日記。親友との縁を閉じて3年経ったなって。 

2016年02月24日(水) 22時27分
感情の整理というか、感情を外に出す儀式というか

たまにこうやって文章に書いてみたくなったりする



3年前、わたしは唯一だった親友との縁を自分から閉じてしまった

その頃から、どうやって生きるのか、何のために東京にいるのか

何を目標に仕事をしているのか

分からなくなったんだと思う



縁を繋ぎ直す機会は何度もあったのに

向こうはもうわたしを許していて連絡を取ろうとしてくれたのに

そんなこと全部わかっていたんだけど

許せなくて、見限りを付けると決めた自分の意思を貫いた

そうすることが自分にとって最善だと確信していたから

もう傷つかなくて済むんだ、振り回されなくて済むんだって。



あの子は病気だから、長く生きられないかもしれない。

疎遠になって3年。きっともう、このまま会うことも無いのかもしれない。

ご家族の方も共通の知り合いも、わたしのことを知っているから

もしもあの子になにかあれば、きっと、ううん、、もしかしたら、

わたしのところまで連絡が来るかもしれない

そんな日が来ることを心のどこかで怖いと思って、このままでいいのかよく悩むこともあったけど

今は、連絡もなく、知らずにこの世からいなくなってしまうことが怖い

そして、もう一度言葉を交わす努力をしなかったことを後悔するんじゃないかってことが怖い

ううん、怖いというより、痛いって言葉のほうが近い。



今どうしているのか、SNSを探して知ることだって出来るだろうけど

3年という月日は、逃避するに十分すぎる時間だったみたいで

興味も、怖さも、感情も、すぐ呼び戻せないくらい離れてしまっている

わたしの「ただの意地」が、絶対に後悔しないって決めたことが

わたしの足を止めて、先に進めなくしてしまっている

自分で決めたから後悔しないって自信、楽になれるっていう逃避したい気持ち、

すごく悩んで決めたことなのに、後悔しないって決めたことなのに、

あの日から、わたしの感情はどんどん時間を失っていく



これからどうすればいいのかを考えるとき、

やり残したこととしてどこかにひっかかっていて、どうしても先のことを考えられない

今、ようやく向き合えるようになったなって思える程

感情が無くなっていて、もう向き合わなくていいことになってしまったかのように思う



許しを乞うメールに返事をしなかったこと、

怒らせたメールにも、相手がもがいてどうしようもなくてぶつけて来た言葉も

見なかったことにして、全部閉じて静かになるのを待った



もしかしたら、「無」になるということを

ちゃんと想像出来てなかっただけなのかもしれない




わたしさえちゃんと向き合っていれば・・

許すのは尊いことだけど、今、もう、何を許せなかったのか覚えていない

願わくば、治せない病気と向き合うことや不安を取り除く助けになること、

あの時、どうしようもなく弱っていたわたしには出来なかったこと

もし叶うなら、仲を違える前の、もっと前の、、

出会った頃のように、もう一度、今度は、ちゃんと理解して、許して、

あの日、あの頃できなかった選択を、言葉を、向き合えなかった最後の喧嘩も、

・・・取り戻したい。

やり直せなくて良い。全部起こったこと、自分の罪はそのままでいい。。



自分で選んだことが、間違えていたことをやっと分かったからかな。

親友だなんてお互いに自覚して、喧嘩も出来て、重すぎる話も出来て

それも学生時代からの縁だなんて、、自分の身体の一部がずっと無くなっているような感覚に近いくらい

何か足りない感じになってしまう。



もし今これを読むあなたが、

友達や親友、恋人や家族、誰かと縁を切りたいとか、そうすれば楽になれるって考えているのなら、

それは間違いだよって、わたしは言いたい。

考えることからも離れられないし、一時感情は落ち着いたとしても、

なんともいえない感情がずっと胸に残るから。


大切だと言える人のことは、素直に、ずっと大切にしてください。

許せなくても、許せる日が来ると信じて、許してください。



わたしは、3年経ったって言っても、まだ3年かって、実はちょっと思ってるのね

何もしないか、何かアクションするかはわたし次第で、いつでも出来る

前向きに、取り戻せるとしたらってことを、検討しても良いくらい時間が経った。

痛みももうない。

前向きに、、それを含めてなら、これからどうしていくのか、どう生きるのか、

どうしたいのかが見えてくる気がする。



いつでも、何でも出来る。わたしさえ望めば。

また痛くても、その痛みと引き換えに何かは得られると思う。

今も動けないでいて、そうやって何かどうしようもない感情を抑えていて

時間だけが経った。



拒絶されることは怖くない。

わたしの知らないところで世界から居なくなっていて、

時間を取り戻すことを出来なくなるのが怖い。

傷つきたくなったら、動いてみようって感じだけど、

そう思うことで、少し気持ちが和らぐように思えるから、そう思おうと思う。

正直に書くと、また話がしたいんだなって、懐かしいんだなって、思う。

わたしに必要な人だったんだなって、ようやく思えてる

気付くのがちょっと遅かったんじゃないかなって、皆そう思うよね。


まず、感謝を。

そしてできるなら、また話がしたいね。

思い通りにならないメール 

2013年10月11日(金) 2時01分
どれだけシミュレーションしても
思い通りにならない

高圧的なメールに
何て返せば立ち場を返せるのか

伺いメールに
返信なんてするんじゃなかった

二年間も避けてきたのに
返信せずにいたのに

また傷つけられるのなら
関わらなければよかった

そんなふうにマイナスを並べたメールなんて
送りたくもない

自分の思うことばかり書いて
私に押し付けてばかりで
自分では実現出来ないから
どうしたらいいかなんて
聞かれても、
頼まずに私が動くように、
仕向けているのが分かるから、
何もしたくない。

自分のことは自分でやって下さいと
言うことすらやりたくない。
頼まれていないのに動きたくない。
頼まれてもきっと、動きたくない。

それでは片付かないし、
さらに現状が悪くなる

私はどうしたいんだろう

どうシミュレーションしても
思い通りにならない

良い案が思い浮かばない

何て返せば
どんなふうにメールを組み立てれば
私はあの人に勝てるんだろう

111010 

2011年10月11日(火) 1時39分
逃 げ た い
逃 れ た い
遠 く に
ゆ き た い

5月の鬱 

2011年05月12日(木) 2時11分
だめだ、鬱には勝てない。

善人は利用されるだけ。

それが最近になって分かったからといって、

対処法まで心得た訳じゃない。

役に立ちたい、助けたいという良心を絡めとられると、

どうにも逃れられない。

何もしてあげたくないのに。

今すぐ縁を切りたいくらいの苛立が消えない。

心配させて、側に置いて、利用されるだけ。

病気を言い訳にされるとどうしようもない。

つまりは、また釣られた。

生死にかかわるなんてこと、見なかったことに出来る訳がない。

本当に深刻な病気なのだから。

だからこんなにも腹立たしい。

病気でさえなければ、対等に言い争うことも出来たし、

何が不満なのか突きつけて、気の済むまで討論してもかまわなかった。

思い違いに気付いたり、ささいなことですれ違わなくて済んでいたのに。

もう解放して下さい。

いつまで我慢し続ければいいのですか。

当たり散らすためにただ居るようなもの。

精神を心配して、少しもマイナスになることが言えない。

言いなりでしかないこの状態がどれだけのストレスか考えもしないだろう。

わたしはただ感謝の言葉と誠意が欲しいだけ。

もう本当に解放してください。

月は嫌いだ・・・ 

2010年09月22日(水) 0時22分
月は嫌いだ
嫌な思い出しかない

裏切るなど、出来ない 

2010年07月13日(火) 0時30分
ヒトはいつ、「見限りをつけるのか」
それに興味があると話すのを聴きながら、
僕もいつ、見限りをつけるのだろうかと思っていた。
離れたい。逃れたい。解放されたい。
何年も重ねられた繋がりを一瞬で絶つのは難しい。
いつも内側では裏切り続けているのに、
正反対の態度を示して取り繕ってばかりいる。
いつまで持つのだろう。
残酷な言葉を準備している僕を、
君は知っているのか、また、知らずに言うのか、
たった一言で引き止める。
振り返らないのを良心が許さないと知っていて、
見捨てられないと思わせるような弱みを見せる。
不幸を並べて、足枷を繋ぐ。
何も知らないような目をして、
否、全て計算された単純な回路で僕をつなぎ止める。
お願い。解放して。
僕を大切に思うなら、
どうか、僕の自由を、返して下さい。
残酷な僕を、手放してください。
裏切りを秘める僕を、どうか解放して下さい。

戒め 

2010年04月11日(日) 16時45分
器のあるやつは
万人を受け入れ
万人に優劣を付けたりなんかしない

かけひきなんてしたくない 

2009年06月28日(日) 23時32分
かけひきなんてしたくない
想いは同じだと互いに知ったのだから
もう少し楽にさせてよ

久しぶり 

2009年06月26日(金) 1時19分
まだ、在ったんだねここ。

消したつもりでいたけれど

消えてなかった。

わたしの頭の中と同じ。

1と100の選択 

2006年03月01日(水) 2時11分
たった1つだけの唯一を取るか…
100を取るか…
わたしにはその選択が出来ない…
たった唯一を選ぶなら100は消える…
100を取れば…1が消える…
確実な唯一の安定と…数…
選ぶのは苦しい
だけど
選ばなければ
どちらも崩れてしまう…
1と100
お互いがお互いに衝突するものだから
どちらかに行かなければならない…
1と100がつり合うなんて…
想像もしなかった…
1の中に100があれば
わたしは迷わずに1を取るのに…
最新コメント
アイコン画像月凪秋桜志
» 距離が遠ければ 心も遠くなる… (2005年10月20日)
アイコン画像えりっち
» 距離が遠ければ 心も遠くなる… (2005年10月18日)
アイコン画像月凪秋桜志
» 距離が遠ければ 心も遠くなる… (2005年10月09日)
アイコン画像
» 距離が遠ければ 心も遠くなる… (2005年10月08日)
アイコン画像月凪秋桜志
» それでもあの時の一瞬は永遠にここに有り続ける… (2005年08月31日)
アイコン画像Joyma (hira3)
» それでもあの時の一瞬は永遠にここに有り続ける… (2005年07月04日)
アイコン画像月凪秋桜志
» だから有難う。日記。。。 (2005年06月20日)
アイコン画像月凪秋桜志
» だから有難う。日記。。。 (2005年06月20日)
アイコン画像汐。
» だから有難う。日記。。。 (2005年06月15日)
アイコン画像happy-style
» だから有難う。日記。。。 (2005年06月09日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:utakataspace
読者になる
Yapme!一覧
読者になる