「庭劇団ペニノさんのダークマスター」について話すだけの動画 

May 25 [Wed], 2016, 18:45
とても面白かったので、お恥ずかしながら私感を。



庭劇団ペニノ

トークライブ出演について話すだけの動画 

May 23 [Mon], 2016, 12:12
すいません、6月8日(水)にトークライブをやる事になりました。
僕なんかが。
よかったら遊びに来てください。お話ししましょう。



ー以下詳細ー

LOCKUP TALK 028
上田ダイゴ×立花裕介
トークライブ

【日時】
2016年6月8日(水)
19:30〜stage.1  20:45〜stage.2
(1ステージは約45分です)

【会場】
デジタルカフェ-スクリプト-
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
地下鉄御堂筋線 「なんば」駅 徒歩5分
南海本線 「難波」駅 徒歩5分
地下鉄千日前線 「日本橋」駅 徒歩2分
地下鉄堺筋線 「日本橋」駅 徒歩2分
詳細→http://digitalcafe-script.com

【料金】
前売・当日とも1,000円(ワンドリンク付き)
(1,000円でstage.1&2の両方をご覧頂けます)

【チケット予約(お問い合わせ)】
件名を【6/8チケット予約】とし
1.お名前(フリガナ)
2.枚数
3.連絡先(メアドor電話番号)
4.どの回を観るか(stage.1のみ・stage.2のみ・両ステージ)
を御記入の上

ueda_talk*yahoo.co.jp
(*を@に代えてご使用下さい)

までメールをお送り下さい。
※席数に限りがありますので、ぜひご予約をよろしくお願い致します。

ベッキーさんについて話すだけの動画 

May 19 [Thu], 2016, 13:42
今日も新しい動きがありまして。
収録は火曜日だったものですから、その辺はフォローできてないのですが。

新シリーズということで。 

May 18 [Wed], 2016, 1:54
「だけの動画」というタイトルで短めの動画を始めました。
とりあえず、、当面は一つのテーマに沿って話すってのをやっていくと思います。
面白いかどうかはわかりません。「やる」だけ。
めーーーーーーっさ暇な方か、それなりに僕のことが好きな方はよかったら。





「ひまわり」をベタ褒め。 

April 04 [Mon], 2016, 15:16
宮川サキさんの新作「ひまわり」を見てきましてね。

稽古から見てたもんですから、感情移入しすぎてて
暗転前から泣けてきている自分がいたんですけど。
その感情移入っていうのが、作品にではなく
サキさん自身にっていうのがまた僕の面倒くさいところで。
もう全くもって主観なんですけど。

稽古段階を見れてよかったなぁと。
あの夜の飲みながらの時間はいい時間になったんだなぁと。

にしてもここまで仕上げてくるかと。
恐れ入りましたと。
前半の軽快さや、ふと見せる表情。
上演サイズも、ちょうどよかった。
もうちょっと見てたいと思えるサイズがちょうどよかった。
想像の上をいかれて、ちょっと悔しいくらい。

見れなかった人は後悔してくださいねと。

お恥ずかしながら、終演後の宴の席で熱弁してしまったのだけれど、
この作品は向こう2,3年でグッと変わる。ブレる。
見てる側にも当てはまることかもしれないけど、
毎回その時のサキさんの、お客さんの歩んできた一年が
モロに反映されるのではないかと思う。
でも、それを毎年味わえるのは幸せなことだなぁと思うんです。

ただこれも全部主観ですから参考にはなりませんよと。

サキさんの稽古を見てきまして。 

March 31 [Thu], 2016, 14:59
宮川サキさんの稽古場にお邪魔してきまして。
一足お先に今年新しく書き下ろした作品を見せていただきまして。

サキさんのいろんなキャラクターの中で、
僕には一番すんなりササる「人」でして。
ササるってのはもちろんいい意味で。

「お母さん」の話なんですよね。
男性の8割近くにはササるんではないかなぁ「お母さん」。

ある、とても特別な日の朝の、母の姿。
とても短いけど、大事な時間。
茶化したり、怒ったり、笑ったり、困ったり。

ありきたりなコメントかもしれないけれど、
おかんに電話しよかな、と思える作品でした。


大阪は4月2日(土)〜4日(月)。インディペンデントシアター1stにて。
東京は4/24(日) 5/29(日) 6/12(日) 。Reading Cafe ピカイチにて。
「詳細はこちら」

たくさんの人が見てくれたらいいなぁと思うんですよ。
お酒片手に気軽にみれる試みが仕掛けてありますしね。

稽古見た後はサキさんと感想なり、提案なりを
あーだこーだとお話してたら夜中の2時でした。
よー飲んだ。ちゃんちゃん。

サキさんと飲んだ。 

March 29 [Tue], 2016, 3:07


なんとなくね、ツイッターで飲んではるのを見つけて、
行きたくなったので行きまして。
宮川サキさんと飲んでました。
役者のね、夢ではない、現実の話。
未来のための、目の前の話をたくさん。



明後日、稽古場にお邪魔します。

今日の出来事。 

June 02 [Tue], 2015, 1:43
稽古帰りの電車の中で、古い知人によく似た人を見かけたのですが、
記憶の泉を刺激されたのか、その知人に普段から、
当時使っていたハンドルネームで呼ばれていたことを、思い出しました。
嫌とかではないのですが、なんとなく違和感を感じていて。

今思うと、自分で自分につけたアダ名で呼ばれているんだから、
そりゃあこっぱづかしいなと。
アダ名って大体、他人がつけるモンですからね。
他人からつけられたものはNOと言えるけど、
自分でつけたものにNOとは言えませんから。

おやすみなさい。

地軸よ、曲がれ。 

January 10 [Sat], 2015, 2:26

赤い猫が黄色いネズミを捉えた昨年。

さて、戯れに日記なんぞを書いてみる。

新年が
明けました。
2015おめでとうございます。
残念ながら使徒は来そうにありません。
地軸すら曲がっておりません。
日本にはまだまだしっかりと四季があります。

今は2つの舞台公演の稽古を抱えております。

一つは彗星マジック「ポストグラフ」。
昨年11月にやらせていただいた一人芝居「graph」を
もっと掘り下げた作品になりそうです。
まだまだ掘っている途中ですが、
作家の筆がやっと乗ってきたように思います。
筆の乗った作家の書く言葉のなんと魅力的なことか。
悔しいけれど、心に響いてきます。
残された時間は少ないですが、
世界の構築に精一杯力を注ぎ込む所存です。

そしてもう一つが
「日本の近代戯曲を読む!」。
いわゆる一つの「リーディング」というやつです。
谷崎潤一郎の「恐怖時代」。
言い慣れない昔の言葉に悪戦苦闘。
読めない漢字を今っぽくスマホで必死に調べて
台本とにらめっこしておりますが、
さすが時代を超えて残っている作品。
読み応えがあります。
そりゃそうだ、その時代の文学の中でも
今まで残っているということは
一級品ということなのだから。

そんな感じで日々、
デザイン業とスマホと3DSに追われながら
生きております。はい。


こないだの年末年始のゴッドフェスで当たったカーリーも進化しましたよ。

そんな立花の年末年始はこちらもお聞きください。

全国高校サッカーの裏話も聞けて楽しいですよ!

彗星マジック『ポストグラフ』 

January 10 [Sat], 2015, 2:12
脚本・演出:勝山修平

■公演日程
1月23日(金)19:30
1月24日(土)15:00/19:30
1月25日(日)11:00/15:00 全5ステージ

■出演
小永井コーキ/米山真理/山下明穂

上田耽美(耽美社)
立花裕介
鈴木太海(東京ガール)
竹田桃子
のたにかな子

■会場
シアトリカル應典院
大阪市天王寺区下寺町1-1-27

■チケット
前売:2,500円 当日:2,800円
学生:1,800円(受付にて学生証をご提示ください。大学生まで有効です)

【チケットご予約はコチラ!】
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:立花裕介
読者になる
俳優。デザイナー。狩人。
stand flower。

1981.2.11生まれ。
兵庫県加古川市出身。
2000年、atelier THANK-X(アトリエサンクス)に入団。以後、2008年劇団退団までの全公演に出演。外部出演も多数。
退団後は、俳優としての活動だけではなく、朗読、webTV・ラジオのパーソナリティ、イラスト、フライヤーやWEBサイトのデザインなど、その表現活動は多岐にわたる。
2012年演劇中心の活動ユニット「STAND FLOWER」を始める。

まだまだ一日一狩。
出演依頼、制作依頼、共猟依頼ジャンジャン募集中。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE