当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

,"> 車オークションで優良中古車をGET!

【 更新情報 】

スポンサードリンク

車オークション 落札金額以外の費用の相場

中古車オークションで落札した場合でも当然ながら諸費用が必要になります。
この点は中古車販売店で中古車を購入した場合と同じですが、オークションの場合にはさらに独特の費用が発生します。
中古車販売店で中古車を購入した場合、よほどのことがない限りは販売店から自分で運転して帰るか、サービスで自宅まで届けてもらいますね。

ところが中古車オークションではオークション会場からあなたの自宅まで車を運ばなければなりません。
というわけで陸送料というものが発生します。
この陸送料も業者によってまちまちですので事前に確認しておくことが必要です。

実は中古車販売店に並んでいる中古車にも陸送料は発生しています。
ただそれは販売価格のなかに含まれてしまっているのです。

中古車を購入する場合に必ず必要となる費用は、自動車税(月割り)、自動車取得税(50万円以下不要)、自動車重量税(車検残がある場合は不要)、自賠責保険料、消費税、リサイクル料金がおもなものです。
車庫証明や名義変更にも費用が発生し、これは業者によってまちまちです。でも、ちょっと面倒ですが自分でもできますのでチャレンジしてはどうでしょう。

私の経験では、中古車を購入したときの諸経費は20〜25万円というところでしょうか。
もちろん中古車の程度や年式、販売店の誠実さやサービスなどによっても違ってきますので一概には言えません。
意味の分からない経費を請求してくる業者もいるということですから、不明な点はキチンと説明してもらいましょう。

中古車オークション代行業者に依頼して中古車を購入する場合には、中古車販売店と同じようにいかに信頼のおける業者を見つけるかにかかっています。


車オークションの会場

現在日本全国には150以上の中古車オークションの会場があります。
大都市では必ずと言っていいほど中古車オークション業者が会場を設けています。
人口15万程度の中都市にもあるほどです。

これだけの数の会場があるわけですから、ほぼ毎日どこかの会場で中古車のオークションが行われています。
業者が日にちと会場を変えてオークションを開催するのが普通のようですが、なかには一週間休みなしでオークションを開催する業者もあります。

大きなオークション会場ではものすごい数の中古車が競りにかけられます。
当然ながら入札する業者さんの数も多くなります。

ヤフーオークションの入札を経験した人なら分かりますが、休日前の夜は落札金額がどんどん高くなっていきます。
それはそのオークションを見ている人、参加する人が多いからです。
中古車オークションも同じで、参加する業者さんが多ければ多いほど値段がつりあがっていきます。

というわけで、少しでも安く落札したいと思うならなるべく規模の小さなオークション会場での参加がいいと思われます。
ですがこの場合にはオークションにかけられる中古車が多くないわけですから、希望する車種をあまり限定せずに入札してもらうよう、代行業者さんに依頼しておくほうがいいでしょう。
また、オークションの開始早々と終了間際は比較的値段が抑えられる傾向にあるということです。

車のオークションは代行してもらいます

販売店に並んでいる中古車は中古車オークションで落札したものがほとんどです。
販売店は落札価格にお店の利益や費用経費を上乗せして販売価格としています。
それなら落札価格に近い価格で購入できれば店舗に並んでいる中古車よりも安く購入できますね。

多くの中古車オークションではプロの査定員がプロの目で車両をチェックしています。
事故歴や消耗品のヘタリ具合、キズや汚れなどをしっかりと査定しており、また落札する側もプロですので品質には安心できます。
さらに実績豊富な業者ならいっそう安心できます。

でも、一般ユーザーが参加できない中古車オークションで目当ての車をゲット(落札)するにはどうしたらいいのでしょう。
そこで登場するのが中古車オークション代行業者です。
中古車オークション代行業者はもちろんオークションの参加資格を持っていますので、車種や年式、価格などの希望を伝えておき自身の代わりにオークションに参加してもらうのです。

中古車オークション代行業者は在庫を持つことによる費用が発生せず、手数料を支払えば落札価格で中古車が手に入るのです。
ここで気をつけなければならないのは手数料をはっきり明示しない業者です。
薄利多売ですなどと謳っている業者ほど高額な手数料を取っている場合があり、要注意です。

中古車オークション代行の手数料は落札価格の何パーセントと決めている業者が多いのですが、落札価格が高ければ高いほど手数料も高額になります。
ですから希望する車の中古車相場を把握しておくことも大切になります。


車のオークションは誰でも参加できるの?

車のオークションはヤフーのオークションと違って一般の人は参加できません。
ディーラーさんや中古車販売業者のいわゆる業者さんだけが参加できます。
車のオークションに参加する資格を得るだけでもかなりの費用が必要だそうです。
業者さんは中古車オークションで車を落札し、自分のお店で販売するわけです。

中古車オークションはいまから40年ほど前に始まりました。
日本のモータリゼーションの創生期に、新車ディーラーが下取り車として獲得した中古車をさばくために設けられました。
そのためその利便性はもっぱら新車ディーラーのためだけでした。

しかし、車社会が成熟してくるにつれて中古車のディーラーも増えてきました。
そこで中古車ディーラーの仕入れルートのひとつとしての中古車オークションが開催されるようになりました。

さらに時代が進むと中古車オークションをひとつのビジネスととらえ、出品料や手数料で利益を上げようという、いわゆる企業系の中古車オークションが始まりました。
現在ではテレビ画面に出品車両が映し出されるシステムが導入され、出品車両を素早く見つけ出せるようになり、認定員制度によって中古車の程度の確かな査定も可能になりました。

そして一般ユーザーから中古車を買い、中古車オークションで高く売るという車買取専門店も誕生しました。

このような中古車オークションの歴史を見ても、また一般の人をオークションに参加させてしまうととてつもない大人数になってしまうため、中古車オークションには業者さんしか参加できないのです。

中古車購入なら車オークションがお得

今や一人に一台とまで言われるほど普及した自動車。
しかし、自動車も消耗品です。ある程度の年月が経てば買い換えなければなりません。
車が趣味、なんて人は買い替えのサイクルもずっと短くなるでしょう。

どうせ購入するのなら少しでも安い価格で購入できることに越したことはありません。
新車でなければダメだという人は別にして、中古車なら同じ予算で一ランクも二ランクも上の車が狙えます。
中古車でもできるだけ安く手に入れたいですね。

そこで気になるのが、最近あちこちの会場で行われている車オークションです。
車のオークションといっても新車ではなく、中古車専門のオークションです。
中古車オークションって良く聞きますが、一体どんなものなんでしょうか。

一般的な中古車オークションとは少し違いますが、オークションといえば日本で一番有名なのはヤフーオークションでしょう。
実は私もヤフーオークションで今の車を手に入れました。

それまで乗っていた車が知らないうちに油漏れを起こしてシャーシは真っ黒。
ディーラーへ持っていったら、どこから漏れているか分からないので修理代もいくらかかるか分からないと言われ、車を買い換えることにしました。

最初は近くのトヨタ系の中古車ディーラーへ行きましたが、希望車種の価格と予算の差にびっくりして帰ってきました。
それならとヤフーで中古車オークションを見たところ、近くの業者が希望の車種を出品されていましたので現物を確認して落札しました。
トヨタ系の中古車ディーラーよりヤフーの中古車オークションのほうが3割も安く購入できました。

もっともエンジンルームが少し汚れていたり、ボディに細かなかすり傷があったりしましたが、それを自分できれいにするのも楽しみのひとつです。
カーナビもついていましたし、バッテリーも新品にしてもらえましたので即決でした。

このように、ヤフーでの中古車オークションはヤフーのプレミアム会員であれば誰でも参加することができ、現物を確認することができればいい買い物が出来ると思います。
でも、巷で行われている中古車オークションはヤフーの中古車オークションとはだいぶ違います。

P R