20121019七時雨山登山

October 22 [Mon], 2012, 21:06
先日実家へ帰省したので、平日に紅葉狩り登山が出来るのも今日まで昨日は天候がイマイチだったので、今日に賭けたわけだけど今回はメジャーなコースと思われる田代平コースではなく、南側の西根寺田コースを選択南側の方が紅葉が進んでいるだろうし、岩手山が綺麗に見られるはず八幡平市北部の七時雨山は左側南峰と右側北峰が連なるツインピークス登山口近くまで車で行かれるみたいだけれど、先日砂利道を走ってパンクしてしまったので、舗装道路の終端にある駐車場に車を止めて1stショット良い天気じゃないの駐車場から600mぐらいかな、なだらかな道を登ると登山口に到着ここから登るけれど、ここに至る道がイマイチよく分からなくて時間をロス標高差は500m弱、距離は1670mだから比較的楽なはず山の裾野を回り込むように昔は鹿角街道といわれた林道を行く紅葉の前に既に枯葉が幾分散っていて、何となく枯葉絨毯の趣南峰に向かって比較的なだらかな山道を登ること1時間程で見晴台に到着ちゃんと登山口が見つかればもっと早く着いたのに途中に腰掛けるような岩や倒木もなく、ひたすらテクテク登ったけれど、階段なども作られていないから今回もストックで大分スムーズに登れました見晴台から南側の岩手山を望むと奄ェ掛かっていました写真は逆光でよく分からないけれど、左側の裾野が岩手山手前はあちこちに放牧場があって、緑がある所を見ると草刈りもまだなのかな風も穏やかで気持ちが良い眺望でした見晴台から頂上までは傾斜が急になって結構険しい印象途中に岩場っぽい所もあって歩きにくい昨日来ていたら濡れて少し危なかったかな最後の急傾斜を登って南峰に到着山頂の標識が傾いでいる南峰頂上から見た北峰はどうやら南斜面より北斜面の方が紅葉してる細い笹藪の一本道を渡っていくと北峰へ北峰の頂上に到着こちらの方が標高は3m低いけれど、三角唐ヘこちらにあって、ここ2回続けて山頂に至らなかったので久しぶりの達成感ところがこの頃からポツポツ雨が降ってきた感じ南峰にとって返し、ご飯を食べるか判断することに結局少しずつ雨が降ってきて、パラパラしてきたので、ご飯はやめて下山することにしましたそれまで山は貸し切りだったけれど、山頂直下でステキな山ガールと遭遇少し会話をしてルンルン気分で降っていて見つけたリンドウ一輪ってところが何だか気持ち良いですネ下りの途中も晴れたり雨がパラついたり、安定しない天候まさか山の名前の通り七時雨レインコートを着るようなことはなかったけれど、駐車場まで降りてきて一安心セルフタイマーで撮影するとピンぼけだな今回は石狩鍋を作るつもりで準備万端だったけれど、山頂では天候不良だし、駐車場に戻っニューハーフてきてからもイマイチの天候予備で持参していたおにぎりを車内で食べることにしました今回は小エビとカブの葉、シラス、鰹節、ゴマを佃煮風にふりかけにし、それで握ったおにぎりです本当は餅入りのお鍋を楽しみにしていたのに下山の楽しみといえば温泉本当は麓の七時雨温泉に入りたかったけれど、今週は清掃工事をしていて平日は入浴できないという張り紙仕方なく別の温泉に行こうと北へ車を走らせるところが閉館した温泉や、日帰り入浴は営業していないなど、今回は想定外続き結局安比高原まで足を伸ばして地元の温泉施設へ少しぬるいそれでも筋肉の疲れを癒すため長風呂まだ紅葉の時期はちょっと早いみたいで、あと一週間くらいかなというか、八幡平で今朝は初雪だったというニュースもしかしたら紅葉せずに落葉しちゃうかもしれないですね紅葉狩りは諦めても良いけれど、去年8山、今年6山なので、シーズン納めまでになんとかあと2山は登りたいな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:usxzs0f5d3
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/usxzs0f5d3/index1_0.rdf