sds うつ カットオフと自己メンタルセラピー講座

December 15 [Mon], 2014, 3:06


元気を出そうと思っても体が言うことを聞いてくれず、このままだと社会復帰がますます遠のきそうで不安におびえる日々を過ごしていたとしても、
うつを招く原因を体から根本的に追い出していき、失っていた信頼を取り戻しそれ以上に、結果で恩返しができるようになる方法がこちら



あなたも、うつ病なんかさっさと治して、また以前のようにバリバリと仕事をしたり遊びに出かけたいとは思うけれど、
うつ病になってしまったことで自分自身への自信を完全に失い、周囲から非難されているような被害妄想がつきまとってはいないでしょうか?

もしくは、病院の先生の言うとおりにうつ病治療に取り組んではいるものの、思っていたように症状が改善することはなく、
今のやり方を続けて本当にうつ病を克服できるのか?不安な日々を過ごしていないでしょうか?



うつ病は放置しておけば勝手に治るような病気ではなくて、何かしらの治療をしていかなければ、ますます症状が悪化してしまいます。だからと言って、治療に積極的に取り組んで良いわけではなくて、頑張ってうつ病を克服しようとすればさらに症状を悪化させかねません。

うつ病治療はある意味「忘れる」ような感覚で取り組むことも重要で、たとえて言うならば止まらないしゃっくりを治すようなものです。しゃっくりを治そうと思っているうちは、なかなか「ヒック!」が終わることがなく、何をしても「ヒック!」が続くわけですが、ふとした時に思い出すと、いつの間にかしゃっくりが止まっていたりしますよね?



うつ病を克服する場合も、つまり治療っぽいことをしないほうが賢明で、宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座はそういった意味で、優れたうつ病治療法となっています。自己メンタルセラピー講座では、栄養面からの治療法をメインに様々な方法が用意されているわけですが、いずれにしても「これで本当に治療になるの?」というものばかりです。

病院にかよってカウンセリングを受けるとか、薬を使って症状を安定させるとか、そういったやり方とは全く違い、普段の生活の中で何気なくやっている動作をちょっと変えてみるとか、そんな程度です。

「こんなことで本当にうつ病が治るのか?」いまいち不安や疑問を感じるかもしれませんが、実際に自己メンタルセラピー講座を試した人の中には数年もの間続いた症状がたったの数か月でほぼ完治してしまった人もいるくらいです。
短期間で効果が期待できるのも自己メンタルセラピー講座の特徴の一つで、体に負担をかけないし、心のエネルギーを奪うようなやり方をしないからこそ、こうした結果を生み出すことができるわけです。



病院で受けられる治療法は結局、あなたがやる気をだして取り組んでいく必要がありますので、心のエネルギーを回復させるつもりが逆に心のエネルギーを消費させるようなことをしてしまっているわけです。こんなやり方をしていたら、治療が長引くのは当然の結果です。
自己メンタルセラピー講座ではそこで、宮島賢也さん自身がうつ病を患い・克服した経験から、患者の立場にたって患者にとってもっとも負担の少ないアプローチをしていくわけです。

宮島賢也さんとはちなみに、メディアにもたびたび登場している精神科医なので、あなたもどこかで見かけたことがあるかもしれませんが、国際メンタルセラピスト協会の専務理事を務めている人で、普段は湯島清水坂クリニックで治療に取り組んでいます。

→→メンタルだけじゃなくて体にも目に見えた回復が現れ始める宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座の「うつ病を克服するための食事法」とは??



http://subcard.onmitsu.jp/
http://jimusyooiwai.digi2.jp/

うつ病 休職を繰り返すのは1年まで?@宮島賢也

December 15 [Mon], 2014, 2:55


うつを治すために絶対にやってはいけないことが一つだけあります。それは精神的にも肉体的にも強い負担を背負わせるようなやり方で、ただでさえ弱っている心身にムチを打つようなことをしてうつが直るわけがありません。
それにもかかわらず、認知行動療法を受けるためにわざわざ病院に行くのは正直、正気の沙汰とは思えないですし、カウンセリングによって半強制的に気持ちを前向きに変えようとするのも、うつをさらに悪化させるようなものです。

うつを治すにはとにかく体に負担をかけてはだめだし、心のエネルギーが必要になるようなやり方をするべきではないのですが、では、どこからどんな風に治療を進めていったらよいのか?というと、普段の生活の中で何気なくできるところから治療を進めていくのが一番です。

具体的には、食事は1日3食とはいかないまでも少なくとも1食は食べると思いますから、食事を通じて治療を進めていくのが効果的で、いわゆる食事療法がうつ病にも効果的です。
栄養面からアプローチをしていくことで実は体の調子を整えやすく、結果としてうつ病の症状を和らげる効果も期待できるようになります。



宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座は、主に栄養面を改善することで体の調子を整えていき、その結果としてうつ病の症状をやわらげていきます。うつ病は確かに精神的な問題をきっかけに発症する病気ではあるものの、因果関係をきちんとたどっていけば、体に何らかの異常が出ていることがわかっています。

その異常さえ取り除くことができれば、症状をもちろん改善することができるわけで、抗うつ薬が効果を発揮するのも、薬の力を使って無理やり体の調子を整えているからです。

投薬治療はある意味「ドーピング」に近い側面があり、体に対して決して良い影響があるわけではありませんが、自己メンタルセラピー講座ならば、体に悪影響を与える心配がありません。普段の食事に少し手を加える程度なので、嫌いなものを無尽蔵に食べ続けなきゃいけなかったり、まずくてとても食べられなさそうな治療食を延々を食べ続ける必要もありません。

あなたも、↓のような悩みに今まで散々、嫌な思いをさせられてきたんじゃないかと思いますが、

■人付き合いがおっくうになり、家から出るのがつらい。

■処方された薬を飲んでも良くなる兆しがない

■自分に自信を持てない

■自分のやりたいことに蓋をしてしまう


宮島賢也さんの言う通りうつ病なんて本来は病気という扱いをすべき症状ではなくて、外部の刺激に対して心が過剰に反応してしまい、元の状態に戻れなくなっているだけの話です。わざわざ治療に励まなくたって、うつ病が起きるメカニズムをきちんと理解して、適切なやり方で治療に取り組んで行けば、↓のような結果は案外あっさりと手に入れることができますよ。



■絶えず頭を離れない自己嫌悪からの解放される

■気持ちに余裕ができる

■外出が苦じゃなくなる

■笑う元気が出てくる


これからも治療に熱心に取り組み続け、「休みたい!」と叫んでいる切実な身体の声を無視し続けるのは今日で終わりにして、
自分の生きる意味を前向きに考え直していき、ちょっとくらいへこむことがあっても自分を肯定できるようになりませんか?

宮島賢也さんの自己メンタルセラピー講座で、症状が手におえないほど悪化してしまう前に、今まで立ち止まっていた分を挽回していくにはこちら




脳内アップデート

P R


サプリメントダイエット ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング
ブログランキング



PVランキング