日本、TPP妥結に弾みを=経済停滞脱却へ行動必要?米

November 20 [Thu], 2014, 12:33



 【ワシントン時事】フロマン米通商代表部(USTR)代表は19日、消費税増税後の国内総生産(GDP)が2四半期連続のマイナス成長に陥った日本に対して、「20年間の経済停滞から脱却するため、あらゆる行動を取る必要性が明確になった」と述べ、環太平洋連携協定(TPP)交渉の高い自由化水準での妥結に協力するよう訴えた,ブルガリサングラススーパーコピー。ワシントンでの講演会で語った,ブルガリサングラススーパーコピー

 フロマン代表は、安倍晋三首相が「大胆なビジョン(展望)」を持って成長戦略の実現やTPP妥結を目指していると指摘。「日本の取り組みにさらに弾みがつくことを期待している」と述べた,ブルガリサングラススーパーコピー。