末次とアルビノナンキン

May 12 [Thu], 2016, 21:07
カラコンは不要と考える方も少なくありません。いわゆるカラコンを何もせず肌から湧き上がる保湿力を持続させて行く考えです。では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。クレンジングははぶけません。


クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の乾燥が進んでしまいます。

週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、肌とよく相談をして、カラコンすることをお勧めします。



女性たちの間でカラコンにオイルを使うという方もどんどん増えてきています。カラーコンタクトの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、今よりさらに保湿力を上げることができるとされています。

また、オイルの種類により様々な効果が表れますので、その時のお肌の状況により最適なオイルを適度に活用するといいでしょう。また、オイルの効果は質によって違いがありますので、フレッシュなものを選びたいものです。



お肌のお手入れでもっとも大事なことが適切な洗い方です。
メイク落としをしっかりしないとカサカサ肌になってしまうかもしれません。

しかし、汚れしっかりと落とすことにこだわりすぎると、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、肌の潤いが無くなってしまいます。
また、洗顔は何も調べずにおこなうのは危険で、クレンジングを正しく行うようにして下さい。お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。


メイク落としにオリーブオイルを塗っているとか、プラスアルファの栄養分として湿布したり、小鼻の毛穴の皮脂づまりを取り除いたりと、色々なやり方で使われているようです。ただし、良いオリーブオイルを用いなければ、お肌に支障が出ることもあります。そしてまた、少しでも変わったことがあればただちにお肌に使うのはやめて下さい。洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。

もしその順番が間違っているなら、効果が得られないかもしれません。洗顔の後は、まず化粧水。

肌に水分を与えます。



もし、美容液を使うときは化粧水の後です。その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。

お肌の補水をしっかりとしてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。毎日のカラーコンタクトの基本的なことは、肌の汚れを落とすことと肌に水分を与えることです。

しっかりと汚れを落とせていないと肌の異常の原因となります。
そして、肌が乾燥してしまっても肌を保護する機能を低下させることにつながるので、保湿は必ず行ってください。でも、必要以上に保湿をすることも肌のためにはなりません。



カラコンのための化粧品を選ぶ際には、肌に刺激を与えるようなものができるだけ含まれていないことが最も大切です。保存料などが入っていると肌に刺激を与えやすくてかゆみや赤みをもたらすことがあり、何が入っているのか、きちんと確認しましょう。また、CMや口コミに飛びつかず肌に合っているかどうかなのです。近頃、ココナッツオイルをカラコンに生かす女の方が劇的に増えています。

化粧水をつける前後のお肌に塗ったり、既にご使用になっているカラコン化粧品に混ぜて使うだけでいいんです。メイク落としにも利用でき、フェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。当然、毎日のお食事に加えるだけでもカラーコンタクトにつながっちゃう優れもの。

ですが、体に吸収されるものですので質の良さにはこだわって選んでくださいね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Saki
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ut0iropchsrlk0/index1_0.rdf