出会い:2 

September 23 [Sat], 2006, 2:56
エンペラーとの メールのやりとりは 一日に 数通にすぎなかった。


その頃は 盛夏だったから、「暑いよねえ・・・」という 

季節の挨拶を 毎日してただけと 言っても過言ではなかったww

そんな アッサリとした やりとりを 気がつけば 数週間やっていたと思う。



正直、エンペラーとは 恋仲になるとも思えなかったし、

エンペラーもそうだったんだと 思う。



だから 気が楽だったww


愛だの 恋だのを 絡めなくても、 お互いに 満たされない日常の

何かを 吐き出すには 好都合の相手だったんだと思う。


「会おうと思えば 会える距離」 にいるけど、 

会うことが 目的ではなく、リアルと バーチャルの ハザマ で 

生ぬるい関係が 心地よかった。


それでも、焦らないはずの 二人は 気を許すにつれて、

いつしか、 自分の 胸のうちを 漏らすようになっていった。。


そして、お互いに 男女としての意識が 始まってることに気づいてしまった。

そして、紆余曲折あって、

気がつけば、 毎日 「好きです。。」 と いう気持ちを 確認しあうように

なっていた。。。





出会い・・・ 

September 23 [Sat], 2006, 2:46
あれは 2002年。。。7月のことじゃった。。。

日韓共催の W杯があって そして 私は まだ 結婚していた。

結婚して 9年目。。。夫には 数々の浮気がバレていた。

そして ネットで遊ぶ私に 夫の監視の目は厳しく、

携帯なんてもんにわ、プライバシーはなかったww。

そんなある日、ある掲示板に、メル友募集のカキコミをした。
(そこでは のちに T師とも 出会っている)

ホットメールを使えば、メールのやりとりは、夫の目を盗んでできたからだ。

すぐにたくさんのアプローチがあった。

その中にいたのが エンペラーじゃった。。。

最初は、つまらない自己紹介を交わしていた。

どーせ、あたしのことだから、ある程度までメールをやりとりすれば、

飽きて メールのやりとり自体も 終わらせるだろう。。

と踏んでのことだったww

たくさんの「恋人になれたらな。。」みたいな

アピールメールの中で、唯一、

こちらが掲示板にカキコの段階で募集した、

「メルトモとして」という条件を ちゃんと守ったメールを 遣したのは

エンペラーだけだった。ww

だから、逆にその下心のなさに安心して 

メルトモとして エンペラーと やりとりを開始したww。



続きはまた。。。。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:usotukimakuri
読者になる
Yapme!一覧
読者になる