生活に役に立つ口コミの情報を提供しています。

漢字検定 合格率
漢字検定に合格率について。漢字検定は年に3回行われますが、実施状況が漢字検定協会のホームページで見ることができるたので、平成20年度3回目の合格率を調べてみました。

1級から10級までの総受験者数は898,304名です。
10級の受験者26,525名、合格者25,548名で合格率は96.3%です。
9級の受験者34,975名、合格者32,356名で合格率は92.5%です。
8級の受験者43,097名、合格者37,051名で合格率は86.0%です。
7級の受験者50,226名、合格者41,757名で合格率は83.1%です。
6級の受験者53,351名、合格者38,132名で合格率は71.5%です。
5級の受験者89,586名、合格者64,237名で合格率は71.7%です。
4級の受験者127,292名、合格者70,055名で合格率は55.0%です。
3級の受験者193,847名、合格者102,401名で合格率は52.8%です。
準2級の受験者151,216名、合格者65,817名で合格率は43.5%です。
2級の受験者116,097名、合格者35,206名で合格率は30.3%です。
準1級の受験者10,401名、合格者1,697名で合格率は16.3%です。
1級の受験者1,691名、合格者251名で合格率は14.8%です。

4級から2級の受験者は多いのは、数年前からの漢字検定ブームに乗り受検した方々が4級レベル〜2級レベルになっていて、挑戦していると考えられています。
漢字検定は10級から順を追って受験しなければならないわけではないので、自分のレベルに合わせて挑戦できます。
 
   
 / 漢字検定 / 漢字検定 合格率
漢字検定 2級
漢字検定2級について。漢字検定の2級に合格していると、社会的な評価も高いとの事で、サラリーマンやOLの方は2級から挑戦することが多いです。
仕事の中でも役に立ちますし、就職や転職の際に評価が良いということです。

漢字検定2級のレベルは、高校卒業程度となっていますが、実際の問題はもう少し難しいです。
漢字検定2級レベルの配当漢字を覚えるだけでしたら簡単でしょうが、漢字検定は漢字が読めて書けるだけでは通用しないのです。
類義語、対義語、四字熟語(その意味)、熟語の構成、同音・同訓異字なども出題されるのです。
大学生で余裕だと思って受けて、不合格になっている方が大勢います。
やはり試験勉強をしなければならず、漢字検定用の問題集や参考書を購入して試験対策しなければ2級は受からないのが現実だと思います。

漢字検定2級は社会人や大学生の方でしたら、書店で購入出来る2級レベルの参考書等を購入し、自分で対策すれば合格できると言われています。
通信講座でも漢字検定講座があります。

漢字検定2級は、自分で勉強して合格を目指し、次の準1級から通信講座を利用するというのも1つの手ではあります。
予算と、勉強の仕方などを比較した上で、ご自分にあった資格獲得方法を模索してみましょう。
自分で勉強して合格すると、喜びは格別でしょう。
準1級、1級も個人で勉強をして合格出来る方は少ないです。
 
   
 / 漢字検定 / 漢字検定 2級
速読 トレーニング
速読のトレーニングについて。速読法のコツは、読むことと理解する事を同時に処理する事にあります。
速読法というのは、いかに早く文章を読むか、そしていかに早く内容を理解するかという2点を同時にこなす必要がありますよ。
であれば、速読法というのは、この2つをいかに効率よくトレーニングするか、そして併用するかという点こそが重要と言えます。

早く読むだけであれば、トレーニング次第ですぐに身につきます。
文字を見る、文字を認識する、認識した文字を記憶する。
ここまでは、さほど難しい事はありません。
これを早くするのは、慣れです。
どんどん本を読んでいけば、自然と早くなるものです。

ですが、理解を速めるというのは、なかなか一筋縄ではいきません。
読んで理解し、理解したら再び読む、というやり方では、速読とはいえないのです。
読みながら理解していく事が前提としてあり、尚且つその速度を上げていくというのが、速読法なのです。

この読みながら理解するというのは、感覚的に言えば頭と目を切り離すような感じですね。
目で文を追い、それを頭の中の記憶に繋いで放り込むのではなく、目の辺りに文字を一旦ストックしていくような感覚で読んでいき、区切りの所で一気に頭に流し込むというイメージで読んでいきます。
そして次のセンテンスを読む間、前のセンテンスの理解を頭ではやっていく、という感じです。
頭の方は別の事を考えるというのが、速読法のコツです。
読む箇所をリアルタイムで完全に理解しようとすると、詰まりやすいですね。
それよりは、読み進める一方で少し前の文を考え、理解するというやり方であれば、内容面で詰まりつつも読み進める事ができます。
読んでいる間は理解する時間にあてるので、多少詰まっても、時間はあります。
 
   
 / 速読トレーニング / 速読 トレーニング
速読 コツ
速読のコツについて。速読法を学ぶ場合、独学であろうと教室に通おうと、あるいは通信教育や教材に頼ろうと、なかなか上手くいかないという人は少なからずいます。
それは、単に速読法の素養がない、と言える事もあるでしょう。
ですが、いきなりそう認識するのはさすがに早計です。
速読法はセンスによる部分はあまり多くなく、どちらかといえば効率を損なう行動や癖が原因で上手くいかない、というケースが多いのです。

では、速読法を学ぶ上で上手くいかない要因となる癖や行動というのは、どういったものなのでしょう。
まずよくあるパターンが、首を動かしながら本を読むという癖です。
この癖を持っていると、読書の際に視界がぶれやすく、結果的に読むスピードがなかなか上がりません。
また、ある程度の時間読書をしていると、首が疲れてしまい、長時間の読書ができません。
首というのは脳に繋がる様々な神経が集中している箇所で、ここが疲労すると吐き気やめまいが起こりやすくなり、読書の継続が困難となります。

この他にも、読み返す癖というものがあります。
内容を寄り把握する為に読み返すというのは、特に問題はありません。
しかし、これが癖になっていると、無意識のうちに既に内容も把握した文章をまた読み直したりしてしまうのです。
これは大きな時間のロスになります。

さらに、小学生くらいの子供によく見られますが、音読してしまうというケースもあります。
声に出して読むと、どうしても読書スピードは落ちます。
もちろん、音読には音読のメリットが沢山あるのですが、速読を学ばせる場合は、目読をさせるようにしましょう。
速読のコツを掴んで、早くマスターしたいですね。
 
   
 / 速読トレーニング / 速読 コツ
DS 速読
DSの速読について。速読法を学ぶ方法は、主に教室に通うか、通信教育か、教材を買うか、という3つのパターンがあります。
ですが、これらの方法だと最低でも2〜3万円は掛かります。
さすがに少々コストがかかりすぎますよね。

もう少し抑えた金額で速読法を学ぶ方法として、ゲームというものがあります。
ゲームと速読法というと、まるで結びつかないという方も多いでしょう。
実際、ゲームで何かを学ぶということ自体、意味がわからないという人も多いかと思います。
ですが、今の時代においてはその認識は誤りだという事になります。
というのも、近年教育系のゲームというのが非常に流行っているからです。

実際には、流行ったのは数年前です。
ニンテンドーDSというゲーム機をご存知でしょうか?
圧倒的なシェアを誇る携帯ゲーム機で、多くの人が所持しています。
そのDSがそれだけの人気を獲得した背景には、4年ほど前に流行り始めた「脳トレ」ソフトの存在があります。
ゲームソフトではあるものの、収録されているのは脳のトレーニングを行うもので、昨今のクイズブームを生んだのは、この脳トレソフトの影響と言われています。

そんな脳トレソフトの一環として、速読法を学べるソフトが発売されているのです。
例を挙げると、「目で右脳を鍛える DS速読法」、「目で右脳を鍛える DS速読ジュニア 」、「右脳鍛錬ウノタンDS 七田式 大人の速読トレーニング」等といったソフトです。
これらのゲームで、速読法が学べるのです。
便利な世の中になったものです。
 
   
 / 速読トレーニング / DS 速読
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!