お誕生日 

April 07 [Wed], 2010, 0:06
うちのやんちゃな次男坊が土曜日に2歳になりました

ロアが2歳の時よりよく言葉が出ているし
行動も大胆で、目が離せないのだけど
何となく精神的に「赤ちゃん」っぽさが抜けていない気がする次男。

自己主張が激しいのは、今は「魔の二歳」だから強調されているのか
それとも彼の性格なのか まだ判りかねています。
身体は小さくても気は強く、やられたらしっかりやり返す
兄を泣かせる事も珍しくありません。
しかも逃げ足も速く、要領がいい。

全力で走り、跳び、全力で転び、ぶつかり、全力で泣く、
そんなヒナにヒヤヒヤしたり、驚かされたり、笑わされたりの2年間。
とにかく、今年も元気にお誕生日を迎えられて感謝です。

相変わらずパーティーはせず、家族でお祝いしただけですが
パパ・ママ共同作業でケーキを用意しました。(一応、恐竜)


日本の妹からチロルのDECOチョコが送られてきたので

この二年間可愛がってくれた(迷惑掛けた?)人たちに配りました。

ヒナちゃん、これからもいっぱい皆を笑わせてください。

今月末に、1年半ぶりに子供達と私の3人で日本へ帰省します。
ロアは近所の幼稚園に短期入園するので
どの位日本語、日本語文化を身につけるか楽しみ。

じぃじ、ばぁばはどの様なわんぱく坊主たちが来るのか
楽しみでもあり、心配でもあるようです。

クリスマス・ストッキング 

December 23 [Wed], 2009, 22:26
明日はクリスマス・イブです。

今日ハワイのグランマからパッケージが届きました。
先週に一個届いていたので、2個目。
子供達に隠れて開けてみたら、グランマ手縫いのヒナ用のストッキング(クリスマスの靴下)が入っていました。
ロアのは2年位前に貰っていたので、ヒナのはいつかな〜と密かに待ってたので嬉しい
可愛いので写真アップします。

ロアのストッキング


ヒナのストッキング。ハワイアン・サンタ。


Mahalo Nui Loa グランマ。

ニューヨーク 

November 28 [Sat], 2009, 8:32


11月の半ば、3泊4日でNYへ行ってきました。
息子二人、私と私のママ友達という不思議な組み合わせで。
ママ友の娘っち(ロアの同級生)はお留守番。

アメリカに住んで10数年。初めてのNYC。
目的は、観光・・・では無く、SMAPの慎吾くんのミュージカルを観に行く事。
(知らなかった人、 私かなりの慎吾ファンなのです
友達はミュージカルの間、ロアとヒナをBabysitしてくれるというありがたいお供。

まずは3歳と1歳半の二人を連れての飛行機でどうなるかと心配しましたが
さすが飛行機大好きな男の子。
乗るまでは「飛行機、飛行機」と大興奮。
乗ってしまえば(午後4時頃だったので昼寝の時間と重なり)
離陸とともに二人とも熟睡。 
持っていったおもちゃや本は殆ど不要でした。
シカゴで一旦乗り換え。空港で夕ご飯を食べてから乗った2便目でもまた眠ってくれました。

起きている時でも、なかなかいい子で特にロアの成長を感じました。
シートベルトをしなくちゃいけないと言うときちんとベルトをして座っていたり、
前のシートを蹴ってはダメと言うとすぐ止めたり。 

ヒナは・・・前後の人にやたらと愛想良く Hi と声を掛けまくりでした
(優しい人たちでちゃんと相手をしてくれて、恐縮)


一日目。
雨の中出かける。 地下鉄でUptownへ。 
ベビーカーで地下鉄に乗るには大人二人居れば何とかなったものの、大変。
まずホテル近くの駅ではエレベーターが無かった。
そしてベビーカーと一緒に通れる改札出口がなかなか見つからず
色んな人に尋ねてやっと車椅子用の出口で改札を出ました。

私がミュージカルを観ている間、友達と子供たちはF.A.O.Schwarz(おもちゃ屋さん)へ。
土曜日だったので大混雑だったそうで、二人の世話で友達は疲労困憊。
でも二人はおもちゃも買ってもらい楽しかった様子です。ホントにご苦労様でした
(お友達の努力の結晶の写真。)

(真剣に遊ぶロア。 迷子防止のひも付きリュックを着けたヒナ)


二日目も午後から観劇予定だったので、午前中は友達と別行動。
子連れで地下鉄は諦め、タクシーで劇場近くのSOHOエリアまで行きました。
日系スーパーでおにぎりやパンなど買い込み、徒歩で劇場、その隣の公園へ。
公園は日曜日で思ったより沢山の人。
ベンチでランチを食べていたら、リスが隣のおじさんの膝に乗ってナッツをおねだりし始めました。
するとロアとヒナもおじさんの近くへ行き、それをじ〜〜っと見つめる。
NYは失礼な人が多いと聞いていたので、ドキドキしていたら
おじさんが「君達もあげたいの?」とナッツを少し分けてくれました(ホッ


夜、観劇後は同行の友達のNY在住友人ご夫妻の招待で居酒屋風のレストラン。
ユタには無い「本格的な日本の味」が満載で感動しっぱなし。
それも悲しいかな、子連れではゆっくり味わう事はほぼ不可能。
何とかバタバタと食し、私とチビ二人は早めに失礼しました。

三日目(最終日)は、よい天気に恵まれ、やっぱりNYCに来たのだから
少しは「NYらしい所」を見て帰ろうと タイムズスクエアへ行く事にしました。
(ここまで、自由の女神もエンパイア・ステート・ビルディングもウォール街も
ワールド・トレード・センター跡地もな〜〜んにも見ていません)

その前に、ユタにはやはり無いのでタイムズ・スクエア近くの
「紀伊国屋書店」でお買い物。
そして書店の二階にあるカフェでおにぎりやお弁当を買ってランチ。
一年ぶりのモンブランも味わいました
(NYで日本のものが手に入る喜びの方が大きい、海外田舎在住者。)

そしていよいよ(?)タイムズ・スクエアへ。
看板など、全てがでっかい。 この点は、ラスベガスのストリップに似てるかも。
子供達は(観光用)二階建てバスが何台も通るのにやたら興奮。
(二階建てバスの実物を見たのは初めてなので・・・)
乗りたい、乗りたい!と言うのを「又ね(いつ?)」と誤魔化し進む。
ちょっとNY土産を買って、ロックフェラー・プラザまで歩き
そろそろ出発の時間になったので、タクシーでホテルまで戻りました。

帰りはNY〜デンバー(コロラド州)、デンバー〜ソルトレイクシティの2便。
デンバーまでの飛行機で子供達が元気で、絵本、DVD、お菓子、色々活躍。
機内で二人の相手して疲れがドッと来たけど、ソルトレイクに着く前には二人とも熟睡。


NYはベーグルの種類も豊富で美味しいということだったのに
ラガーディア空港で出発前にベーグルを買ったとき、
「あ、これ初NYのベーグル」と気づく。
ベーグルさえちゃんと買えなかった、NYの旅。

でも無事に目的(ミュージカル観劇)は果たせたし、
子供達も迷子にならず、病気もせず無事行って帰ってこられて文句なし。
一緒に行ってくれた友達にも本当に感謝しています。

放ったらかしです。。。 

September 30 [Wed], 2009, 1:43
長期間放置しておいていきなりの記事がニュースの話題です。

今日ニュースで子供達の好きな絵本の作者さんが亡くなったと読みました。


(以下、9月29日www.asahi.comより)
絵本「だるまさん」作者、かがくい ひろしさん死去

 かがくい ひろしさん(絵本作家、本名加岳井広)が28日、膵臓(すいぞう)がんで死去、54歳。通夜は10月1日午後6時、葬儀は2日午前10時30分から千葉県松戸市串崎新田63の1の松戸市斎場で。喪主は妻久美子さん。

 「おもちのきもち」で講談社絵本新人賞を受け05年にデビュー。代表作「だるまさん」シリーズは3冊合わせて50万部を超えた。


シリーズもっと増えるのかなと思っていたのに本当に残念です。
「だるまさん」シリーズは最初の1冊いとこからもらったのですが、
とっても可愛い(ちょっと不気味な?)面白い絵本で、残りもそろえました。
子供達はケラケラ笑いながらだるまさんの真似をしたり、読む私も大好きです。

ご冥福をお祈りします。


さて、私の毎日。
さすがに3歳と1歳半の男の子二人を一日世話していると、疲れます。。。
最近は、叩いたり押したり泣いたり、兄弟げんかも激化。 
「こらぁ〜!」と駆けつける方も忙しい毎日です。

最近ヒナがはまっているのは「となりのトトロ」。
私も久しぶりに見たけど相変わらず可愛く楽しい映画です。
「ととよ〜、ととよ〜」とDVDケースを持ってくるヒナも可愛い(親ばか)。

しかし、そのヒナもすでに「魔の二歳児」を感じさせる言動が増えています。
何でも「NO
気に入らないと物を投げる、ご飯は自分で食べたいけど
巧く行かないと突然不機嫌になりお皿や食べ物を投げる。
自我が出てきて自立心が育っているのは分かるけど
相手をするには忍耐を要します。

ロアは相変わらず保育を楽しんでいます。
先生によるとこの頃は男の子と女の子の遊びが違ってきて
自然に男の子のグループ、女の子のグループに分かれているそう。
迎えに行くとお友達と追いかけっこしたり転げまわったり
激しくでもとても楽しそうに遊んでいます。

おトイレの方は・・・一年以上やっているのにまだまだです。
パンツに出たら言える、連れて行けば(小は)出る。
だけど自分からは行きません。
こちらも忍耐、忍耐。

でもヒナのオムツ換えの時や片付けなど助けてくれるお兄ちゃんです。

二人同時に寝てくれたらやっと私の時間〜〜

初ペット 

June 13 [Sat], 2009, 3:05
日本、ハワイで水族館に行ってから魚・海の生物が大好きになったロア。
今日、ロアの誕生日プレゼントという感じで、観賞魚(ベータ)を一匹買いました。


日本語保育のお家に一匹、お隣に2匹居て
行く度に「さかな、さかな」と見たがっていた同じ種類。

こんなぼーっとした(笑)のでも、一応「魚」。 大喜びです。 
帰って早速「「魚、ごはん食べるの〜」と張り切ってえさをあげていました。

とんでもなく久しぶり 

June 07 [Sun], 2009, 12:49
なんだかんだと放置し続け、もうすぐ一年になるところでした。
過去を遡って記事を書くのも大変なので今の事からまたぼちぼちと書きます。

ヒナは一歳と2ヶ月。
9ヵ月半から歩き出し、今では椅子などにも登るようになりました。
「バイバイ」「わんわん」などの言葉が出て、成長を感じます。
「ちょうだい」(と聴こえる)言葉も発して色々とせがんでうるさいくらい(苦笑)

じっとしていることは殆どなく、ロアの後を追いかけて走り回ったり、
おもちゃの取り合いをしたり、色々引っ張りまわして遊んだり、何かと忙しい子に育っています。
つい先日は公園であっという間に水溜りに駆け込み、すってんコロリン。
頭からつま先まで泥んこになってしまいました


基本的に
ロア = おっとりマイペース。
ヒナ = ちょこまか常に動いている。

と言うイメージ。
ママ友だちにも「ロアくんとは性格が全然違うね〜。」と言われます。
でも、とーーっても泣き虫でママっ子。

一歳のお誕生日。
ケーキをぐちゃぐちゃにした後です。



ロアはもうすぐ3歳。
今の課題はトイレトレーニング。
実際は去年から始めているものの、11月に日本へ、そして2月にマウイへ帰り
その度に後退(停滞)してしまい、ダラダラ続けて今に至る・・・。

去年の夏から続いている日本語保育も楽しんで行っています。
お陰で日本語はどんどん増えて会話も出来るようになり面白い。
最近はよく童謡などの歌を歌ってくれます。

家では↓の写真のようにミニカーとレゴで妄想の世界に入り、よく遊んでくれて母は助かります。
(ヒナゴジラがやってきてよく破壊され、怒って泣きますが・・・)


消防車、救急車、パトカーなど緊急自動車も大好きです。


とりあえず、元気に2人とも成長中。
親は疲れ気味ですが、何とか楽しみながら(少し悩みながら)育児を続けています。


こうやって見たらやっぱりどこか似ている?

いとまきまき 

August 14 [Thu], 2008, 13:57
ロアは、以前から音楽にあわせてよく踊ってましたが
週二回の保育でお遊戯するからか、最近ますます楽しそう。




これはお友達に借りた「アンパンマン」のDVDバージョンの「いとまきまき」。
まだ他の子ども達のように「アンパンマン」に心は奪われていませんが、
この後4回くらい「いとまきまき」の部分だけリピートさせられました。

2歳 

July 12 [Sat], 2008, 14:29
すっかり更新が滞っていました。

先月末でロアちが2歳になりました、 ので久々に更新。


ロアは先月から、日本人の元保育士さんの開いている
保育園もどきに週2日行っています。
1回2時間だけですが、同じ位の年齢の日本人の子ども達5,6人と
水遊びや砂遊びをしたり、お歌を歌ったりしているみたいです。
初めの1,2回は置いていこうとすると泣いたけど
今はすっかり慣れて、自分からさっさと中に入って行きます。
ちょっとずつ、成長してるロアくんです。

(実はこの2時間、私にも結構貴重な時間だったりします。
買い物や銀行へ行ったり、家でのんびりしたり。)


今年は、次男のひな(3ヶ月)にまだ手が掛かるので
お誕生日会はしませんでした。

でも、誕生日の前々日には、動物園へお友達と行って
(ロアは左から2人目)


前日には家族でDiscovery Centerという子どもミュージアムへ行きました。

やっぱり大好きなのは車。



そして、当日は家族だけでケーキを食べました。
ひなは見るだけ。


プレゼントを兼ねて、ケーキの(手抜き)デコレーションにトラックを乗せたら
ケーキには殆ど手を付けず、トラックでさっさと遊び始めてしまいました。



元気に育って、毎日何かと笑わせてくれるロアに感謝、
ロアに愛情を注いでくれる人たちがいっぱい居ることに
感謝の2nd Birthdayでした。

なんとかやってます 

May 05 [Mon], 2008, 23:34
ひなが産まれて一ヶ月、母が日本へ帰って1週間ちょっと経った。
昼間はまだペースが掴めず、家の中のことは結構手付かず。
ひなは、抱っこしていないとすごい声で泣く。
とうとうスリングを買って、抱っこして少し家事をするようになった。

母が帰る前、私自身がとても元気だったので、
一人になったら二人を連れて出掛けるのは大変だから
母の居るうちにと思ってあちこち出かけた。

ロアは、初乗馬(ポニーだけど)も体験。

乗る時は嫌がって降りようとしたけど、歩き始めたら楽しそうに乗っていた。

ひなはほっぺがまん丸になってきたけど
まだロアが小さい頃よりは軽い(細い)、と思う。


ロアはヤキモチを全然やかないので助かる。
ひなが泣くとおもちゃをベッドに投げ込むこともある。
気持ちは有難いけど危ない。。。



早く二人で遊べるといいね。

こんな二人を抱えて、とりあえずがんばってます。

産まれました 

April 06 [Sun], 2008, 8:54
4月3日、午前11時44分、無事次男が産まれ、
昨日退院、家に戻りました。

体重3286g、身長50.8cm。

ロアより約1パウンド小さく、頭囲が3cmも小さかったので
いきみ始めから出産まで10分以下、
多分5、6回いきんだら出てきました。

苦しみは逃げたい位だったけど、終ってみたら安産で
「え、もう出てきた?」という感じでした。
(ロアの時は3時間いきんだから・・・

今回も同じ先生とドゥーラで、麻酔なしで挑戦、
みんなのサポートのおかげで無事産むことが出来ました。

ロアの時と同じく、陣痛が始まらないので入院、促進という流れ。
夜にはオットが家に戻り、母と交代して
ロアの世話が出来るようにお願いしたので
朝5時過ぎに、母に寝ているロアをお願いして家を出て、入院。
6時半頃に薬(錠剤)をもらって陣痛が始まるのを待つ。
9時頃Dr. Macyとクレア(Doula)が到着して、人口破水。
今回は、進みが速く、促進剤も点滴までは必要なしで
2回目の錠剤ももう要らないから吐き出していいと言われました。

その後は、自然に起きる陣痛だったけど
結構不規則なのが感じられてHypnobirthで集中。
「まだできる、まだ出来る」と自己暗示で頑張る。
8cmの時、痛くて怖くなって「出来ないかも。。
麻酔もらおうかなあ。」と弱音を吐く。
進みが速いので麻酔が効くまでに恐らく産まれるというので
(ロアの時も同じ頃弱音を吐いたけど)またもや「やるしかない」状況。
そこから本当に速く、いきみたくなって
ベッドの背にもたれて2,3回いきむ。
ここでDr.Macyが再度到着。
左を下にして横になるように言われ、う〜〜んと頑張ったら頭が出る。
その後2回くらいいきんだら無事全身が出て、誕生。

産まれてすぐの顔がロアにそっくり。
一回り小さめのロア、笑えました。

今回はオットは頭元で私の手を握っていたので
産まれる瞬間は見れなかったそう。ごめんよ・・・(笑)

とりあえず、報告、写真Upしておきます。
これから寝不足の日々が戻ってくるんだな・・・

名前は決まったのですが、呼び名が決まらないので
みんな好き勝手に呼んでいます。
ここでは名前の一部で「ひな」と呼んでおきます。
女の子では無いけど、とりあえず。。。


産まれて数十分。お風呂に入ってヒーターの下でいい気持ち。



お見舞いに来たロア。弟よりママよりお菓子の方がいいらしい。


兄弟が出来ました。