うすはりグラス

景気が悪くなってから、コストパフォーマンスもいので、自宅で
お気に入りの器で酒を飲んだ方が良いと思うようになりました。

食器に金をかける分には、一度の出費が外食一回分くらいで
すむので、何度でも楽しめるから本当に良いですね。
そんなわけで、食器探しが趣味になってきたりしているんですが
最近、とんでもないものを発見。それは 「うすはりグラス」!

「酒道具」というワード検索で偶然見つけたアイテムです。
どんなグラスかというと、ごく薄の重さを感じないグラス。

飲む時というのは、必ずグラスがくちびるに触れるもの。
唇には味覚というものはないけど、そのグラスを感じる触覚はあります。
普通のグラスなら厚みがあるので、口に当たると「グラスの存在」が
はっきりとわかります。
一方、「うすはりグラス」は、器としての存在感を全く感じさせないグラス。

グラスの存在を意識しないので、一層飲み物そのものの存在感に
自分の意識が集中してしまいます。
うまいものはよりうまく、マズいものはよりマズく感じてしまう。
いや〜、本当にびっくりです。

酒だけではなく、ソフトドリンクや牛乳なんかも同じように感じてしまう
から不思議です。

ためしに、飲んでみてください。

ちなみに、うすはりを作っている会社は、松徳硝子という下町のメーカー。
こういう分野でも脅威の技術力があるんだと感心しました。


今回買ったのはこの店でしたが、みてみたら、ほかにも面白い酒器が
ありそうな気配!
扱っているものも酒器に限らないようだし、全部「和」に絞った商品みたい
なので、興味ある方はのぞいてみては。

うすはり 「酒道具」



うすはり 「酒道具」




この「酒道具」は、お酒の種類別に、
最高の条件で飲めるべく5つのサイズが
用意されています。
まさにお酒を堪能できるセット。

一番大きなLLサイズは350mlの
ビールにちょうどよい大きさ。

詳細は→うすはり 「酒道具」

うすはり 「葡萄酒器」



松徳硝子 うすはり葡萄酒器 「ボルドー」




葡萄酒器は、日本の食卓で気楽にワインを
楽しめるようにと考えられたグラス。

口の狭さはより香りを強調し、ゆっくりと口に
運ぶ熟成したタイプのワインにあいます。
グラスを回した時に、内側の表面にのこる
ワインのしずくの感触も伝わるほど。
おいしいワインならでわの、
トロ〜っと内側にくっつきながら、
なめらかに落ちていく様がわかります。

ワインだけでなく、アイスティーや冷茶、
果実酒など、ソフトドリンクにも味わいを
引きたて、香りを楽しめます。
個人的には、玉露の冷たいのが好きですね。

口の狭まるボルドータイプのほかに、
ブルゴーニュタイプもあります。

詳細は→うすはり葡萄酒器 「ボルドー」

うすはり 「大吟醸」



うすはり 「大吟醸」




大吟醸と名づけられた恰幅のいいグラス。
お酒の温度まで直に唇に伝わります。

突起の先までお酒を入れてグラスを揺らすと、
この突起がマドラーの代わりとなって
お酒の芳醇な香りが立ち上がります。

ちょっとすぼまった口は香りが飛び散らない
ようにするための工夫。
グラスを傾ければふわっとお酒の香りを
楽しめる逸品!!

詳細は→うすはり 「大吟醸」

うすはり 「酒器揃」



うすはり 「酒器揃」




日本酒を見た目も美味しくというコンセプトで
つくられたのが「酒器揃」。

「うすはりグラス」のぐい呑み(小さなタンブラー)
と酒注ぎのセット。

うすはりの透明さとスッキリしたデザインは
かなりおしゃれです。
「酒器揃」でのむ大吟醸ものも、「大吟醸」
と同じくいけますよ。


詳細は→うすはり 「酒器揃」

P R