氷の欠片
2010.01.15 [Fri] 22:06

水溜りの氷が割れているよ。
見ただけで寒さが増し、冷たくなった指先はもっと冷たく…

寒い季節になったものだなー
会社の前の駐車場は前にマンションが立ち、日陰気味だ。
午前中には多少お日様も差し、氷も解けているかな、なんて思っていても、
この寒さの中では氷の厚さは増すばかりであり、解ける気配は全く無い。

寒くなったな…。
とても寒くなった、特に懐が(苦笑)
給料日前には財布の中身は小銭ばかりでふくらみ、紙系の現金が懐かしく。
たぶん、そこらあたりで遊んでいる、お子様達のほうがお年玉でガッポリ稼ぎお金持ちかもしれないなんて、
ふと、通りすがりの子供をみて思う。

この頃のお年玉の相場の高さに驚いてしまった。
ちょっとした、大人の飲み代よりも高いなんて、なんて贅沢三昧なのだろう。
私もこの時期だけはお子様に戻り、棚から牡丹餅の親戚の挨拶周りをしたいものだ。
 

米がなーい!!
2010.01.14 [Thu] 23:32

大嫌いな請求書(改)を作り、疲れはて帰ってきた。
今日は卵かけご飯とかお茶漬けでいいかなってそんな気分だったが。。。

ちょっとまて!あなたは休みなんだから、米くらい炊ける時間あったでしょ?

そんな事を思いながら、寒々しいスーパーに連れて行かれる。
はっきり行って、コンビニもスーパーでの弁当もあんまり好かん。
米だけあればいいのに、納豆とか豆腐を好んで食べているんだから(怒)

特に深々と冷えている夜の晩に、何故こんなところにこなければいけないのかと憤りを感じてしまう。
という文句を一通り言う。
別に何か作ってくれとは言わないので、いいから米焚けよ!
空気読め!帰りが遅い場合いつも嫌がっているでしょ!真面目に空気よめ!
ふて腐れてスーパーに向かい、みなイマイチに見えてしまい、何かをチョイスしようがない。
気に入ったものは、紅茶くらいかな。

ちょっと私とパートナーの食生活についての愛称は非常に悪い。



お菓子聖人のパートナーに食生活について、語り合っても無駄な時間が過ぎるだけだ。
なんであんなにスナック菓子ばかり食べるのか、とても不思議でならない。
寒くなってくると余り撮れるものがなくなってくる。
花のスイセンももう少し後だし、精々鉢植えで咲いているシクラメンくらい。
とてもつまらないな。
続きを読む…
 

寒さに負ける
2010.01.13 [Wed] 22:43

今日はすこし早く家を出て、気分転換を計ろうかなと。
布団の中にてぬくぬくしながら思っていたが、布団から出て1階の部屋へ行った途端に
急いでエアコンのスイッチを入れ、処方箋を飲み布団へ逆戻り。
こんなに寒い日にふらふらしてしたら、凍傷になってしまうかもしれない。
そんな事を思うほどの寒さだ。
気分転換失敗するまえにくじけてしまった。


まだ温くもりの残る布団へ戻った途端、眠気が戻ってきてうつらうつらしていた。
そんな中で夢を見ていた。
以前も書いたがうつらうつらの夢の中の自分は、何故か変形自体に変わっていて、誰か分からない位に美化されている。
年齢不詳というくらい年も定まっていないし、そのシチュエーションに合わせて、ある程度の年齢設定している様子。
何故これほど美化されているのか不思議だが、その美化されているお陰で、夢の中ではとても素晴らしい設定かつ、オイシイ思いをしているのだ。
日頃役にも経ってない頭脳の想像力はこんな時にだけ発揮され、ある意味日進月歩している。

せめて夢の中くらいはいい。←(自己解決)

物語の展開も色々あり、この頃は調子がよいお陰で、楽しい夢が多くなってきた。
今までのどうでもよい悪夢よ、さようなら。
私は楽しく、オイシイハーレムの、或いはふわふわしている夢だけでいいのだ。
どこまでもどこまでも、自分の思うまま自由気ままにしている、せめて夢の中では・・・。
続きを読む…
 

思いがけない
2010.01.12 [Tue] 23:14

仕事の帰りがけに食べたカレー。
サーモンチーズカレーとやらは、まずまず美味しかった。

本日絶好調にて有頂天になり、調子に乗っていたら、なにやら顰蹙を買ってしまったようだ。
たまにはご機嫌の日があってもいいじゃない!いいじゃーん!!

なんちゃって。
とにかく近づくなオーラが出ていても近づしくじけるものか!

精神的面が重視されているので、あっさりした付き合いは難しいな。
そこが、ここの会社の特徴だろうとも思える。
続きを読む…
 

鶏肉
2010.01.11 [Mon] 23:31

贈り物最後の鶏肉を食べた。
前回ちょいとイマイチの味だったことが判明したので、薬味を変えてみた。
ショウガとにんにく、そしてお酢と濃い口醤油にて味付け。
茗荷や葱も入れたかったが、買い物をし忘れてしまった。
なんだか焼肉のたれのようなたれが完成し、すこしの間付けてから食す。
大変結構おいしゅうございました。
しかし、この後。

……既に胃もたれして、早速胃腸薬を飲んで対処しとります。

それにしても、やはり三大地鳥なのに育て方の違いでこんなに味が違うのかと。
頂き物なのにまだぶうぶう文句を言ってる自分は、かなり始末に終えないかも(笑)
今度こそは自分で購入し、思う存分鶏肉三昧したいと思っている。
初めて食べたときには、これ本当に生食していいのかビクビクしていたのに、
いつの間にか大好物となり、味の違いまで熱く語っている。


パートナーの実家は、とてもとても田舎だ。
そして日本だけれども、あまりにもモノ自体の単語が違うので通訳が居ないと意味が分からない。
バリバリの方言を使われてしまう。
分かる単語はちょっとだけであり、たぶんきっとこんな感じの意味だと解釈して答えれば、
全く的違いな答えをしてしまっている場合がある。
今でも納得がいかない台詞は「だからよー」だ。
私としては、「だから」の後の台詞をずっと待っているのに、「だからよー」にて終結されてしまう。

だから、「だから」の後はなんなのさ!

あちらの方言に慣れないうちは、こんな事をよく思っていた。
今は全く私は行ってないので、懐かしいと思いつつも「行かない」宣言してある。
どうしても触れては行けない部分『逆鱗』に触れられ、私は激怒してしまった。
知っていても正直放っておいてほしいところ。
この事については、強靭な意志を貫こうとしているのだが、葬祭部分だけはどうしようか迷いつつ
現在のところでは何があっても、知らん顔をして意思を貫いている。
続きを読む…