なんか詩が自然に出てくる

2006年02月14日(火) 20時52分
スラスラと詩が出てくる。
頭で考えなくても体が自然と動いて文字をつづる。
初めての経験です。
自分でもびっくりしました。Σ(・Д・ノ)ノ アウッ
できはイマイチかもしれませんが一応UPしときます。
ネタが無いんじゃないぞ!ただ詩を作るのが楽しいってことは内緒だぞwww
題名が無いんでどなたか付けて頂きたいものだo(・∀・)o


小学校から学校に通い続けた
何があるわけでもなくただひたすらにノートを取っていた
放課のチャイムがなれば白球を追い続けた
何かを得られるわけもなくただひたすらに追い続けた

そんな日常が当たり前だった
授業が終われば部活をし
部活が終われば疲れ果てて寝てしまう
そんなものだと思っていた
これからもそれが当たり前だと思っていた

しかし今となってはそれも思い出の一つ
友達とじゃれ合ったこと
仲間とユメを追ったこと
誰かを好きになったこと
嬉しかったこと
悲しかったこと
そのひとつひとつが変わらない思い出になっていく
これからも変わることのない思い出に・・・

あの日を超えれば学校には来ない
毎朝自転車で通いつまらない授業を受けることもない
放課の時間になっても白球を追うこともない
あの仲間たちと全力でユメを追うこともない

そんな日常はかえってこない
明日になれば全ては変わってしまう
それでも変わらないこともある
今日が終われば明日が来る
これからも明日はきっと来るだろう

だから明日にでっかいユメを描いていこう
今までの思い出は胸の中にそっとしまって
明日は必ず新しい日々が待っているから・・・

過去の自分からの卒業
まだ見ぬ自分への挑戦
ずっと変わらないパートナー
自分へのメッセージ

「これからもよろしくな」

前に書いた詩をUPしてみる

2006年02月12日(日) 21時21分
お久しぶりです。
最近全然更新してなかったです。
理由は・・・ネタが無いんです。(。´Д⊂)
てことで恥ずかしながら以前彼女いた時に書いてみた詩(付け足し済み)を載せてみようか。(・∀・)ニヤニヤ
これって詩と言えるのか?

僕らが知り合ったのは
友達の紹介がきっかけで
たちまち僕は君に 恋をした
君のことはまだ分からないけれど
これから一杯知っていきたいな・・・
秋の夕暮れ帰り道君と海へ行き
砂浜に座って思いを伝えたよ
君に伝わるか分からないけど
精一杯好きだと伝えたんだ

君の全てを教えてよ
僕の全てを見せるから
君は僕の全てさ
だからこの唄を歌うよ
君に思いを伝えるために・・・

初めて会ってから早一年
この日は僕らの記念日だね
ケーキを食べたいって言ったっけ
おいしそうにケーキを食べる君はとても可愛かったよ
それから少し経って
君はずいぶんと忙しそうだね
だからあまり会えなくて寂しいな・・・
離れていても僕はいつでも君の味方だよ

君の全てを教えてよ
僕の全てを見せるから
君は僕の全てなんだ
だから僕はこの唄を歌い続けるよ・・・

君と離れてしまっても
僕はいつでもそばにいる
君と僕は一つさ
だからこの唄に全てを込めるよ・・・

今までいろいろあったけど
やっぱり思いは一つだよ
いつでも君のそばにいたい
君の全て分かったつもりだったけど
やっぱりまだまだ足りないのかな・・・

君と別れて早二ヶ月
君に会えなくて寂しいよ・・・
最近全然会わなくなったけど
それでも僕は君のこと
「好きなんだ!」って言えるから
僕のこと嫌いになっても
君のこと好きでいてもいいかな

君に伝えられるのなら
あの日の思いを伝えたい
たとえ世界を敵に回しても
君への思いは変わらない
だからこの唄を贈るよ

君のことが大好きだから・・・







クサっ!!!!Σ(・Д・ノ)ノ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:usual-best
読者になる
Yapme!一覧
読者になる