女性なのに薄毛!その原因、男性ホルモンかも! 

2015年02月24日(火) 18時49分
●抜け毛が多く、将来の髪のボリューム感が心配!
●分け目部分の地肌が目立って他人の視線が気になる!
●シャンプーはもちろん、手ぐしするだけでも髪が
簡単に抜けるので気分が落ち込む。




40歳を境に髪のトラブルが起こって悩んでいる
女性が増えているそうですね。

特に薄毛や抜け毛、女性の薄毛は男性のように、

前髪の生え際から後退したり、頭頂部の生え際が
広がるタイプの薄毛ではありませんが、

頭髪全体が万遍なく薄くなるので髪がペタンと
なるのが特徴なんですね。男性ほど酷い薄毛に
なるわけではありませんが、

悩みとしては女性の方が根が深いかもしれませんね。

さて、女性の薄毛の代表的なものは、
「びまん性脱毛症」とか言われていますが、

原因は男性の薄毛と同じ「男性ホルモンDHT」による
影響だと言われています。

まぁ、薄毛女性の全てがそうというわけでは
ありませんが、約50%ほどは男性型の脱毛だと
言われていますよ。

で、この男性ホルモンDHTは何をするかというと、
毛根で脱毛物質を増やしヘアサイクルを乱します。

その結果、髪の毛の成長期が短くなり、

●休止期にある髪の毛の割合が増えたり
●髪の毛が産毛化したり

するんですね。

例えばAさんと薄毛のBさん、

同じ10万本でも産毛が増えるとBさんのほうが
少なく見えてしまいますよね?

というわけで薄毛女性も男性ホルモン対策を
して、正常なヘアサイクルに戻そうという話です。

でも、男性のようにプロペシアの服用ができない
ので、どうすれば男性ホルモン対策をしたら
いいのか迷いませんか?

正直、男性ホルモン対策をするというより、

イソフラボンとカプサイシンの同時摂取で、毛根で
成長因子を増やして毛母細胞の増殖を目指すほうが
はるかに効率的な育毛が出来ます。

しかも、イソフラボンとカプサイシンの同時摂取で
薄毛を克服した女性もいらっしますので、可能性は
ゼロではありません。

まずは薄毛の克服事例からご覧になり、希望を
持つことから始めてみませんか?
↓ ↓ ↓
育毛外来から生まれた飲む育毛剤





女性の薄毛の原因 

2015年02月24日(火) 19時05分
薄毛の原因はヘアサイクルの短縮化が原因です。

でも、男性と女性とでは薄毛になる仕組みが
少し異なるんですね。

男性の場合は成長期が短くなり、太くて長い髪が
作られず産毛化するのが特徴です。

薄毛の中年男性の生え際周辺を見ればわかりますが、
産毛になっているのがわかると思います。

もちろん女性にも産毛化するタイプの方もいますが、

女性の場合は休止期の期間が延長し、次の髪が
生えてくるまでに時間がかかるというタイプの方が
多いです。

なかなか新しい髪が生え変わらないので見た目の
本数が減ってしまうという。

なので、毛根を活性化させ、休止期から成長期への
移行を促すというケアが必要になってきますね。

ぜひ参考にされてみてください。



女性ホルモン力を高める食べ物とは? 

2015年02月25日(水) 0時00分
ここでは、抜け毛を防いだり、健やかな頭皮環境を
維持するために必要な栄養素や食材をご紹介します。

例えば更年期を迎えると、女性ホルモンの分泌量が減り、
男性ホルモンが優位になって抜け毛が増えるという経験を
した方もいると思います。

そんなとき、女性ホルモン力を高めるというイソフラボンを
摂取しませんか?イソフラボンは女性ホルモンである
エストロゲンと似た働きをするので抜け毛を防ぐのに
大いに役立ちます。

豆乳を飲むというのもありですが、ちょっと工夫して
豆乳と黒ゴマを一緒に摂ることでホルモン力をさらに
アップさせることが期待できますよ。

ぜひ参考にされてみてください。