脳とこころの因果関係

January 11 [Sat], 2014, 17:35
世界最高峰の医療技術を誇る日本。
これまで完治不可能とさらていた癌を始めとする
4大疾患も研究が進み、医療方法も多岐にわたります。

しかしながら、鬱病などの精神疾患は、解明されていないことも多く、
まだまだ研究の余地ありということは言うまでもありません。

鬱病は、脳の病気なのか?こころの病気なのか?

わたしの個人的な見解ですが、
うつは脳の病気です。


脳内神経伝達物質アドレナリンやセロトニンなどの
バランスが崩れることによる障害だと思います・・

ただ、それを引き起こしている原因はこころにある。

原因=こころ

結果=脳


です。


治療方法としては、市販の漢方薬治療
セロトニンを増加させるサプリメントの処方・・
医師から処方される精神安定剤などあります。

おすすめサイト
うつ病は漢方・サプリメントで症状改善!精神科に通う前にセロトニンを増やす


しかし、根本的な原因であるこころの部分を抜きにして話は
すすめられません。



認知行動療法もあるように、専門医または心理カウンセラーにより
感情の受け止め方発想の整理ストレスの緩和方法
学ぶ必要があると思うわけです。
薬やサプリは一時だけの精神安定なので…

でも心理カウンセリングを受けるにしても課題はあります。
精神科に通っていれば、先生に心理カウンセリングを勧められたり
しますが、仕事をしながら、精神科にも通って、カウンセリングも受けて・・
となると、スケジュール的にも一苦労になります。

そうすると、土日にカウンセリングが殺到するので、
予約をとるのが難しくなるし、そもそも心理カウンセラー自体の
数が不足しています。

満足した鬱病治療を充実させていくためには、国をあげての法整備や
サービスの向上などが求められています。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:happy8795
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/utsu_kokoro354/index1_0.rdf