チェンナイの教育機関

November 21 [Thu], 2013, 19:28
チェンナイには、タミル・ナードゥ州立の学校と私立の学校とがある。私立の学校では主に英語で教育が行われており、州立の学校では州の公用語であるタミル語で教育が行われるものもあるが、英語を用いているものが多い。私立学校は普通、国の機関である後期中等教育中央審議会か、あるいは州の機関であるタミル・ナードゥ州後期中等教育審議会に加入している。また、インド高等学校卒業認定審議会に加入しているものや、モンテッソーリ・システムを採用しているもの、国際バカロレア資格を取得させるものもある。共通テストでは合格率がインド全土で最高である。

主な大学には、以下のようなものがある。

1857年創立のマドラス大学は、市内に3つのキャンパスを持ち、教養学、科学、商学などの幅広い教育を引き受けている総合大学である。市内のカレッジの多くがマドラス大学の傘下に加盟している。以下のようなものがある。
・マドラス基督教大学(Madras Christian College ; 1837年創立)
・マドラス管区大学(Presidency College ; 1840年創立)
・パッチャイヤッパル大学(Pachaiyappa's College ; 1842年創立)
・マドラス医科大学(Madras Medical College ; 1835年創立)
・ヴィヴェーカーナンダ大学(Vivekananda College ; 1948年創立)

また、マドラス大学の以下のカレッジは独自の組織として運営されている。
・基督教女子大学(英語版)(Women's Christian College ; 1915年創立)
・ロヨラ大学(英語版)(Loyola College, Chennai ; 1925年創立)
・国立服飾技術大学(英語版)(National Institute of Fashion Technology ; 1995年創立)
・アジア報道大学(英語版)(Asian College of Journalism ; 2000年創立)
・マドラス社会事業大学(英語版)(Madras School of Social Work ; 1952年創立)

南部郊外には、インド工科大学マドラス校(英語版)が1959年に創立されている。
同じく南部郊外に、1978年に創立されたアンナー大学(英語版)があるが、以下のようなカレッジの合同体である。
・ギンディ工科大学(英語版)(College of Engineering, Guindy ; 1794年創立)
・マドラス理科大学(英語版)(Madras Institute of Technology ; 1949年創立)
・アリャガッパー理科大学(英語版)(Alagappa College of Technology ; 1944年創立)
・建築設計大学(英語版)(School of Architecture and Planning ; 1957年創立)

この他、タミル・ナードゥ州にある工科、理科、建築に関する大学は、おおかたアンナー大学に所属している。また、独立して運営されている大学が他に多数存在する。
・アンベードカル博士法科大学(英語版)は、1891年に創立された。
・マドラス医科大学は1835年に創立された、インドの中でも医科教育の機関としては最も古い部類に入る大学である。
・スタンレー医科大学(英語版)
・キーリュパウク医科大学
・シュリー・ラーマチャンドラ医科大学・研究所(英語版)
・マドラス獣医科大学(英語版)は、1903年に創立された、インド最初の獣医科専門大学である。

1890年に設置されたコンネマラ公共図書館(英語版)は、インドの4つの国立保管センター(英語版)のうちのひとつであり、したがってインドで発行された新聞と図書をすべて保管している。ユネスコの指定情報センターともなっている。
この他に主要な図書館として、セント・ジョージ要塞にあるインド考古調査局図書館や、ラーマクリシュナ僧院図書館、クリシュナムールティ協会図書館などがある。

参照元:ウィキペディア「チェンナイ

[PR]萌えグッズの通販サイト

チェンナイの交通

November 21 [Thu], 2013, 19:25
「南インドの玄関口」として知られるチェンナイは、国内交通のみならず国際交通の重要な集結点である。

○道路
5つの幹線高速国道がコルカタ、バンガルール、ティルッチラーッパッリ、ティルヴァッルール、パーンディッチェーリへと放射状に広がっている。チェンナイ・バスターミナル (Chennai Mofussil Bus Terminus: CMBT) は、数多くの都市間を結ぶ中・長距離バスの終着点となっており、南アジア最大のバスターミナルであると言われる。現在、7つの交通公社が都市間バスを運営しており、その他にも多くの私営のバス会社が都市間・州間バスの終着点として利用している。以前はチェンナイの中心街パリース (Parrys) にあったが、近年西部郊外のコーヤンペードゥ(英語版) (Koyambedu / Coimbedu) に移され、大幅に拡張された。
都市圏内バスは大都市交通公社(英語版)によって運営されている。公社は2773台のバスで375路線の運送を行っており、一日当たり約420万人を運んでいる。郊外では公社の運営ではない小型乗合自動車が数多く運行している。また、「ミニキャブ」(Mini Cabs) という愛称を持つ小型ミニバンの路線運行も都市圏内外で行われている。
タクシーは、空港などの大規模施設からは料金固定制タクシー、その他ではメーター制のタクシーも走っているが、最も多いのはオートリキシャーであり、料金はほとんどの場合、交渉制である。

○鉄道
チェンナイには2つの終着駅がある。一つはインド各地の都市と結ばれている地域最大の終着駅チェンナイ中央駅、もう一つはタミル・ナードゥ州各地を結ぶ鉄道の終着駅であるチェンナイ・エグモア駅(英語版)である。

チェンナイの近郊列車は4路線ある。
・チェンナイ中央駅 ----- アラッコーナム駅 路線
・チェンナイ中央駅 ----- スーッルールペータ駅 路線
・チェンナイ海岸駅 ----- チェンガルパットゥ駅 路線
・チェンナイMRTS(英語版)(高速大量輸送システム: MRTS)

MRTSは高架上の広軌鉄道で、一部は開通しているが建設が進行中であり、完成すれば他の3路線すべてと連絡する予定である。また、地下鉄(英語版)の建設も州政府によって推進されており、現在計画中である。

○空港
チェンナイの南西部郊外に建設されたチェンナイ国際空港は、国内線の重要拠点であるのみならず、国外から南インド各地へ向かう人々のインドへの入り口となる空港である。30以上の航空会社の航空便により、南アジア、東南アジア、中東、欧州、北アメリカの各地のハブ空港と繋がっている。貨物便の発着便数は、国内第2位の規模である。

○港湾
チェンナイはチェンナイ港(英語版)を擁しており、また北隣のティルヴァッルール県にあるエンノール港(英語版)も、チェンナイの港として機能している。チェンナイ港は国内第二の規模であり、自動車や機械類などを総合的に扱っている。一方エンノール港は、石炭や鉱石などの積荷を扱っている、国内第12位の港である。
これとは別に、ローヤプラム(英語版)には、地域の漁民と漁船が利用する漁港がある。

参照元:ウィキペディア「チェンナイ

チェンナイの経済

November 21 [Thu], 2013, 19:23
チェンナイの工業化は、その歴史を16世紀の織物工場にまで遡ることが出来る。現代のチェンナイはインドでも有数の世界都市である。フォーブス誌においては世界で最も成長が早い都市トップ10 (Forbes-Top 10 Fastest Growing Cities in the World) にインドの都市として唯一選出されており[40]、フォーチュン誌が選出するインドの上位500企業もムンバイ、デリー、コルカタに次いで多く所在している。チェンナイを本拠とする24のインド企業の資産は10億USドルを超える。2012年時点で、チェンナイには15のゾーンに34,260の企業が存在しており、そのうち5,196社は500万ルピーを超える払込資本金を持つ。[41] チェンナイには自動車製造やソフトウェアサービス、ハードウェア製造、ヘルスケア、金融サービスといった業種を中心とする様々な産業が根付いている[42]。インド工業連盟(英語版)では2008年、チェンナイの経済は2025年に現在の2.5倍の1,000億ドル規模にまで成長するとの見積りを行っている[43]。
他市に劣らずチェンナイ市は外資の誘致に積極的である。市の郊外には産業振興地域をつくり、ヒュンダイ、フォード日産自動車といった自動車メーカーとその関連企業が進出している。インド最大のタイヤメーカーであるMRFタイヤの本社も同地に所在する。また、IT関連企業の進出もさかんで、最近はノキアが新工場を建設している。

参照元:ウィキペディア「チェンナイ
P R
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/utmzds67/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる