彼女が出しますよ! 

2005年03月31日(木) 23時59分
彼女(小谷美紗子さん)がとうとう新しいCDをリリースしますよ!

adore』というらしい。

意味は・・・リンク先に書いてあるので敢えて書きませんね。
とにかく嬉しくってしかたない。
 彼女の歌はメッセージ性の強いもの(Gnu,子供のような笑い声,真など)の方が好きなのですが、最近は恋愛もの(失恋もの以外)も、なんとなくわかるようになってきました。先生(参照:カテゴリ・先生と僕)のお陰ですね!ついでに。彼女の歌は失恋ものが多いです。甘ったるいものはあまり多くない。そこもまた、好き。恋愛中の歌みたいなのは、僕は勘弁して欲しい性質なんでね。

 彼女の声・・・は甘ったるい時も嫌いじゃあないですが、なんといっても体の底から出すような時が一番好きです。火の川は必聴!

なんか語りそうなのでこの辺で止めておきます。




あ、新曲の中の一つ『照れるような光』がムビムビムービーさんにて公開中ですよ。

悲しみを蔑みを、裏切りをありがとう。 

2005年03月12日(土) 23時54分
久しぶりの投稿です。

僕の卒業式は三月五日に行われました。
あ、校長に名前を読み間違えられたんですが。
まぁまぁ親しくしてたのに、そりゃないよ校長!


 まぁ、そんなこたぁ、どうでもよくてですね。
………あ、どうしよう。あんまりにも更新してなかったから書くことが多すぎて、正直どこから手をつけていいのかわからないや。

とりあえず書くことを箇条書きにして、今日は寝よう。



 ・ 恥死にするかと思ったバレンタインデー
 ・ 気疲れした三月二日及びその前の週だかの木曜か火曜
 ・ ビデオ見せてもらえなかった・・・
 ・ 色々最後に教えてもらったこと
 ・ 謝恩会会場で。


などなど、なんだか乙女色たっぷりの次回はそのうち更新します。次回になるかどうかは謎ですがね。あ、次回にはならないっぽい。えぇとじゃあ、次々回ってことで。

まぁ、そういう訳であと数回はSさん、立ち入り禁止願います。


・・・・・・・書くことが多すぎて途中でめげそうですが、折角ここまで想ったんでちゃんと書きますよ・・・書いておかないと僕が忘れちゃいますからね。それにね、忘れたくないしさぁ・・・。

巌窟王第18幕 

2005年02月16日(水) 3時02分


嘘だと云ってくれ・・・



もう、泣きすぎて、吐き気がすごくて、気持ち悪くて・・・
それでもまだ、泣き足りない。


嘘だと、いってくれ・・・


タイプする指が震える。
でも、そんなことどうだっていいんだ。


誰か、嘘だといってくれ。

今週の巌窟王 

2005年02月09日(水) 12時59分
いよいよ佳境に入ってきました…というにはちょっと遅いか。
いよいよラストに向けて突っ走り始めました、の方がこの場合適当かと。

 まぁ、そういう訳で今週の巌窟王 『第十七幕 告白』 の感想な訳です。
面倒なので即して書きませんが、メモ程度に

 今週の萌えどころはヤヴァイ程ありましたが(アルベールが終始頬を染めたり(語弊アリ)、伯爵の涙だったり)、やっぱりフランツでしょう。奴め、男を上げて帰ってきやがった!思わずフランツに縋って泣いてしまうアルベールに(僕が書くとおかしいですが、事実です)、友情を踏み越えない一線を保つ奴がニクイ。だって彼ら、15歳でしょう?まだ性欲満々というか、盛りきる年頃でしょう。それなのに、再会した時の、あの手は何ですか。抱きしめる直前で手をひくフランツの姿に、僕は漢を見たね。

 でもここで抱きしめてやっても、アルベールは何も気にしないんじゃ・・・というよりも、むしろ嬉しいのではないかとも思ってみたり。アルベールはフランツのこと、良くも悪くも友達としか思っていないから。
 まぁ、もしここでフランツに襲われでもしたら、彼は今度こそ拠り所を完全に失うとは思うけどね。

 
 さてさて、フランツは何か決心しているようですが、果たして原作通りなのでしょうか?・・・ただ、気になるのは次回予告。明らかに鎧と剣で戦っていますよね。フランツの願いは聞き入れられないのか、それともフランツは別の動きをするのか?ラストは原作に忠実なのだろうか・・・。ホント、最後まで目を離せないアニメですね。






『俺の心を弄びやがって!』

 ↑頬染めながら云うなよ!
   変なことを想像しちゃったじゃないですか!
  
    もも、弄ぶなの!?(遅いよ)
    踏みにじるとかじゃないところが萌えると思うんですが。

愛じゃないけど。 

2005年02月04日(金) 2時00分
僕は一番になれない。
僕は一番にならない。

仲直りできればそれでいい。
そう思うけれど、胸に残る一抹の寂寥はなんだろうか。
期待するつもりなんてなかったのに、無意識下でしていたに違いない。
なんて浅ましい。なんて愚かしい。

友人だ。友人なのに。友人だから。

幾らでも言葉は溢れ出るけれど、そこに意味なんてないのだ。
言葉は虚構。
言葉は虚無。
言葉に力があることは否定し得ないが、
結局情報伝達の手段だということも否めない。

僕は一番にならない。
相手を束縛したくはないから。
同時に、自分を縛りたくないから。
人間なんて、言葉の裏に別の意味を隠すのだ。


僕は、一番に、ならない。
それでも、少しでも。
頭の片隅にでも居場所があるのなら、それで、いいよ。

行かないで欲しい。 

2005年01月30日(日) 21時55分
 新年最初の遭遇は、やっぱり教員室ででした。
先生は今月から火曜日と木曜日しかいらっしゃらないので、ますます合える機会がなくなります。それでもなるべく会いたいなぁ、と思うのでますます足繁く教員室に向かうわけです。もうすぐ卒業なのにこれじゃあ、先が思いやられます。
 しかも先生は、今学期でお辞めになるかもしれないのです。どうやら古株で、先生のことを嫌っている方が裏で動いているとのことですが…(ソース元 : 図書司書さん)
それって、学校としてどうなんでしょうか。特に、私立として。・・・と、思うんですよ。

 僕じゃあ、どうしようもないんですけどね。だってもう、卒業していくだけだし、ただの生徒でしかないし…それに、生徒会に訴える内容なんだろうか?喩え生徒会に訴えて出たとしても、賛同者は少ないだろう。しかもウチの学校の生徒会は結局教師の手先でしかない。そうじゃない人もいるにはいるけど、今迄中学でいい子ちゃんしてた子が多いからね…。

  どうしたら先生の恩に報いることができるだろうか?この恩は僕が勝手にそう思っているという一方的なものでしかないらから、ますます手におえない。それでも僕は本当に、彼のお陰で色々考えるようになったし、物事を突き詰めて考えようという気になった。物事を多角的に考えるようにもなった。


 それは高校生活の中で僕が得た、そして最も重きを置いたものなんだよ。

今週の巌窟王 

2005年01月26日(水) 12時51分
今週の巌窟王、もう三回見ちゃいました・・・ 〇| ̄|_僕は何やってんだ…

・・・というくらい今回の巌窟王はすごかったです。やたら善人臭い伯爵、相変わらずお馬鹿で可愛いアルベール、頑張っちゃうフランツ、起きるヴァランティーヌ、苦しくて悲しいエデ、ついに糾弾されたフェルナン・モンデゴ・・・でもやっぱり、伯爵・・・伯爵・・・伯爵!!
カッチョエエ(´Д`*) 


まぁ、日々の呟き出張版にも書いたわけですが、今週が今までの中で一番HOMO臭かったと思う。本当、笑えないし。HOMO臭いから好きなのではないけど、本当に深夜アニメってすごいとか思いましたよ。エロイーズさんの一人エチーもアレだったしね。

内容に付いて触れるのは面倒なのでやりませんが・・・あぁもうどうしよう。このアニメが終わっちゃうなんて嫌だ。続きを期待!とか云えないだろうし(原作の内容的に)。



どうしようもないけど、今はとりあえずDVD初回版買っちゃおう・・・

初登校してきたんですよ 

2005年01月12日(水) 19時45分
新年です、おめでたくない。


今年も公務員バイトをしておりました明です。

本年もよろしくお願いします・・・とこういうときは云うべきなのだろうけれども、まったく新年とか去年とかはあんまり関係ないと思う。人間が勝手に暦を作って勝手に施行しただけのこと。でもそれに踊らされる人間もいるわけで。
本当におめでたいよね、こういうところは。

いやホント、忙しかったりすると本当にそう思う。とりあえずメールして、本読んで、マンガ読んで、絵ぇ描いて。そしたらいつのまにか新年とかいうのになってて、新年と関係ないことで(この時新年になったことに気づいていなかった)メールして、寝た。雑煮を食べた。餅は喉につまらなかった。(ぇ)


で、昨日投稿してきたのですよ、学校に初投稿登校してきました。
先生は月曜と火曜と金曜に出勤している様なので、微妙に楽しみにして学校に行ったんですがね、いなかったよ・・・!
 うぁぁ、ショック!超ショック!

うそだろ 

2004年12月28日(火) 1時34分
今本気でこのブログどうにかしたいとか思ったわけだよ。
いつも冷静になろう、熱くならないようにしようと思っている僕がほんと、半分ぶちきれそうなわけ。思わず文章もひらがなばっかでいいやとか思ってるよ、なんでって?
 記事が消えたから。
一時間近く心を尽くし、精神を尽くし、時間を費やした記事が消えたからさ。

かなり思い入れがあったんだよね。久しぶりに自己分析やら他人の分析もやってそこから導き出せるものとか、最後の感想文について書いてみちゃったりなんだったり、してたのにさ。投稿しようとしたらIDとPASSを入れろとキタもんだ。ここで既に嫌な予感はしていたんだけど、恐る恐る入れたのだよ。したら、新規記事作成のまっさらなページがでてきて、僕の頭の中までまっさらになりやがった。どうしてくれるんだ今までの文章を、このどうでもいい時間を、ってね。勿論、記事の投稿に飛べるわけだから先にログインしてたのに。それでもなんとかしたくてバックしてみても、案の定文章はなし。

本当に落胆した。いいかげん頭にきてしまった。


そうそう。晦日の月の意味はね、『信じられない、ありえない』という意味なんだよ。

先生と僕2 

2004年12月04日(土) 10時19分
 前回描いたものの続きです。あんな微妙な終わり方では自分でも納得できないのでもうちょっと書きます。ただの理想論になりかねない気もするので、前回スルーした方はまたスルーしてください(特にSさん)

 先生とはその後、特に何があったわけではございません。ただ、話したり目があったりする回数は格段に増えた・・・ような。(そう思うだけ)
 先生はとてもお話が長いのです。放っておくと私のことを忘れたように自分の世界に入ってしまって、政治や倫理観について好きなだけ話しています。27日だったか、図書室で一時間くらい(殆ど先生一人で)しゃべっていました。私の方はといえば、先生に訊ねられたこと(今迄の授業で何を話したかだとか、授業中の話で何が一番面白かっただとか、他の授業との兼ね合いですとか)に答えていく感じで、先生の話されたものに対しての私なりの感じ方を話したりしていました。
 それほど楽しくもなさそうな会話ですよね。私もそう思います・・・・が、それが楽しいと思うのは病気かもしれません。もう本当、どうしていいのかわからない。楽しそうに語っている先生を見ていると、自然と嬉しくなってしまうのです。倫理とか政治の話は私も好きですしねー。
 そうして話しているうちに、図書室の閉館時間となりました。いつもならば少し延長もあったりするのですが、その日は事務室から電話がかかってきたので早々に退室することとなりました。先生は大量の新聞紙を持って教員室へと戻っていきました・・・いつものように。大量の新聞紙を何故?と思われるかと思いますが、とりあえず理由はあります。先生は授業で時事問題を多く取り扱うので、いつも新聞を切り抜いてくるのです。
 鋏を使えばいいのに・・・以前、そう思って鋏を貸そうとしたら断られましたが、手で切るのはどうかと思いますよ、先生・・・・どうかと思うといえば、試験問題を手書きにするのは止めてください、いい加減PCくらい使えるようになってくださいよ教員一人一人にノートPCは支給されてるんだから、とか思うのですが・・・

 とりあえず、(愚痴っぽくなってきたし)今回はここまで、ということで。
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:usui
読者になる
Yapme!一覧
読者になる