ナポリタン・マスティフだけどメダイチドリ

March 24 [Thu], 2016, 13:03
俗にいう乳製品以外にも、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。いろいろ調べてみたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

これって知ってましたか?30年余り生きて来て、初めてわかった事実です。この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤を試用品として貰いました。どのような品物でもそうですが、実際、試しに使用してみないと評価できないものです。


サンプルの入浴剤はとても肌に馴染んで、思っていた通りの印象でした。

痛みを感じることもありませんし、皮膚がつっぱるような感覚もなくて、潤いを保ちます。

最近の研究成果でインフルエンザを予防していくには乳酸菌にとても効果があるということが知られてきました。


インフルエンザはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。


ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力がアップして、インフルエンザを防いでくれたり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。



腸内の環境を整えておくと肌がキレイになると知って、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、実のところは、ヨーグルトと同様に納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食品らしいのです。「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。

これではちょっと恥ずかしい思いがします。
ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が実体験したのは、たくさん食べないと、あまり効果がない気がします。



日ごとに1パックぐらい食べて、やっと便通があるという感じです。ヨーグルトを好む人はいいですが、抵抗がある人も、ジャムで味を変えたりしてなるべく摂取するとよいでしょう。ここのところ、乳酸菌がアトピー改善に効き目があることが解明されてきました。

アトピーを誘因するものはいろいろありますが、毎日のストレスや偏食などによって引き起こされるケースもあります。アトピー患者の大部分は腸の状態がよくないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピーを治す第一歩となります。
病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などへの出席が5日間禁止になります。もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は数日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。

たとえ熱が下がっても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、うつしてしまう場合があります。なので、お休み期間は守ることが集団感染予防には必要なことです。
便秘のツボでよく知られているのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところに天枢(てんすう)が有名です。また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。
手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。色々なタイプの便秘によっても、効果があるツボが違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善できやすいでしょう。

私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、かなりひどい見た目でした。ありとあらゆる治療法を試しても、殆ど、効果がなかったのに、別の場所に引っ越したところ、信じられないくらい肌がキレイになり、酷い痒みもおさまりました。

できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーに効くかもしれません。


あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂らなければなりません。


市販薬も重要ですが、何より栄養を補給することも重要です。一刻も早くインフルエンザを完治させるためにも、水と食事はきちんと摂りましょう。
朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、消化が良くて栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。


私はアトピーに最適な化粧水を毎日使っています。友人に教えてもらった化粧水は、私の重症だったアトピーを見違えるほどきれいに治癒してくれたのです。毎日鏡を覗くのが、とても嬉しくなりました。
触る度に素肌がスベスベになったことを喜びに感じます。乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすこぶる健康になることができました。朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘知らずでいることができます。



乳酸菌を取り入れるようになってから、肌の調子も良くなってきて、体重も減ったのでした。



アトピーを改善させるには食事も効果的です。

アトピーに効果的な食事にすることで綺麗な皮膚へと生まれかわることができるでしょう。

特に胃や内臓などの消化器系を良い状態にし免疫力に影響がある成分としてヨーグルトや大豆食品を代表する食品などをできるだけ、バランスよく食べるとアトピーへ効果があります。便秘に良い食べ物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品などをさしています。

頑固な便秘の人は、とにかく便が固く腸内に 滞った状態になってしまいがちです。
この状態を改善することで、、うんちを出やすくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら腸内環境を改善するのが良いでしょう。
お腹が便でパンパンになってしまった事って生きていれば必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。


私もその一人で、大変な時は一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。

便秘薬も売られていますが、私はアレがあまり好きではないので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖で腸内環境を整えています。効き目が優しいのが安心ですね。アトピーの角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも少なくて、肌の水分を保つ力や守る役割が低くくなっています。これを補い正常に戻すには、保水保湿が大変大事です。


それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発しないように保湿剤を使う事が必要とされるのです。



特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌が摂取できるサプリです。おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、中々、乳酸菌が入った飲み物が苦手だという人も大勢います。
連日乳酸菌を含む食品を口にするのは大変です。

サプリメントなら、お手軽かつ確実にとることが可能ですから、便秘にいいといわれています。
私には乳酸菌サプリと言えば、すぐに思い浮かぶのは何と言ってもビオフェルミンです。



子供の頃から売られていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンです。
1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザに感染をし、発熱してしまった後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状が出るのがインフルエンザ脳症というものです。
インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、病気の回復した後に後遺症の残ることもありうるのです。乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では一緒なのですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作り出す働きがあるのだそうです。
だから、ノロウィルス対策に有効だとされているのですね。



近頃は、様々な感染症の話を聞くので、摂るといいかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤネ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ut4ghrocuith2l/index1_0.rdf