子供が生まれる前の事夫婦二人暮らしをしてい

January 03 [Sun], 2016, 23:31

子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に新しく購入したマンションに、引っ越すことにしました。


引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、結局、そのまま運んでもらいましたら、高い値段ではなかったものの、追加料金を請求されてしまいました。





見積もりをもらった時にでも追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。





この苦労を減らすためには、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。もちろん計画に則ってテキパキ作業をすすめられるのであれば特に問題はありませんが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。


ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。




今日においても、引っ越し時の挨拶はお互いが気持ちよく生活するためにも必要不可欠ですね。



贈答品については、のし付けをどうするのが良いのかが難しい問題ですよね。ですが、そこまで肩肘を張ってかしこまる必要もありませんから、のしは外のしが最適です。表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記載すれば問題ないでしょう。


引っ越しをする場合、アート引越センターを選びましょう。



複雑な準備作業も順調に終わらせることが出来ると思います。



梱包用の段ボールや家具の運送など、引っ越し作業を支えてもらえます。一人では難しい家具運びも信頼してお願いできますので、当日もトラブルなく引っ越せますから、もし引っ越し業者でお悩みの方は、アート引越センターを検討してみてはいかがでしょうか。一般家庭の引っ越しを扱う会社としてはその仕事に定評があるのはCMでもおなじみの引っ越しのサカイでしょう。




支店は全国に170社以上あり、3500台以上の自社が保有する車によってその機動力を生かした引っ越しを用意しているのです。サービスを細分化しているだけでなくスタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、期待通りの引っ越しを実現できるでしょう。引っ越すのは来月なのですが、持っていく荷物にピアノを含めるか持っていかずに処分するかで迷っています。ピアノを弾くことはないので、ずっと置いておくだけでしょう。一方、捨てるというのも費用はかなりかかることでしょうし、一体どうしたら良いのでしょうか。誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、引き取り手はそうそう現れません。



天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、雨が降ると荷物の防水などの作業が増え、時間がかかるようになります。


梱包をはじめとして、業者に全てお任せのコースを利用しているなら、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、雨による渋滞で荷物到着が遅れ、作業終了も遅くなるかもしれません。





業者スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、防水対策は必要です。


万が一のことも考えて対策は立てておいた方が良いでしょう。思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。私の引っ越しでは、新築の家だったのでガスコンロも新しくなったのですが、引っ越し先が新築でなければ手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。注意しなければならないのは、ガスの種類です。



転居前のガスコンロが使えないこともあるので引っ越し後も同じガスコンロを使いたい場合や、買い換えの計画があれば使いたいコンロが使用可能か、注意してください。部屋を引っ越して出て行く際、扱いに困るのがエアコンです。けれど、賃貸住宅から退去するのなら、管理をしている大家さんか管理会社の担当者に取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを問い合わせてみましょう。




次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。こんな風にエアコンを置いていけると撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、引っ越しにかかる費用を少し削減できます。


引っ越しの時には、何かとやることが多いのですが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水道を開通させることは最重要項目の一つでしょう。




水道を使えるようにするのは、いつぐらいが丁度いいかとなると、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。


そしてちょっと念入りに、引っ越しをする日から、一週間前には水道が使える状態になっていたら、それで十分でしょう。職住接近したい、家族が増えたり減ったりして、今の住まいでは合わないといったことがあって引っ越しするケースが結構あると思います。





引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものや着ていない服などはまとめて処分してしまい、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。



もっとも、布団類は引っ越しで処分することは少なく、引っ越し先でも、引き続き同じものを使うようです。毎晩使っているので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。


引っ越しの時に様々な荷物を箱などに詰めていく梱包作業は、自分で行なうことにしている人が殆どのようです。


しかし、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。




そういうことであればなるべく作業員にしてもらった方が良いかもしれません。



業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、荷物の紛失や破損などがあれば責任は作業をした業者にあるとして荷物の弁償をしてもらえることもあるようです。


引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば新たな生活を送れるようにするためどうしてもお金がかかるものです。引っ越し作業については一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。利用したい業者の割引サービスは、どんなときに適用されるでしょうか。問い合わせてみても良いでしょう。どこの業者でも、割引は人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際にオフシーズン割引になるので、その時期の引っ越しができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、当然、ダンボールでしょう。





新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると作業しやすいはずです。家中の物を詰め込んでいきますし、人によってはかなりたくさん使うことになるでしょうから、念のため、数はあった方が安心です。


さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。しかしながら、業者が用意するダンボールを利用するのが強度や扱いやすさを考えると、おすすめです。引っ越しも、単身世帯だと新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。





ワンルームに引っ越すとすると、ベッドがあると相当狭くなります。まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼しても新居の玄関からベッドを入れられないといった話も耳にします。そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることをスタートしてみるのも部屋をより広く使えるようになりますよ。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:志歩
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/usrn1eij8tersf/index1_0.rdf