サイファーの三谷

July 26 [Wed], 2017, 15:10
もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、殊の外大変なことに達します。まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、そうなると命を失うことも想定できるでしょう。
ですから、インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が打倒かもしれません。
便秘にいい食べ物は、乳酸菌が含まれた、発酵食品などをさしています。


頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。
この状態を改善することで、、うんちを出やすくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。ご存知の通り、アトピーの改善には食事も重要と考えられます。アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで健康的な肌へと改善することが可能となります。


胃腸などの消化器官を調整して免疫力を良くする成分としてヨーグルトや大豆食品を代表する食品などをできるだけ、バランスよく食べるとアトピーへ効果があります。



以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。

改善できたポイントは、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。この方法で、長年の便秘を改善したという話を知ってから、、私も早速ヨーグルトをたくさん買ってとにかく食べることにしました。実践していくうちに、お通じが改善されてきて、便秘で悩むこともなくなりました。
というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うものと聞きます。その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急な高熱となり、3日から7日程度それが続きます。

型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状が微妙に違います。

場合によっては、肺炎を併発したり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、怖くもある感染症です。
実はインフルエンザの予防ために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。
およそ1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというコンテンツを見ました。


娘がちょうど受験の時期だったので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが格別にいいそうです。

一般的な乳製品以外にも、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、いったい、どういうものだろうと調べてみました。


いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。このことを知ってましたか?私は30年以上生きてきて、初めてわかった事実です。



知っての通り、乳酸菌を過剰摂取しすぎたとしても特に副作用を心配する必要はありません。

ではありますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、ことはありますよね。


実際、吸収できる量には限りがございますので、そう考えても、常識的な量を守っておくと確かでしょう。
アトピーに大変よい化粧水を使用してします。

知り合いから紹介された化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを思いのほかキレイにしてくれたのです。


毎日鏡を覗くのが、嬉しくなりました。
触る度にお肌がスベスベしていることを実感しています。

内臓の調子をしっかり整えておくと肌がキレイになると知って、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食品のようです。
「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。
恥ずかしい気持ちです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲希
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる