鬼塚が長谷部

May 01 [Mon], 2017, 12:38
引越しが終わってから、ガスを使うための手続きと説明を執り行わなければなりません。でも、ガスはお風呂を筆頭に料理のために必需品なので、成しうる限り引越し当日に済ませないと、新居でお風呂に入る事が不可能になってしまいます。冬は、家で入浴できないときついので、早急に申し込んでおいた方が安心かと思います。



大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、つい、落としてしまったりしないか、などと注目してしまいます。



うっかりぶつけて壊してしまった、なんていう事態になったら困りますので、見た目にも丁寧に荷物を運んでくれる引っ越し業者は信用でき、頼りにしています。引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、これまでのところ、荷物をぞんざいに扱われた経験はありません。
でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、何もかも自分でやろうとがんばるのではなく業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。

全国共通の引っ越し必須グッズがあります。
いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。

簡単に入手できるものばかりですが、業者を通した引っ越しならば、契約成立までにおまけとして、梱包用グッズを持ってきてくれることもあります。

契約の時にたくさんもらえたのに早まって買ってしまったということにならないよう、業者に見積もりを頼む時にはしっかり調べておきたいものです。


引っ越しをすると、どうしても要らないものが出てきます。
こういった物を買い取ってくれるサービスを行なう引っ越し業者があって、引っ張りだこの人気となっています。家電や収納家具、ブランド物のバッグだったりゴルフの道具、それからソファーとかの応接セットなど、引っ越しの時に出てくる不用品の種類は様々です。買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている業者を使うと便利です。そういった業者は、ちゃんとした査定が期待できる上、いろんな種類を受け付けてくれ、どこか他の買取先を探す手間がかかりません。引越しのアートについては、テレビコマーシャルで見て見知っていました。



ドラエモンがイメージキャラクターであったため、子供からの意見で引越しのアートにしようということになりました。

引っ越しのトラックにはどらえもんが書いてあって、子供にとっても引越しが楽しかったようです。料金やサービスにも満足できたので、引越しのアートを選択しみんな喜びました。引越しをする場合、電話の契約変更も必要となります。ですが、固定電話ではなく、携帯電話については、携帯ショップにて住所変更を行うか、オンラインで手続きするかだけのことで、特に工事の必要はありません。


最近では若い人を中心に、固定電話はいらないというパターンがほとんどです。



ドラム式の洗濯機を使用しています。以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。
新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけて引っ越し業者に連絡を入れてみました。
原因は、洗濯機でした。

ホースの中の水が運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないままずっとトラックで運んできてしまいました。


たいした被害にはなりませんでしたが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと今度からはぜひ気を付けたいです。

通常の場合、引越しに追加で費用が掛かる事はございません。しかし、これは、前もって、引っ越し業者が見積もりに来た場合や自己申告した荷物量が正確な場合です。引っ越し業者は、トラックそのものの大きさや作業の時間で引越し料金を出しています。

もしも、それらが大幅に上回る時には、追加で費用が発生するでしょう。

引越しの前の日にしておくことで忘れるとまずいのは、冷蔵庫のたまった水を捨てることです。水抜きができない人は最低でも冷蔵庫のコンセントを抜くと良いでしょう。

当たり前ですが、中身は取り出してください。
それをやらないと、当日冷蔵庫の運搬ができないかもしれません。
引っ越しが完了したら、多くの手続きがあります。

市町村役場でなさるべき事は、住民票・健康保険・印鑑登録etcです。
犬がいるのであれば、それについての登録変更も必要になります。



そして、原動機付自転車の登録変更も市町村でします。全てを一気に行うと、何度も行く手間が省けるでしょう。これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。
「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。

何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。

それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、「まさか」と思い、衝撃を受けました。ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、文句をつけたりはしませんでした。ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。


引越しのときは、使い古したテレビを思いきって処分し、新型の大画面テレビを取り付けました。新居はリビングを大きくつくったので、大きくて鮮明な画面で、テレビが楽しめればいいと思ったからです。
良いテレビにしただけで、リビングの印象が一変し、豪華な雰囲気になって満ち足りた気持ちです。引越しは、自力で頑張る場合と業者にやってもらう場合があります。



結婚していないと、荷物がそんなに多くないため、自分でやっつけてしまうことができます。
業者にお願いしたときにおどろいたことは、積み込みにかかる時間がすごく短いということでした。

下準備だけでなく、二人で作業すると、全く違うなと思いました。

様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、往々にして、引っ越しは一生でも転換期になり得るわけですが、思いもよらないトラブルに巻き込まれることもあっておかしくありません。
引っ越し当日はみんな忙しいのに、仕事が重なってしまったときに何か一つが狂ってしまうと引っ越し全体に関わる問題になってしまうのでくれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。

引っ越しの場合、コンロには気をつけなければなりません。
それは、他の物と同じではなく、ガスの元栓を締めてからでないとできないからです。
他に、ホースや器具に若干のガスが残留していますので、喫煙しないのは勿論の事、部屋の窓等を十分にオープンにして、換気しておくことが好ましいです。



基本的な引っ越しの流れですが、日程など、引っ越しの大まかな内容が決まったところで、いくらぐらいかかるかなどを決めるため、業者に見積もりを出してもらいこちらが納得いく結果を得られたところではじめて今後の作業を依頼することになります。



業者に荷造りを丸投げせず、自分で荷造りする契約であれば段ボールなど梱包材は業者からもらえるので、当日までに終わらせます。当日は、特に取り決めていない限り、流れは全てプロにおまかせとなります。近い距離の引越しの時は、大手の引越しの業者と比較して、地元密着系の引越し業者がより良い場合もあります。


地元密着型の引越し業者は、費用が安くて小さい要望にも対応してくれるところが多いです。



それに、自分で運ぶことができる荷物は自分で済ませてしまって、大型の家具、家電のみ業者に依頼すると、引越し料金を節約できる可能性があります。引越しする日にやることは2つあります。

ひとつめは、退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立会いで部屋のありさまをチェックすることです。ここでひどい汚れや傷の点検をしますが、このチェックが敷金の相殺や別途クリ―ニング費用の徴収に反映されます。

新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。これは業者の立ち合いが不可欠なのです。個々で引っ越しのやり方は異なりますが、近頃では、業者にすべてを任せる形の引っ越しを選ぶ人も増えています。

ですが、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。


仮に業者がそんな荷物を取り扱っている間に傷を作ったり壊したり、といったことになると、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、傷は引っ越しによるもの、と自分でわかっておく必要があります。
賃貸の物件から引っ越す場合には、原状回復が義務になっていますが、しかし入居中に経年劣化することも確かです。
入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用は入居者持ちとなる可能性が非常に大きくなりますが、経年劣化と見なされる日焼けなどは回復義務は生じないことが多いです。

いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが次に住む人のため、そして自分のためなのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayu
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる