鬱と鬱病の状態について

November 24 [Tue], 2009, 6:49
【今、ネットで一番売れてる美用品コスメとは??】









楽天カードを作れば、2000円分のポイントがもらえますよ
(年会費無料)
しかも、お買い物をした時のポイントが2倍になります

楽天カードの申込はこちらへ



「鬱」は、人によってその症状が違うんですね。
精神的な症状だけでなく、身体の病気?
と思うくらい、身体にいろんな症状があらわれるんです。
症状や基礎知識について、具体的に紹介しました。
鬱と鬱病の状態について


日々の毎日の暮らしの中で、
自分が失敗をしてしまったり、嫌なことがあった時など、
気分が落ち込んでしまうことは誰にでもありますよね。
この状態が「憂鬱」で、大体の場合、時間と共に、
又は数日たてば普段の状態に戻ることができます。
鬱(うつ)と憂鬱(ゆううつ)の違い


鬱が起きる原因鬱が発祥する原因は、
何らかのストレスであると考えられています。
ストレスって、人間誰もが抱えているものですよね。
ストレスの全くない人なんていないと思います。
ここで少し一般的なストレスの例を上げてみたいと思います。
鬱が起きる原因


鬱の症状は、憂鬱な気分が続くだけではありません。
気持ちが異常に高ぶる、
正反対の躁状態があらわれることもあります。
躁状態では、気力ややる気が満々で、
今まで沈んでいた自分が嘘かのように、
行動が活発的になります。
躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱


憂鬱感は、鬱病の代表的な精神状態です。
しかし、「普通の憂鬱」と「鬱病の時の憂鬱」には
大きな違いがあるのです。
先ず、憂鬱の程度が物凄く強いことがあげられます。
通常なら、気分がちょっと落ち込むぐらいで、
日常生活は普段通りにできます。
基本症状は多くの精神的なもの


物事に対する興味や関心の低下について、
詳しく説明したいと思います。
これまで楽しいと思っていた事に全く楽しめなくなり
関心が持てなくなるんです。
趣味に熱中しなくなったり、自分自身の身の回りにも気を遣えません
やる気がでない、行動ができない


何事にも後ろ向き、ネガティブになる傾向は、
考え方そのものに影響して、現実とは違う事を、
かたくなに頑固に思い込む「妄想」があらわれます。
妄想は、悲観的、否定的、
マイナス思考に向かうのが特徴です。
現実とかけ離れる思考


鬱病で集中力が低下すると、簡単な計算ができなくなったり、
思考のペースがゆっくりになり、
物事を決断したり判断したりするのが難しくなるんです。
前はできていたのに、なぜ?
といった感覚です。
集中力や思考力の低下と自殺願望


鬱病では、精神症状と同時に身体症状もあらわれてきます。
身体症状は、睡眠欲、食欲、性欲といった、
人間の三大欲求と言われる本能的な機能に影響することが多いです。
そして、もっっともよく見られるのが睡眠障害です。
その中でもほぼ必ずと言っていいほどあらわれるのが不眠です。
睡眠障害


食欲の低下もよく見られる症状のひとつです。
食事を抜いたり、食べる量が一気に減る為、
1ヶ月に4〜5kg体重が落ちてしまうこともあります。
おいしいもの、旬のものを楽しもうという意欲も全くありません。
好物だったものを食べても全く何も感じないんですね。
味覚の変化、食欲、性欲の低下


消化器の症状が生じることもよくあることです。
よく見られるのは、下痢や便秘、吐き気、嘔吐、
胃のもたれやむかつき、お腹の張りを感じる膨満感等です。
他にも、めまいや耳鳴り、目の疲れ、
口や喉の渇き、詰まり感、胸の圧迫感や息苦しさ、動悸、息切れ、
全身の汗や寒気等、人それぞれ個人によって様々な症状があらわれます。
消化器の症状


心や精神の不調は、
自分でなんとかしよう、自然に治る、治そう、
と、考えがちです。
しかし、身体の病気と同じように、
できるだけ早く初期の段階で専門医の診察を受け、
治療を進めることが大切なんです。
鬱だと感じたら医師へ相談しよう


医師との信頼関係は、どんな病気の治療でも、
技術や施設などと同じくらい重要ですが、
鬱のような心の病気では、更に重要で大切なポイントになります。
患者さんの話をろくに聞かず自己主張ばかりで、
薬だけを処方して診察を終えるような医師では、
心や精神の病気の順調な回復は望めません・・・。
自分に合った医師を探そう


鬱病で受診する医療機関の科目には、
様々な種類がありますが、
大きく分けると精神科と診療内科の二つになるんですね。
神経科や精神神経科は、
精神科と同じと考えてよいみたいです。
精神科?心療内科?どっち??


鬱等の心や精神の病気も、内科等の病気と同じで、
できるだけ早く気づいたり見つけて、
適切な治療をすることが回復への近道となります。
しかし鬱病は、精神症状の方が中心の場合は特に、
本人が受診するのをためらいがちなんです。
症状があったら、すぐに受診しよう


精神科や心療内科の専門医の心当たりがなかったり、
近くに相談できるかかりつけ医等もいない場合には、
保健所や精神保健福祉センター、市町村の保健センター等の
公的機関が、非常に頼りになります!
保健所では、精神保健福祉相談員や保健師による相談や、
医療機関の紹介をしてくれます(^^)
近くの保健所や保健センターを利用しよう!



鬱病を発症しやすい人

November 23 [Mon], 2009, 16:33
鬱は辛い状態が続くだけではなく、
嬉しい状態が続いても発症するんです。
又、鬱になりやすい人がいるのも事実なんですね。
鬱を改善する為には、どんな状態の時にどんな人が
なりやすいのかを知っておく事も大切なんです。
鬱病を発症しやすい人


鬱病は、一つの原因で起こる病気ではありません。
様々ま要素が重なり合い、
影響し合い、発祥するものなんですね。
その中の要因でも一番大きく、
発祥のきっかけになるのが
極度のストレスなんです。
きっかけはストレス


社会人の鬱病のきっかけとして、
日常生活の大半を占めるのは職場での出来事ですσ(^_^;)
具体的な出来事は、
職種や地位、職場の環境や性別によって異なります。
職場での出来事、就職


女性は、思春期の初経から始まって、
妊娠、出産、授乳、閉経、と、
一生を通して様々な身体的な変化を体験するんですね。
女性の鬱は、
こうした身体の変化をきっかけに
起こるパターンがよくあるんです。
女性の鬱になりやすい要因


年齢が高くなるにつれ、
退職や子供の独立、親しい人との死別等、
どうしても喪失感を覚える出来事が増えるんですね。
その為、自分が取り残されて孤独感が募る事から、
鬱病を発祥する事があるんです。
中高年になると、その後の生活がきっかけに


身体的な病気にかかった事が原因で、
鬱病になる事もあります。
鬱病を引き起こす病気には
二つのタイプがあるんです。
一つは、がんや心筋梗塞、脳血管障害等の、
重い病気になった事で死を意識してしまい絶望的になったり、
孤独感を覚えて精神的な負担が大きくなるものです。
病気が引き金に・・・


鬱病の発祥にはストレスが大きく影響します。
その背景には、鬱病になりやすい性格や体質が、
関わっていると考えられているんです。
鬱病になりやすいとされる性格として、
「メランコリー親和性性格」「執着性性格」「循環性格」
の、三つのタイプが知られているんですね。
鬱になりやすいのは「真面目でいい人」


鬱病には、発祥しやすい性格や体質があるんですね。
最大の原因になるのはストレスなんです。
鬱病になりやすい要素を持った人が、
大きなストレスにさらされたり長い期間続いたりした時、
心や身体に様々な不調があらわれます。
ストレスとの関係


人間には、ストレッサーの刺激で負荷が与えられた時、
様々な機能を使って対応する抵抗力を持ってるんです。
しかし、何らかの理由で抵抗力が落ちている場合や、
対応しきれないほどの、
大きな負荷がかかってしまう。
ストレスよる心身の様々な症状


人間の心と身体は一つのもので、密接に繋がり、
互いに影響し合ってるんですね。
「病は気から」と言われているように、
精神的な問題が病気の引き金に
なってしまう事もあります。
鬱を呼ぶ身体の病気


どんな病気でも、思うように回復していかない等の不安から、
憂鬱になるのは誰もがですし、仕方のない事なんですね。
中でも、鬱病になりやすいものの
代表的な病気の一つが、がんです。
鬱を招く不安を起こしやい病気


病気が脳の機能に影響して、
合併症として鬱病を引き起こすものとして、
糖尿病があげられるんです。
糖尿病はインスリンの分泌不足や作用の低下で起きますが、
一度発祥すると、完治の難しい病気と言われています。
合併症としての鬱病発祥


何かの病気の治療薬の副作用として、
鬱病が起こる事もあるんですね。
鬱病を発祥させる可能性のある薬は、
抗(向)精神病薬、パーキンソン病治療薬、抗てんかん薬、
抗がん薬、降圧薬、消化性潰瘍治療薬、抗結核薬...
薬の影響で鬱になる場合もある


世代別の鬱

November 22 [Sun], 2009, 23:30
年齢や世代別で、鬱の特徴や原因が異なります。
それぞれに対応するにはそれぞれの知識が必要ですね。
世代別にどういった症状や原因があるか
簡単にまとめてみました。
世代別の鬱


子供の心の病気は、
家庭環境や親子関係の影響を
大きく受けているものがほとんどなんです。
とりわけ母子関係は、
人間関係の基本になるものなんですね。
幼児期までは親子関係が原因


児童期になると、いじめ等の友達との問題、
勉強に関する挫折、教師との関係等が原因で
抑鬱状態になる事があるんです。
思春期から青年期にかけては、
親離れの時期ですね。
就業後は不登校やひきこもりになる


青年期から中年期にかけては、
社会人としてもプライベートにおいても
様々な出来事が起きる時期なんですね。
ミドルエイジ・クライシス(中年期の危機)
という言葉があるように、男性も女性もこの年代には
大きな負担のかかるストレスが多くなるんですね。
ストレスを溜め込み、自分で辛さを抱えてしまう


働き盛りの人の主な生活の場所は職場なんですね。
サラリーマンなら、仕事の上での成功や失敗、
昇進や転勤、単身赴任、リストラによる失職や転職、
社内の人間関係等、様々な出来事うあトラブルが起こるんです。
昇進、リストラ、失業


サラリーマンのとって定年は、
生活そのものが急激に変化する、
とっても大きな出来事になります。
それまで仕事一筋にバリバリ働いてきた人ほど、
喪失感にとらわれて憂鬱な気分になってしまい、
鬱病へと進んでいくパターンも少なくありません。
老化や環境の変化による


鬱病には、物忘れや、
物事に興味を示さなくなる等の症状があります。
それは、認知症の症状と共通する為、
高齢者の場合は認知症と間違われる事があるんですね。
認知症と間違われることが多い


一生の間に鬱病になる割合は、
女性の方が男性の二倍近いと言われているんです。
女性特有のライフサイクルに
女性ホルモンの分泌の変化等の要素が加わり、
鬱病の発症に影響を与えているんですね。
女性の鬱


出産直後の十日ほど、女性ホルモンの変化の影響で、
10〜30%の人が、イライラしたり、
気分が沈む事がありますね。
これを一般的にマタニティー・ブルーといい、
無気力や不安感、集中力の低下等があったりします。
マタニティー・ブルー、子育て、親の介護


心の病気は、身体の病気のように、
目に見える病変が確認できません。
その為、一つ一つの病気の境界線を
はっきりと引く事は簡単ではないんですね。
又、症状の重さ等によって、
病気か、精神的な不調かの判断も難しいんです。
鬱と他の心の病気は関係あるのか?

鬱の治療(休養と薬物療法)

November 21 [Sat], 2009, 13:26
鬱を良くする一番の方法は、
しっかりと休む事と適切な薬を飲む事です。
他にも患者さんに合わせて、
たくさんの治療法があります。
どんな薬があるのか、
どんな治療法があるのか知っておきましょう。
鬱の治療(休養と薬物療法)


心の病気の治療では、
まず、今の辛い状態を引き起こした
最初の原因をつきとめる事が肝心なんです。
その為には、患者さんと病気に関わる情報を、
できるだけ多く、詳しく集めなくてはならないんですね。
診断の始まりは情報収集


心の病気は、原因となったストレスだけでなく、
日々の生活の中のストレスを上手く処理できず、
回復しにくいパターンもあります。
それには、患者さんの性格や考え方が
影響している事も多いんです。
薬以外の治療方法


鬱病の治療は、患者さんや症状によって異なりますが、
全ての人に共通する基本的な治療法が、
「休む事」、休養なんです。
この場合の休養とは、
適度に休むというよりも、
「できる限りしっかりと休む」という事なんですね。
「休む事」が一番の治療法


鬱病を始めとする心の病気には、
残念な事に、まだ偏見や誤解があるんですね。
患者さん自身も悲観したり、
自分を責めたりしがちなんです。
「病気発症」「治療改善」を認識し、人生あせらずゆっくりと


鬱病では、生きているのが辛い、
死んでしまいたい、という絶望感に
おちいる事がめずらしくありません。
むしろ鬱病患者さんはほぼ、
そういう思いに呑み込まれます。
絶対に自殺はしないこと!


鬱に使われる薬の種類と特徴

November 20 [Fri], 2009, 20:06
治療を進めていくなかで、
薬を服用する場合があります。
鬱病を改善する為に
薬についての知識を身に付けましょう。
鬱に使われる薬の種類と特徴


鬱病の治療は、
身体的な治療と精神面での治療の
両方で進めていくんです。
具体的には、休養と薬物、
精神療法の三つが柱となるんです。
薬物療法では「抗鬱薬」を使用します


抗鬱薬の服用量は、症状に関わらず
一定量以上が必要という特徴があるんです。
早い人で数日目から効果が感じられますが、
十分な効き目が見られるのは
二〜三週間後になります。
薬の効き目は二〜三週間後以降


抗鬱薬は、安全性が確認されているものですが、
多少の副作用が出る事もあるんですね。
四種類のうち、副作用が出やすいとされているのが、
三環系抗鬱薬なんです。
副作用が出た場合は医師に相談しましょう


鬱病の薬物治療では、抗鬱薬以外にも、
各種の抗(向)精神病薬が
個々の症状や必要に応じて使われているんです。
これらは場合によって単独で使われる事も、
抗鬱薬と併用される事もあるんですね。
気持ちが不安定な時は気分安定薬を飲もう


ひどく興奮したり、不安やイライラ、
あせりなどの症状が強く出ていたり、
幻想や妄想といった症状も伴う場合に、
抗(向)精神病薬を使う事があるんですね。
この薬は、元々は、
そう病や統合失調症を抑える為のものなんです。
抗(向)精神病薬と抗不安薬


不眠が続く、抗鬱薬の催眠効果だけでは
効果が見られない時に、抗不安薬として使われる
ベンゾジアゼピン系の薬の構造を少し変えて、
催眠効果を高くしたものが、
睡眠薬として併用されるんですね。
眠れない時は睡眠薬


抗鬱薬や、併用するその他の薬の副作用は、
多くの場合、飲み始めてすぐにあらわれるんですね。
薬の効果を感じるより先に、不快感にみまわれる為、
薬の効き目に不安を感じる場合もあるでしょう。
副作用として起こる症状には、
鬱病の身体症状に似ているものもあるんです。
飲み始めの気分の悪さはあまり気にしないように


鬱病の薬物医療法を効果的に進めるには、
まず薬を規則正しく、
決められた量を守ってきちんと飲む事が大切なんですね。
薬は、個々の患者さんの症状や体質に合わせて、
種類や量を調節して処方されているんです。
医師の指示を守り、正しく飲む


お酒やたばこは、薬の効果を低下させたり、
副作用を招く事があるんですね。
特にお酒は、抗鬱薬と一緒に飲むと、
少量でも酩酊状態になってしまう事があるんです。
薬を飲んでいる間は極力お酒は飲まないように


鬱の治療法について

November 19 [Thu], 2009, 8:02
鬱病を治す為に、様々な治療方法があります。
自分に合った、自分に適した治療方法を見つけて
病気と上手く向き合ってみましょう。
鬱の治療法について


どんな病気でも、医師とのコミュニケーションは大事ですが、
鬱病の治療ではとくに、
患者さんの話を聞く事が基本になるんですね。
じっくり話しを聞いてもらっただけでも
気持ちが軽くなるという人もいるんです。
医師との面接は大切な治療のひとつ


患者さんの心構えが整ったら、
具体的に回復に向けての指導を始めましょう(^-^)
しかしこれは命令のようにする事ではありません。
病気には心の問題が関わっている事や、
その問題が性格や考え方、生活環境や習慣に影響されている事を、
患者さん自身が気付くように導いてあげるのです。
解決を見つけ出す手助けをする


精神療法は心理療法とも言われ、
鬱病の治療では、休養、薬とともに
重要なものなんです。
薬物療法では、抑鬱や不安などの
症状をやわらげたり、
取り除く事はできます。
大切な精神療法


精神療法の中で、
もっともポピュラーで基本的なものが、支持療法なんです。
支持療法は、
医師との面接の延長と考えるとよいですね(^^)
この療法では、医師は患者さんの心を探り、
サポート(支持)する事で精神的に立ち直らせ、
回復をはかるんですね。
心の状態を探ってサポートする支持療法


「認知」とは、
ものごとのとらえ方、受け止め方の事ですね。
これにゆがみがある事が、
鬱病の背景にあるという考え方にもとづき、
これを修正していく治療法なんです。
認知療法と対人関係療法


鬱病の症状が、それぞれの患者さんによって異なるように、
治療法にもいろいろなタイプのものがあり、
効き方も違うんですね。
精神療法でも、基本的な支持療法だけでなく、
患者さんに合わせた治療法で、
治療を進めていく事がよくあるんです。
他の精神療法で治療するケースもある


鬱病の発症には、精神的ストレスと、
心身が緊張状態にある事が大きく関わってきますが、
病気になる人は、
緊張状態をとく事ができない傾向があるんですね。
自律訓練法は、一種の自己暗示によって心身の緊張をとき、
弛緩(しかん)状態にする方法を身に付けるものなんです。
自律訓練法で心と体の緊張をとこう


鬱病の症状やタイプによっては、
薬物療法や精神療法以外の
特殊な治療法が行われる事があるんです。
断眠療法は、鬱病の背景に、
睡眠・覚醒リズムなどの毎日の生体リズムの障害が
関係しているという考えが基本になっているんですね。
「眠らない」、「途中で起こす」断眠療法


鬱病の中でも、秋から冬にかけての
日照時間が少なくなる季節に鬱状態になり、
日がのびる春から夏には症状が軽くなるものを、
「季節性感情障害」と言うんです。
太陽光線に当たる時間が減る為にホルモンの分泌や
体温のリズムが乱れる事が原因と考えられています。
高照度光照射治療と電気ショック療法

日常生活で鬱を改善!

November 18 [Wed], 2009, 8:01
日々の生活の中でも、
鬱を改善する為の工夫ができます。
睡眠のリズムを戻したり、
リラックス方法を見つけたり・・・
その具体的な方法の提案です。
日常生活で鬱を改善!


ストレスに対処できず、気分がふさいで心が辛い時や、
自分が心の病気ではないかと思った時は、
一人で解決したりせず、周りの助けを求める事が大切なんですね。
鬱病は、悩みやストレスを一人で抱え込む事が
発症の原因になったり、
治療を遅らせる事につながるんです。
家族・職場に理解してもらおう


会社や職場、産業医企業などが、働く人の健康をサポートする為に、
職場の中に設けている健康管理室などには、
産業医と呼ばれる医師が配置されているんです。
産業医として精神科の医師や
カウンセラーがいるところもあって、
心の不調の相談に乗ってもらえるんですね。
会社や職場、産業医



心の健康を取り戻すには、
休養する事が一番大切なんです。
休養には、体を休める他に、
心の病気になったストレスから離れる
という意味があるんですね。
職場にストレスがあったら仕事を休み、
家庭にあるなら家事や育児をいったん人に代わってもらうなど、
心の緊張がほぐれるような休養をとるのが理想的なんです。
生活のリズムを朝方にしましょう


季節性の鬱病の人は、冬になると症状が悪化し、
春や夏には軽くなるという特徴があるんですね。
これは日照時間に関係していると考えられているんです。
実際に、人工の強い光を当てる治療法(高照度光照射治療)で、
効果も上がっているんです。
つまり、光を浴びると気分が良くなるんですね(^o^)♪
日光を浴びよう!


ストレスがあるとよく眠れないものですが、
睡眠不足もまたストレスをつくり出すんです。
反対に、よく眠る事は
ストレス解消になるんですね(^^)
夜、しっかりと睡眠をとる事は、
日中、休みなく働いていた体や脳を休める為に、
おろそかにできないんです。
安眠できる環境づくりを心がけよう


心地よく眠るには、
精神的な緊張や疲れを
夜までひきずらない事も大切なんです。
仕事が終わったら頭を切り換え、
リラックスモードにしてみましょう(^-^)♪
楽しく夕食をとったり、
ぬるめのお風呂にゆっくり入ったりしましょう♪
ぐっすり眠る為に大切な事


人間は生きている以上、
毎日なんらかのストレスにさらされているんですね。
まして現代はストレス社会と言われ、
毎日の日々がストレスに満ちています。
実際のところ、
ストレスをゼロにする事はできないんです。
ストレスを減らす工夫


ストレスは、、早めに発散する事で、
次のストレスに対処する力が生まれてくるんです。
それには、同じ事をし続けたり、
考え続けるのを避ける事が有効なんですね。
仕事とプライベートにはっきりと区切りをつけ、
趣味でもスポーツでも、
何か自分が熱中できるものを見つけましょう☆
仕事以外で夢中になれる事を探そう


心の病気を遠ざけ、再発を防ぐには、
ストレスを軽くする方法を
身に付ける事が大切なんですね。
ストレスによって心身が緊張した時、
多くの人は自然にそれを解消していくんです。
例えば・・・
自分なりの楽しみを見つけよう♪



心身の緊張をほぐすには、
リラックスが一番なんですね。
普段から、
自分でできるリラックス法を行う習慣を
つけておくようにしましょう♪
リラックス法として知られているものには、
呼吸法やアロマテラピーなどの他、
森林浴や瞑想などがあるんですね。
リラックスしよう☆


鬱病の治療は、一進一退を繰り返しながら、
ゆっくりと回復に向かっていくものなんです。
心の病気は、症状が消えてからも、
薬の服用や精神療法などを続けながら慎重に観察し、
回復しているかどうかを確認していくんですね。
一日も早く以前の生活に戻りたい
という気持ちは分かりますが、
鬱病は再発しやすい病気なんです。
再発防止への心がけ


治療の為に休職をしていた場合は、
まず復職したいという気持ちを伝えましょう。
復帰の時期の見極めは、本人の希望はもちろんですが、
主治医の判断が必要なんですね。
仕事の負担に耐えられるまでに回復したかどうかは、
診察の時だけでなく、
普段の生活ぶりが参考になるんです。
社会復帰にむけて「ちょい慣れ」していこう


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:utsubyouutu
読者になる
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる