状態にして、無毒化する作用がとても強く、活性酸素(ストレス、紫外線などで増加し、老化の原因になるといわれています)を取り除く能力はβーカロチンの2倍以上もあって、ビタミンEの100倍以上もあるになります。

ですので、トマトは高血圧対策には欠かすことのできない野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)だといえます。

高血圧の改善には生活改善

May 14 [Sat], 2011, 11:07
やはり高血圧の改善には、基本的に減塩・減量・禁酒による生活の改善が必要です。

減塩は最初は物足りないですが、しばらくすると慣れてきますでしょうし、素材の味が判るようになってくると苦痛ではなくなってきます。

適度な運動は急にはじめるとかえって危険なのですが、少しずつはじめると体も軽くなり汗でナトリウムも排泄されますし、他の成人病の予防にも効果があります。

禁酒はいきなり減量はきついかもしれませんが、曜日を決めて飲まない日をつくるなどの工夫はできるかと思いますよ。

こちらもトマトは高血圧予防も参考にしてください。

高血圧とお酒と塩分の関係

May 13 [Fri], 2011, 10:58
高血圧になったら気をつけたいことがお酒やビール。

ビールは食欲を増進させますので。

きちんと塩分量も図って計算して下さい。

参考に高血圧の料理本を買うことをお勧めします。

飲みに行く場合は居酒屋で、酢の物や豆腐などヘルシーなものを頼んでください。

やはり、あまり外食はしないほうがいいですが付き合いもあると思うのでしょうゆや味噌などの調味料はやめて、お酢や唐辛子などの香辛料で食事してください。

高血圧と塩分の関係も参考にしておきましょう。

バランス良い食事に適度の運動

May 12 [Thu], 2011, 22:56
高血圧にも程度ありますから、病院で受診することをおすすめします。

降圧剤がありますが、この辺りは医師の指示で行って下さい。

高血圧になって降圧剤を使用している方は多いようです。

そして普段気を付けるのは減塩です!

あとはバランス良い食事に適度の運動が高血圧の改善に必要なことでしょう。

高血圧の症状に青汁がオススメ

February 25 [Fri], 2011, 21:11
高血圧の症状にお悩みの方には、青汁は大変おすすめです。

今現在高血圧と診断されて、お医者さんから青汁を飲むようにすすめられたという方も多いようです。

そんな方たちに青汁の愛飲者には多いといわれます。

また、高血圧の治療には利尿剤を用いる場合がありますが、青汁にも利尿効果があるとされていますから、きっと治療にも役立つ事でしょう。

高血圧にオススメな青汁

February 22 [Tue], 2011, 21:31
やはり年齢を重ねるにつれて、高血圧のリスクはどんどん高まっていきますよね。

30歳以上になってくると実に男性の5割がなってしまうと言われています。

また、女性の方も4割が高血圧になってしまうといわれています。

もはや「国民病」として認知されている感がる高血圧ですが、治療はかなり難しいとされ、食生活の改善や適度な運動など、いずれも長期かつ地道な努力を必要とされています。

高血圧には青汁が良いです。シンプルに続けられる方法として、オススメです。

ストレスと高血圧

November 17 [Wed], 2010, 11:18
人は大きなストレスが掛かると、そのストレスを脳がキャッチするので、それに対応するために交感神経の働きが活発化してきます。

交感神経が活発化すると、血圧が上昇してしまいます。

ですから、高血圧の治療をしているのに、なかなか効果がみられない方は特にうつ病を併発している可能性が高いです。

高血圧の方がうつ病である場合、血圧のコントロールが上手く出来ていない状態が続けば、心臓病や脳卒中の危険が高まります。そのため、うつの治療も必要になってきます。

他の原因と関係

November 15 [Mon], 2010, 11:15
うつ病との関係で他の原因としては、高血圧の方が血圧を下げるために使用されている降圧剤には、副作用として意欲の低下や憂鬱などのうつ症状をもたらすことがあるそうです。

高血圧の患者にうつの症状が出る確率が高いのは、上記以外にもストレスからくる不安や緊張などの精神的な原因から血圧が高くなるという事も関係します。

うつ病と高血圧には、密接な関係があるといってよさそうです。

うつ病と高血圧の原因

November 11 [Thu], 2010, 11:05
高血圧になりやすい方は、うつにもなりやすい要素を持っている方が多いという事がデータからも実証されています。
そしてうつ病を併発する確率が高くなっているのです。

高血圧の原因の多くが、うつの原因とも一致していることからも、体質や生活習慣の他にも、体の調子を考えないで無理をしてしまうという性格も高血圧とうつの両方で共通する原因になっています。

うつ病と高血圧の原因に共通する関係性がみられます。