みょうがの花 

February 27 [Wed], 2008, 0:37
ウォーキング道路沿いに咲いていました。

忍び足 

February 16 [Sat], 2008, 4:02
今月の大物作業が終了。
とりあえずしばらくまた平和な日々。
でも、やっぱり人に何かを伝えるということは難しい。
新しい社員さんももうすぐ一月。
矛盾を感じてはいないのでしょうか。
私はめちゃくちゃ矛盾を感じていますけど。
あまりお金に頓着しない方ですが、さすがに同じ値段で働いているのが
むなしくなってきました。

まあ所詮自分で選んだ道ですからいいです。
走ることさえできていれば。
今は。

Qちゃん、東京国際走らないようで。
残念ですが、こうなったら目標達成してどこかで一緒に走るしかないです。
名古屋だと今の仕事やめないとダメですが。

週末どこで走るか再考しないといけなくなってきました。
風邪ひかないでいるのに、ちょっと天気と体に嫌われています。

若年男性のクルマ離れ 

February 10 [Sun], 2008, 12:41
↑さすがロータス!破格に安いプライシング!面白い。


最近、若い20代の男性がクルマを買わなくなっているらしい。一方で、20代の女性などは、相変わらずクルマを買っているから、全世代からみても、20代から30代前半の、男がクルマを買わなくなっているらしいのだ。

昔は、働き出してお金も貯まったら、とりあえずローンでも組んでクルマ、というのが男の王道だったのに、変化あり、というのが、自動車メーカーの見方らしい。

実は、私も、いまはクルマを持っていない。数年前は、超高層マンションの地下駐車場にメルセデス、BMW、アストンマーチン君、アルファロメオ君などと並んで、私の愛車も鎮座していたのだが・・・。

実際に、クルマを手放した理由は、何となく飽きてしまったからとしか言いようがない。あと、飽きたらクルマは面倒以外の何者でもなくなる。車検に、洗車に、オイル交換、自動車保険の管理等々。もっと言ってしまうと、かるーくどこかに出かけても、必ず駐車場を見つけなければならなくて、駐車場とかも結構面倒なところが多いし、ぶっちゃけていえば、まるで幼い手のかかる子供を連れて出かけるようなものだ。

それに・・・。

最近は、コンパクトカーや SUV やミニバンなどが流行ってしまっていて、特に、ミニバンあたりに乗っているお父さん達は、スポーツカーや高級車を目の敵にしているフシがある。一昔前なら、、首都高の追い越し車線でメルセデスのSクラスあたりがパッシングすれば普通乗用車は道を譲ったものである。ところが、最近のミニバンやコンパクトカーに乗っているお父さん(らしき)人達は、嫌がらせのごとく道を譲らない。何だか、高級セダンやスポーツカーあたりの神通力もなくなってしまった感がある。

私は、そういう、「無秩序」状態に嫌気が差して、超カッコよかった愛車を下取りに出して、下駄履きがわりにコンパクトカーに変えてしまった。乗れればいいや、と。燃費もいいし、と。

そこで誤算。

やっぱり、クルマって、乗ってて楽しくないと苦痛なだけなんだよなぁ。コンパクトカーは確かに、サンダルがわりにはもってこいなんだけど、何だか、むなしくなってしまって。それで、頃良い時期に手放してしまった。

BMWは趣味ではないが、BMWのキャッチフレーズは、「駆けぬける歓び」。いいところを突いている。

走っている最中のステアリングのレスポンスとか、加速時の(ちょっと古いが)エギゾーストノート。シートを通して伝わってくるタイヤのグリップ感。

そういうのがなければつまらない。

それから、そういう楽しみ方ができる環境がないとだめだ。首都高なんて、いつも渋滞。たとえば、時速200キロなんて平気のヘッチャラで出せる基本性能を持っていても、結局、いっつも、黄色ナンバーの軽ワゴンの後ろを走らなければならない。横を見ると、「子供が乗ってます」マークを付けたミニバンの中で子供連れのファミリーがうじゃうじゃいるわけだ。そこで、考える。

「いったいどこでとばせるんだろうか・・・」。

仕方ないので、深夜の空いている高速に乗り出す。すると、首都高などでは、変な走り屋君達がバトルしていて、見ているだけで危なっかしい。それから、100キロ以上出したら絶対に空中分解するだろうと思われる古いポンコツ(老骨)タクシーが、死にもの狂いで120キロくらい出して走っている。私の愛車は非常に基本性能が高かったので、運転がそれほどうまくない私でも、改造車の走り屋君達を、アクセル一踏みでブチ抜けた。タクシーなども、同様。だけど、別に、バトルするために乗っているわけではないのに、なぜかバトルに巻き込まれる。

本当に仕方ないので、深夜の空いている高速のさらに空いている路線があるので、かなり遠くになるのだが、そこまで遠征して、ようやく『気分よく流せる』わけだ。それはそれは、至福の瞬間の連続なのだが、結局、日本では、そこまでしないと、クルマの楽しみを堪能できない。


絶好の路線にいくまでに、高速代やガソリン代(燃費はかなり悪かった。)などコミコミで往復1万円に近いお金もかかったし、時には、もう少し足を伸ばしたりして、一回に、ガソリンを30リットルや40リットル使うこともあった。


やっぱり、クルマが本当に好きな人間ほど、いまの日本の環境では乗らないのではないか。

20代、30代の男性など、一番クルマが好きな(はずの)人間達がクルマを持たない理由は、たぶん、似たようなものだと思う。


ドイツのアウトバーンなどでは、どんなに速いクルマでも、さらに速いクルマが後ろにきたら、追い越し車線を譲るという。そういうルールがきちんとできているわけだ。文字通り、クルマ文化がすごい成熟していて、みんな、一人ひとりが『気分よく流せる』ために、守るべきマナーはきちんと守っているような気がする。

私が結構イイ車で流しているときに、前を走っているミニバンとかから、タバコのポイ捨てがあったり、(もちろん、そういう悪質なミニバンは、頑固に追い越し車線をブロックし続ける。)果ては、極悪非道の『高速空き缶投げ』する奴もいたり、もう、明らかに嫉妬、嫌がらせに近い行為を受けたことがしばしばある。あと、トラックあたりの『黒煙攻撃』。トラックやダンプなどは、意図的に黒煙だせるから、バックミラーでムカつくほどイイ車を見ると、攻撃するんだろうなぁ。

格差社会とは言うけれど、そういうコンプレックスで固まった人達は、公共の場で、姑息な嫌がらせに走るようだ。


何となく、そういう社会の現状も考えたりすると、クルマなんて持たずに、テクテクと歩いたり、自転車乗っているほうがずっと良いことに気付く。


話が元に戻るが、渋滞してばかりの日本の道路で、いつも考えたのは、次のようなことだ。

『どんなにカネを持っていて、どんなにイイ車を持っていても、こんなにいつも渋滞じゃ、安いボロ車を持っているのと全く差がない』

ということ。日本独特の悪しき平等の良い例だ。当時、良く考えたのが、高速料金を10倍にしてくれないかな、ということ。そうすれば、本当に、高速は高速らしくなると思った。当時の私なら、喜んで出していただろう。


いまは、クルマに関連することであまり神経を使いたくないので、全然持ちたい気も起きない。

ずーっと昔に、二輪にも乗っていたのだが、二輪に関しても、あまりにも空気や道路環境が悪くて、降りてしまった。


日本の自動車メーカーには悪いが、いまは、猫も杓子もクルマ乗りすぎ。それで、本当にコアな顧客層である若い男性に逃げられているという状況。解決策は、やはり、若い男性が求める、『駆け抜ける歓び』とか、『所有する歓び』を何とか取り戻せる環境を整備するしかない。

ちなみに、現在のクルマの売れ筋ナンバーワンは、やはり、サンダル代わりのコンパクトカー。
さらに、最近は、カーシェアリングというような、サンダル代わりに最適なシステムも人気があるらしい。クルマはいまや単なる移動の手段以外の何者でもなくなってしまった。

ますます、クルマ愛好者が離れていく・・・。


昔、安アパートに住んで、BMWに乗っている若者もいた。
そういう若者は、たとえ、ハイオクが1リットル500円になったとしても、乗り続けるだろう。
たぶん、自動車メーカーが最後に頼りにできるのは、そういうユーザー層である。
だから、本当のことをいえば、20代、30代の男性は、絶対に死守しなければいけない顧客層なのだ。
ロイヤルカスタマーを軽んじて、一見の客ばかり大事にしているのが、いまの日本の自動車メーカー。そして、日本の道路行政。

ロイヤルカスタマーを軽んじると、大抵は事業が傾く。

トヨタ、日産、ホンダも、国内では、しばらく業績低迷だろうなぁ。

応援! 

January 20 [Sun], 2008, 13:47
10月も残す所後10日、だんだん寒くなってきます。先週末は野球をやっている息子の
練習試合の応援に行ってきました。結構熱心な父兄の方が多数応援に来ていて盛り上がってたし
試合も良い試合で、面白かったです。
でも試合が、始まってから終るまで約2時間掛かったので
治療中の体には、ちょっとキツイかなって感じでした。

 

January 11 [Fri], 2008, 15:27

川崎洋著「すてきな詩をどうぞ」 (13) 春 「すばらしい海」(牟礼慶子) 

December 22 [Sat], 2007, 13:24
'''川崎洋著「すてきな詩をどうぞ」'''(13)



筑摩書房発行:著者川崎洋 「すてきな詩をどうぞ」より



'''春'''



「すばらしい海」(牟礼慶子)より



(昨日よりつづく)



そして、読む側から言わせて頂くと、はじめ海に重ねて、海の向こうにみえていた愛というものが、いよ



いよ前面にでてくるのを、まのあたりにすることになります。
 
主役登場です。



   無理だろうか



   あなたの胸からも



   あどけない潮騒をききたいのだ



   おあらかしいことだろうか



   私は死ぬまでに一度



   そのひろいふところに溺れるほど揺られてみたいのだ




   心から望むのは



   あなたの海がみかけよりずっと大きなうつわであり



   あふれてもあふれても私をいれる深い盃であるように



   そして私は  あなたの分を十年先まで浸している愛



   愛よりももっと確かにみちてくる潮であるように




この十一行のために、その前の海があったのでした。ここから、「それから」とばかりに、主題が語られ



ている、と、ちょっと溜息をはくような思いです。



これは架空の愛の詩ではない。このような詩が捧げられた相手が、海のように端然とすわっていた。そう



いうすばらしい事実があったのだと思います。



   あなたの胸からも



   あどけない潮騒をききたい



――ほとんどこれはもう殺し文句ですね。



相手のうしろにはるばると広がっている見えない海。でも相手の胸に耳を当てて目をつむると、潮騒が聞



えてくる。そうしたい。それは無理なのでしょうか、と。




(つづく)

常に考えるのは・・・ 

December 13 [Thu], 2007, 7:38
今日は、仕事が終わって、会社の飲み会でした。ほろ酔い気分で帰ってきました。

常に考えるのは、試験までの最終学習メニュー。何度考えても、模試の復習と、○×問題集が中心

になるのかな〜〜。

僕のブログに遊びにみえる方でも何人か合格しそうな人が、自分もあせります。

では、また〜〜

家守奇譚・村田エフェンディ滞土録→梨木香歩 

December 08 [Sat], 2007, 5:29
この二つは違うお話なんだけど、微妙にリンクしとります。

―家守奇譚―

  綿貫さん(HOLICXXXと一緒!!)が亡くなった友人、高堂の家で暮らすことになります。仲裁をする犬・ゴロー、意志のあるサルスベリ、衣がなくて困った河童…高堂の謎で満ちた家で体験する不思議な出来事の数々が、さらりさらりと綴られたおはなし。


―村田エフェンディ滞土録―
  村田さんはトルコへ研究員として渡ります。現地で滞在する家で、人々と鸚鵡(!?)との触れ合い、そして彼の泊っている部屋で起るおかしな出来事が描かれています。



  どっちも不思議系な話。でもとんでもなくおかしなもの達は、この本の中では普通に扱われています。そこがなんだか好き♪ちょっと変ったかんじの話が好きな人は読むべし!!

ジョウビタキのメスも。。 

December 05 [Wed], 2007, 16:15
昨日はジョウビタキの♂のUPでしたので、今日は♀のほうを。。
こちらはオスのように濃い色合いではないですが、シックで秋らしいブラウン系の
やはりとてもオシャレな色合いの鳥さんです。
ヒタキのメスはほんとに眼がクリッとして、表情が可愛らしいですね。



このコも縄張り主張のためでしょうか。。盛んにヒッ!ヒッ!カッ!カッ!と
飛び回っていました。

ショップ情報! 

December 01 [Sat], 2007, 22:28
前回の記事で「あのショップはどこ〜?」なんてご質問があったので・・・。



ヒント!




 



 わんことわんこそば!?



 ダジャレかい!?って怒られそうだわ・・・。
 このダジャレをやりたくて買ってきたなんて言えない・・・(*/∇\*) キャ!






実は写真に載っていたお店は盛岡!
あの時は用があって盛岡まで行ったので、そのついでにお買い物をしたのでした。
2件あるのですが、
 1件目は盛岡の高速を降りた所にあるイオンモール盛岡!
   こちらのイオンモール盛岡さんの中にPET PARADISE(ペットパラダイス)が入っていて、
   わんこの洋服がたくさん!
   かわいいお洋服が多いですね。




 2件目はイオン盛岡南ショッピングセンター!
   こちらは1件目から10分ぐらい南に下がった所にあるショッピングセンターさん。
   写真に撮ったのはこちら!
   ショッピングセンターにホームセンターも一緒にくっついてまして、
   大きなペットショップ、ペットシティーが入ってるんです!
   品揃えは1件目よりも多い!!!
   そして安い!



もし盛岡に行く事があれば寄ってみて下さい!





にほんブログ村(文字をクリック)
      ↓
   ミニ情報でした! ワンクリック!!!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:utesfu661
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像花鳥風月
» みょうがの花 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» みょうがの花 (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» みょうがの花 (2008年10月12日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» みょうがの花 (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» みょうがの花 (2008年10月07日)
アイコン画像はにまる
» みょうがの花 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» みょうがの花 (2008年10月01日)
アイコン画像RAOSU
» みょうがの花 (2008年09月30日)
アイコン画像ikumi
» みょうがの花 (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» みょうがの花 (2008年09月21日)
Yapme!一覧
読者になる