【 更新情報 】

 

薄毛の原因と対策について

鏡に映った自分の髪を撫でながら薄毛対策にお悩みの方も多いではないでしょうか。薄毛の対策を考える前に、まずは薄毛の原因について知っておく必要があります。

薄毛の3大原因といわれるのは、遺伝、生活習慣、ヘアケアです。遺伝はある意味どうしようもありませんが、残りの2つについては、どの方にも改善の余地があります。

薄毛対策の髪の手入れというと、まず最初に育毛剤の使用を連想する人も多いかもしれませんが、洗髪を見直すことも立派なヘアケアです。洗髪におけるリンスやシャンプーを見直してみましょう。

薄毛対策としてシャンプーやリンスを選ぶ場合には、毛根細胞の負担とならないように合成界面活性剤を含んでいないものにしてください。合成界面活性剤を含んでいない天然由来の材料で作られたシャンプーを用いるようにすると頭皮の負担を軽減できます。

フケや抜け毛が出る原因のひとつとして、リンスを頭皮に直接つけていることも考えられます。これらについては、現在髪が薄くはないという人でも、十分注意するようにしてください。

薄毛にならないためにも、地肌や頭髪に負荷をかけるパーマやカラーリングをやり過ぎないに気をつけ、頻度はほどほどにするようにしてください。さらに頭皮のためには、ドライヤーやジェルをやたらと使うことも厳禁です。

次に薄毛対策としての生活習慣を見直しですが、インスタント食品や嗜好品はできるだけ控え、睡眠は十分取るようにして下さい。健康な体でいることが健康な髪を作る源となり、薄毛対策になります。生活習慣の乱れは薄毛の大敵ですので、食事面や生活面から改善し、美しい髪を目指してください。

薄毛対策としての発毛剤と育毛剤

薄毛対策として、まずあげられるのが、発毛剤と育毛剤だと思います。薄毛対策を考えた方は、どちらも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ところで、この発毛剤と育毛剤は一体どこが違うのでしょうか。

まず発毛剤は、字のごとく頭皮を活性化させ髪の生成をサポートし発毛を促すもので、新しく髪を増やしたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。

育毛剤や養毛剤の方はというと、現在ある髪に強いハリやボリュームを与え髪の健康を維持する、さらには抜け毛防止の効果を期待することもできるので、今維持している髪を大切にしたい人の場合には、育毛剤の方が向いているということができます。

育毛剤や発毛剤などは、効き目がそれぞれ人により違うといった個人差がありますので、選ぶときは自分の体質や髪質に合ったものにしてください。どうも合っていないようだと思いながら同じ発毛剤や育毛剤を使い続けるよりは、あれこれ試すことは、頭皮や髪の負担の面からも大切です。

さらに薄毛対策として、カツラを使うことも、そのひとつの方法になります。カツラというと抵抗のある方も少なくないと思いますが、今はウィッグというおしゃれなカツラも増えてきていますので、薄毛対策をあれこれ探しているのであれば、カツラと毛髪剤と併用することも薄毛対策の方法のひとつです。

薄毛対策としての発毛剤や育毛剤は、まずは自分に合ったものを見つけることからスタートします。

薄毛対策のための洗髪

薄毛予防のためには、日ごろの洗髪も大切な対策のひとつです。ただ頭髪を洗えば良いとか、さっぱりすれば良いとか、では薄毛対策としては不合格です。

洗髪のひとつの目的として、頭皮をマッサージして血行を良くすることがあります。それにより毛根細胞が活性化され、発毛、育毛につながることが期待されます。たとえば、頭皮マッサージャーで頭皮をマッサージするというのもひとつの方法ではないでしょうか。

薄毛対策の洗髪は、頭皮を傷つけないために、爪を立てないように気を付けながら丁寧に揉み洗いするのがポイントです。また、洗髪は頭皮の血流を改善するのが目的のひとつなので、熱湯や水は避け、温かいと感じるくらいのお湯を使うようにしてください。頭に油分やフケがたまらないようにするために頭皮をしっかりと丁寧に洗うことが大切です。

また、頭皮や髪にシャンプーが残ったままになっていると、髪と頭皮を傷める原因にもなりますので、シャンプー残しがないようによくすすぐようにしましょう。

リンスをつける場合でも、リンスは油分ですので、付けすぎるとかえって頭皮の呼吸を妨げ薄毛につながることもあるので、ベッタリとつけ過ぎることは避け、適量を使用することが大切です。

薄毛対策には、毎日の洗髪は大切ですが、あまり洗いすぎないように一日一回程度がいいのではないでしょうか。それでも、気になるという人は、ぬるま湯だけで洗うだけでも汚れは落ちます。

育毛シャンプーの選び方

髪の毛の量が気になり始めたとき、最初に手にする物は育毛シャンプーや育毛剤ではないでしょうか。それでは育毛に役立つシャンプーとはどういうものでしょうか。育毛シャンプーは、頭皮の皮脂汚れを落としリフレッシュしますので、どのような抜け毛や薄毛にある人でも重要です。

いきなり育毛剤を手にすることが正しい判断かと訊かれたら、間違いではないにしても正しいとは言えないかもしれません。育毛剤を使うよりは、育毛シャンプーを使って育毛に挑戦する方が簡単にトライできますので、まずは、そこから始めてみましょう。

育毛に役立つシャンプーと一口にいっても種類は豊富です。一般的なシャンプーは、髪の洗い上がりや外見のつややハリに力点を置いて作られています。

そして、洗い上がりをコンディショナーで整えるようになっています。これに対し育毛シャンプーは、洗い上がりの出来映えより清潔さや髪に負担をかけずに汚れを落とすことを念頭に置いていますので、頭皮に負荷がかからず育毛に適したシャンプーです。

それまで使っていたシャンプーから育毛シャンプーに変えることによって、気になり始めた薄毛の問題を解消できることもしれません。

最近では、育毛シャンプーの種類も大変豊富になっていますので、自分の頭髪の状態に合った育毛シャンプーを選ぶことが大切になってきます。髪の洗い方には、育毛シャンプーも普通のシャンプーも大差はありませんが、育毛シャンプーに含まれている育毛成分には、いろんな種類があります。

育毛シャンプーに配合されている育毛成分が、髪や頭皮にどのような影響を与えるのかを前もって知ったうえで自分に合った育毛シャンプーを使用すればより効果的です。

話題の育毛シャンプー

いつまでもより黒く、より濃い頭髪というのが、年代男女を問わず理想ではないでしょうか。そのためには、毛髪にいいシャンプー選びも重要です。育毛効果のある成分について知識を深め、その成分がどれだけ含まれているシャンプーを選ぶかが育毛のポイントになります。

育毛シャンプーを実際に使ってみた時の育毛効果や感想は、実際に育毛シャンプーを試した経験のある人にどうだったかを聞くことが一番いい方法です。

しかし、色々な育毛シャンプーの情報がそう簡単に入るわけはありませんが、育毛シャンプーを購入する前の下調べが大切だと思います。

ただ現在では、ネットの情報サイトを使えばかなりの情報を集めることができます。インターネット上なら、育毛シャンプーの使用感想などもかなりあるようです。

育毛シャンプーを使用して育毛に成功した経験を本にした芸能人もおり、芸能人御用達の育毛シャンプーとして知名度を上げているというものもあります。

話題の育毛シャンプーには、プロテインが配合されていることが特徴です。その育毛シャンプーは安いものではありませんが雑誌などから知名度が上がり、多くの人が購入するようになった商品です。

育毛シャンプー選び一つの方法として、多くの人の支持を得ているものを選ぶという方法もありますが、やはり個人ごとに髪質も体質も違いますので、自分に適している育毛シャンプーを選ぶべきです。

育毛シャンプーの効果を高めるためには、食生活の乱れや帽子などによる頭皮への影響、精神的なストレスなどを改善することも大切になってきます。シャンプー選びを機に、育毛のためにも規則正しい生活に切り替えてみてはどうでしょう。

育毛シャンプーの使い方

薄毛や育毛について様々な知識を取り入れ、成分について知識を深めて育毛シャンプーを試していても、なかなか期待するような成果が得られないという人もいるようです。

確かに、育毛剤や育毛シャンプーが効果を現し、目に見える形で出てくるまでには、ある程度の時間を要します。けれど、自分に合うと思われる育毛シャンプーを使い続けてかなり経つのに、未だ育毛がうまくいかないという人も中にはいます。

そのような場合は、洗髪の仕方に問題がないかどうかという点からも見直してください。地肌を整え、育毛ができるようにするものが育毛シャンプーの役割です。髪を洗うときに頭皮に負担をかけず、清潔な地肌になるよう考えて開発されたものが育毛シャンプーです。

そのため、育毛シャンプーを使う時は、育毛シャンプーのよさを引き出すような洗い方をすることが大事で、ガシガシ力任せに洗うようなやり方はするべきではありません。髪の毛や頭髪を傷つけることになってしまします。

これは、育毛効果のある成分を配合したシャンプーを使っていない時でも、同じことです。最低限頭皮を傷つけるような洗い方はしないようにしましょう。日頃から薄毛予防を心がけているという人だけでなく、髪の量や質に満足しているという人でも、洗髪は頭皮に負担をかけずに行うことが大切です。

シャンプーはあまり頻繁にしすぎてもいいことはありませんので、育毛シャンプーだからと何度も洗うことはありません。何度も繰り返し頭を洗っていては、低刺激の育毛シャンプーでも頭皮の刺激になります。育毛シャンプーを効果的に使うためにも、頭を洗う頻度や洗い方を間違えずに行ってください。