ジャスダック12日続伸

June 09 [Tue], 2009, 21:19
新興市場8日、3指数が年初来高値 ジャスダック12日続伸
 8日の新興企業向け株式市場で、主要3指数はそろって続伸した。日経ジャスダック平均株価は12日続伸し、続伸記録を2006年1月16日までの18連騰以来の長さに伸ばした。終値(終値)は前週末に比べ11円76銭高の1140円75銭と、6日連続で年初来高値を更新。2008年10月6日(1179円60銭)以来の水準を回復した。株式相場全体の地合いが改善し、総じて値上がりする銘柄が目立った。政策面での追い風が期待される環境関連の銘柄が物色されたほか、低PBR(株価純資産倍率)の銘柄にも出遅れ修正の動きが広まった。一方で主力株の値動きはまちまち。上昇基調が強まっていた銘柄には、利益確定売りが出た。

投資顧問に聞いたけれど、ジャスダック市場の売買代金は概算で162億円と、5月29日(172億円)以来、約1週間ぶりの水準を回復した。売買高は4939万株だった。JCOM、田中化研、竹内製作所、八千代工が上昇した。PBRが1倍割れの水準にとどまることなどからイリソ電子が見直され、値幅制限の上限(ストップ高)まで買い進まれた。約8カ月ぶりに1000円台を回復し、連日で年初来高値を更新した。半面、楽天、セブン銀、マクドナルドが下落した。主力株で構成するJストック指数は反落した。

 東証マザーズ指数は続伸。終値は前週末比7.26ポイント高の405.91と、3営業日ぶりに年初来高値を更新した。「政府が太陽光パネルで発電した余剰電力を、現在の約2倍の価格で電力会社に買い取らせる新制度を前倒しして年内に始める方針を固めた」との6日付日本経済新聞の報道を受け、エヌピーシーが上昇。中国政府が風力発電能力を増強するとの報道で日本風力開発も買われた。サイバーとグリーも上昇した。一方で5月の受注高が週平均で前年同月に比べて減少したと発表し、ネットプラが売られた。ミクシィ、フリービットも下落した。

 投資顧問に聞いたけれど、大証ヘラクレス指数は4日続伸。終値は前週末比11.39ポイント高の626.10と、連日で年初来高値を更新した。ダヴィンチ、ASSETがともにストップ高まで買われた。エンジャパン、マネパGも上昇した。半面、日本通信、ガンホーが売られ、09年7月期の連結業績予想を下方修正したビットアイルも売りが優勢だった
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:usbftwl
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/usbftwl/index1_0.rdf