文書処理(ワープロ)能力検定の受験概要って?対策は?

November 09 [Wed], 2016, 16:23
文字入力の正確さやスピード(キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの出世作となった映画ですね)、国語(国語、?学、英語のいずれかの科目が得意なら、他の教科の成績も上がる可能性があるでしょう)力等を試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)する「文書処理(ワープロ)能力検定」。それでは、文書処理(ワープロ(少?派ではありますが、熱心な愛用者がいて、故障するとわざわざ安くはない費用をかけて修理するのだそうです))能力検定の受験概要とは、一体どういうものなんでしょうか?何か対策というのはあるのでしょうか?まず、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)内容は1級から4級に分かれており、合格率は順に4五パーセント、6五パーセント、80%、78%だといえるでしょう。試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)の実施方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)は、以下の通りになります。
一級
・筆記試験(答案用紙に筆記具で記入する形式の試験のことです)
 技術常識−ワープロ(パソコンの普及で使用する人がいなくなったかと思いきや、文章を書くことを生業にしている人の中には、ワープロでなくては執筆できない人もいるのだとか)についての高度な知識
 国語(入試では出題される著者がある程度限定されていますね)知識−漢字、送り仮名、熟語、慣用句、ことわざ
・実技試験(必ずしも演習や実習のようなことを行うわけではなく、計算問題を解いたりするケースもあるでしょう)
 入力−10分/700字
 文書作成−簡単なメモ書き原稿から正式文書の作成(高度な知識が含まれている)
2級
・筆記試験(記述式、マークシート式では、それぞれにコツのようなものがあり、事前の対策が必要不可欠です)
 技術常識−ワープロに関する実務知識
 国語(教科書には必ずといっていいくらい、夏目漱石の作品が載っていますよね)知識−漢字、送り仮名、熟語、慣用句
・実技試験(必ずしも演習や実習のようなことを行うわけではなく、計算問題を解いたりするケースもあるでしょう)
 入力−10分/500字
 文書作成−メモ書き原稿から正式文書の作成
三級
・実技試験(何を行うのかは、その試験によります。いずれにしても、非常に緊張してしまうことが多いですから、しっかりと対策しておいた方がいいですね)
 入力−10分/300字
 文書作成−メモ書き原稿から適宜レイアウトして作成(追加・削除・修正を含める)
4級
・実技試験(何を行うのかは、その試験によります。いずれにしても、非常に緊張してしまうことが多いですから、しっかりと対策しておいた方がいいですね)
 入力−10分/200字
 文書作成−メモ書き原稿から適宜レイアウトして作成(修正を含める)

合格条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)は、1科目100点満点(ケアレスミスをしていると、絶対にとれないものです)で全科目70点以上。実技試験(筆記試験の合格者だけを対象にして行うことも少なくありません)の入力は、1級690字、2級490字、三級290字、4級190字以上が合格になりますよね。どれくらいタイピング(タイプライターやパソコン、ワープロなどを使用する際に、キーボードで文書を入力することをいいます)に自信があったとしても、試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)では一般常識等も出題されますので、必ず試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)用の参考書(実際に目で見て自分にとってわかりやすいものを選ぶ事が大切です)や問題集(間違えてしまったところに?をつけて繭り返し解くと、自分の弱点がみえてくるものです)に目を通しておくなさってくださいね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokoro
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uttibaleciutfm/index1_0.rdf