気長に眺めても茶色い岩に見えるよね! 

January 23 [Wed], 2013, 21:08
二週間前に友達より宅急便で丹波名産の立派な山の芋が到着しました。
友達は一年前に可愛がっていたワンちゃんを病気で亡くしたので、大切な愛犬の命日にと大輪の百合の花を心を込めて送りました。
中々会えない友達はワンちゃんの命日を覚えていた事にいたく感動してくれ郷里名産の山の芋を感謝の気持ちを込めて配送してくれました。
配達されたBOXを開けると「何も無いよ?」有るはずの山の芋が見当たりません!BOXいっぱいに茶色いオガクズが入っていて其れを掘ると奥からやっこさん?が現れました。
「本当に食べ物?」って思えるほど真っ黒な皮で覆われた山の芋。


山かけ丼にする事しか思い浮かばない私(涙)困っているとオガクズの下からOPP封筒を見っけ!!それを取り出してみると中に小冊子が入っていて美味しそうなお料理のレシピが載っており速攻、開封しましたよ!山の芋は、揚げても煮ても焼いても旨し!小冊子のどの写真もほっぺが落ちそうなんです♪それが私の心の奥のヤル気に火をつけ山の芋料理にこだわり出した切っ掛けとなりました。
料理関係のHPを検索したり料理好きの友人に聞いたり山の芋料理のジャンルの多さに改めてタマゲました!今のシーズンはホワイトソースにたっぷりのおろした山の芋を合わせ蒸し焼きにすると優しいお味で激ウマです!他には珍しく無いですが、海苔に付けて揚げてもイケますよ。
たくさんのレパートリーが増え、其れを友達に教えてあげると言う満足感を得ました。
素材は個性が表に出ないほど色々と遊べて特徴が出せとても興味深いですね!で、最終的に気が付いたの事は一番要望の多いのは素朴な煮物料理とか。


トホホ(泣)でも友達からのお届け物のお蔭で私の慰めが一つ増え感謝の限りです。
後二個ほどあるので、今日の夕飯の献立はやっぱり天ぷらかな?