薄毛の基準ってどう決めるの!? 

2011年11月04日(金) 23時38分
薄毛は見て判断するなのですが、一体どのくらい髪が薄くなってきたのであれねそういうのでしょうね?

薄毛の基準とは、髪はあるものの、頭皮がうっすらと見えている状態の事を言うのではないでしょうか。

もう少ししたら完全に頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)皮だけになる危ない状態であり、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)皮だけのハゲの状態にならないのでに何らかの対策が必要だといわれていますよね。

また、単に存在している部分の髪が薄くなってきているというだけでなく、髪全体のどの程度の面積が薄くなってきているかにもよると言われているのです。

つむじとか髪の分け目などが薄くなってきている場合、危険信号だと言わねばなりません。

薄毛の基準はこういったものですが、問題はどれくらい抜け毛を防ぎ進行を遅らせるかが大切になってくるのです。

薄毛の基準を超えてハゲになってしまう部分をできるだけ増やさないためには、髪の栄養状態と頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)皮の健康状態をちゃんと保つことにありますね。

食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)の改善とストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)管理は当り前として、毎日のシャンプーやリンスを正しく行うことが大切でしょう。

それでも改善の余地が無いようであれね、これはもう育毛剤の力を借りるしかなさと言われていますね。