セロトニンが不足するとどうなるの?

February 18 [Tue], 2014, 21:52
セロトニンが不足するとどうなるのでしょうか、セロトニンは体内では合成されない必須アミノ酸の一つです、セロトニンはトリプトファンが脳内で代謝されるときに生成される物質です。

また、脳内のセロトニンが増減しただけで食欲、睡眠、体温調節、気分、行動、心臓血管の動きや筋肉や血管の収縮、内分泌線の活動にも影響を与えています、さらに人間が生きていくうえで必要なものといえば記憶ですが、セロトニンの量で影響があることがわかっていります。

セロトニンが脳内では神経細胞から放出されたときにシナプスの間で神経細胞の受容体に取り込まれます、このようなことがおきるおかげで私たちは人として生活が出来るのです。しかし、神経細胞間のリセプター(受容体)が全て移動するのではなく、かなりの部分で元の神経細胞のリセプターへと再吸収されます、このときにもセロトニンの増減で心や体の働きに大きな影響を与えているのです。

このように複雑な動きをしているセロトニンが不足することがわかっていても私たちが出来ることは規則正しい生活をすることや食生活を正すことなどといった基本的なことが対処方法です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミルキード
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/utubyou1_1/index1_0.rdf