睡眠不足と医療市場の急速な拡大

August 19 [Mon], 2013, 17:58

日本の医療全体がQOL(quality of life=生活の質)を重視する傾向にあり、製造業に代表される経済の発展と医療市場の急速な拡大もあって、容貌を自分好みに変化させられる美容外科はここ数年最も注目されている医療分野であることは間違いない。

メイクの欠点:皮ふへのダメージ。毎日の化粧が面倒くさくて仕方がない。化粧品を買う費用がやたらめったらかさむ。メイクでお肌が荒れる。メイクを直したりフルメイクをする時間の無駄だということ。

美容誌でリンパの滞留の代表格みたいに説明される「浮腫」には大きく2つに分けると、体の内側に病気が潜んでいる浮腫と、健康体にも現れるむくみがあるそうだ。

ドライスキンというのは、肌の角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常よりも減退することで、皮ふにある水分が失われ、皮膚がパリパリに乾く症状です。

ターンオーバー(新陳代謝)が狂ってしまうと、色々な肌のエイジング現象やトラブルを招きます。ほうれい線などのしわ・濃くなるシミ・顔色がパッとしないくすみ・目の下の隈・フェイスラインが下がるたるみ・吹き出物・乾燥など、書きだしてみたらキリがないくらいです。



本来、健やかな皮ふのターンオーバーは4週間周期になっていて、常時新しい細胞が生まれ、常時剥がれ落ちています。これらの「毎日の生まれ変わり」によって私たちの皮ふは若々しさを保ち続けています。

ピーリングというのは、老化し役目を終えた要らない皮膚を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)し続けることで、生成されたばかりの若くてダメージのない角質に入れ替えるという外からの美容法です。

加齢印象を与える重要な要因のひとつが、歯の”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の表面には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、日々の暮らしの中で茶色い着色や食物カスなどの汚れが付きやすくなります。

どうにかしたいと思った挙句にやみくもにフェイシャルマッサージをする人がいらっしゃいますが、ことさら目の下の表皮は敏感なので、ゴシゴシ圧力を与えるだけの粗っぽいフェイシャルマッサージは逆効果になります。

何れにせよ乾燥肌が普段の日常生活や環境に大きく関係しているのならば、日々の日課に注意すればある程度トラブルは解消するはずです。



日常的な睡眠不足は皮ふにどういったダメージをもたらすかご存知ですか?その代表格が皮ふのターンオーバーの乱れ。正常なら28日単位である肌の生まれ変わる速さが遅れてしまいます。

ネイルケアとは爪を更に良い状態にして維持することを目標に掲げている為、爪の変調を調べておくとネイルケアのテクニック向上に相当役立つし何より無駄がないのだ。

審美歯科(しんびしか)というものは、美しさに重きを置いた総合的な歯科医療のこと。歯の役割には咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなどの審美面があり、どちらも健康に関係している大事な要素なのだ。

美容整形をおこなう美容外科とは、要は外科学の中の一分野で、医療に主軸を据えている形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは異なっている。また、整形外科学(orthopedic surgery)とも間違われることがよくあるがこれとはまったく分野の異なるものだ。

さらに、肌のたるみに大きく絡んでいるのが表情筋。これは様々な表情を作る顔の筋肉のことです。皮膚のコラーゲンと同じように、この筋力も年齢を重ねるに従い低下するのです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:FUEFUEMAN
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uslver23/index1_0.rdf