〓鍵の話

November 23 [Fri], 2007, 6:13
その一 ドァーの内鍵
 ○○○号室の奥さんは、縁なし眼鏡の良く似合う品の良い人だ。

夕方うす暗くなった頃、せき込むように慌てふためいて「管理人さん」とやって来た。

中学生の娘さんが風邪を引いて熱を出し、学校を休んで家で寝ている筈なんだけど、電話を掛けても出な

いし、今帰ってきて玄関のチャイムを鳴らしたり、ドァーの隙間から名前を呼んでも全然反応がないとの

事、内側から掛けられたクサリ鍵を外す方法はないだろうかと言って来た。

「胸がどきどきしてきちゃった。どうしよう、どうしょう」という調子。

「外から簡単に外す事ができてしまったらクサリ鍵の役目が果たせないと思うので無理じゃないかな」

と言うと、それではハシゴを使って2階のベランダから入って下さいなんて云う。

「私みたいな者がいきなり2階のベランダから侵入していったら娘さんがびっくりして気絶しませんか」

「それじぁ私が昇ってゆきます」

「とりあえず、もう一度この管理室から電話をしてみて下さい」

と言って電話を掛けて貰ったが、やっぱり受話器には出てこなかった。とにかく行ってみましょうかと

○○○号室に行ってみる。奥さんがドァーの隙間から「○こチャーン」と叫ぶ事2度3度。

いゃー無事だったよ。どうやら奥さんの心配は取り越し苦労で、ぐっすり寝込んでしまったようだ。

最後の管理室からの電話で目が覚めたらしいが、掛けている方が焦っているので、呼び出しベルが少し

短かったのである。一件落着、事泣きを得て胸をさすったが、子を思う母親の心が改めて感じられ、

なんとなく、ほのぼのとしたこころよいあと味が残った。

そのニ・鍵の取り忘れ
 土曜日の午後1時過ぎ、管理室の受付窓口からひょいと郵便受けを見るとキーホールダーがぶら下がっ

ているところがある。「はて?近くには誰も居ないのに」

管理室の外に出てみると○○○号室の松本さんの処である。郵便受けだけの単独の鍵を忘れる人は時々居

るけれど、その他の鍵も一緒についているキーホールダーを忘れた人は初めてだった。
  • URL:http://yaplog.jp/useklu574/archive/25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:useklu574
読者になる
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 今、歳を取りました☆ (2008年10月18日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 今、歳を取りました☆ (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» 今、歳を取りました☆ (2008年10月10日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 今、歳を取りました☆ (2008年10月08日)
アイコン画像きりひと
» 今、歳を取りました☆ (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» 今、歳を取りました☆ (2008年10月01日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 今、歳を取りました☆ (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 今、歳を取りました☆ (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» 今、歳を取りました☆ (2008年09月18日)
アイコン画像えびふりゃー
» 今、歳を取りました☆ (2008年09月16日)
Yapme!一覧
読者になる