進む季節。うさぎさんの体調 

2016年11月05日(土) 21時22分
「秋」という季節が感じられなく冬のような寒さの日もあるこの頃です。

うっ滞の症状があるうさぎさん大変多く見受けられます。

小さな身体で神経が繊細なうさぎさんは気圧や気温の変化には大変敏感でダイレクトに体調に影響してしまいます。
飼い主さんがいくら気をつけていても動物の本能には太刀打ちできないことも多くあります。

ただ
「いつもと様子が違う」
「なんとなく元気がない・いつもよりおとなしい」
「食欲がない」
健康のバロメーターである「うんちが出ない・軟らかい・下痢」
「耳が冷たい(低体温)」
などがありましたら様子を見てから・・ではなくてどうか迷わずに病院で診てもらって下さい。
早い受診がうさぎさんの負担を軽減してあげられる飼い主さんができることです。

捕食動物のうさぎさんは「弱み」は見せません。
飼い主さんから見て具合が悪いの?の時はうさぎさん、すごく辛くてしんどいはずです。

病院に連れて行く時はキャリーカバーなどで冷たい外気や冷たい風に当たらないようにすることが大事です。

体調を崩している全てのうさぎさんが早く元気になりますように祈っています。

今年も残り僅かです。うさぎさんの急な体調不良に備えて 

2014年12月27日(土) 23時52分
今年も残り僅かです。
今日が仕事納めの方、明日が仕事納めの方、はたまた年末年始も仕事の方
それぞれだと思いますが、年末年始は動物病院もお休みが多いです。
そうゆう時に限ってうさぎさんも体調を崩すこともありますね。

近年の異常気象でまた寒波がやってくる予報です。→年越し寒波
晴れても平年より気温が低い日があるとのこと。
Yahoo!ニュース

先日の大寒波でうさぎさんの飼育環境を点検、見直された方も多いと思いますが年末年始にうさぎさんを診て頂ける病院は探してありますか?

うさぎさんは見た目で具合が悪そうなときは本人、相当しんどいはずです。
捕食動物のうさぎさんは敵に弱みを見せないため具合が悪くてもそんな素振りを見せないのが習性です。

いつも行く動物病院の獣医さんに「もしもの時」に診てくれる動物病院を電話で聞いておきましょう。

夜間や慣れている病院がお休みの時に限ってに具合が悪くなるうさぎさんも多いですね。

うさぎさんを上手に診てくれる病院リスト(口コミ)です。


あなたがウサギに出来ること ウサギの診療


以下私が管理している口コミ掲示板です。

私がよく知っております方からの情報なので少ないですが・・・

うさぎさんを診てくれる病院


うさぎさんの病院情報



全国夜間・救急診療をしてくれる動物病院

(リンク連絡済み)

必ず注意事項をお読み下さい。


必ず電話でうさぎさんの症状を話し「診られるか」を聞いてから行ってください。
今連れて行っている動物病院の先生にお休みの時に診てもらえる病院や年末年始の体調急変の時に連れていける動物病院を聞いておくのは大切なことです。

みなさんの愛うさちゃん、保護うさぎさんが元気で楽しい新年を迎えられますように

うさぎさんも熱中症に注意しましょう 

2014年08月03日(日) 21時12分
各地、梅雨も開けて夏本番
年々気温が上がっているようにも感じますが皆様も熱中症には十分注意して下さいね。

うさぎさんも熱中症には要注意の季節です。
室温や湿度の管理は徹底してください。
室温は25℃くらい
湿度は50%〜60%くらい
ケージを置く場所は陽射しや外気で温度が上がる窓の近くは避けてください。

うさぎさんは汗をかきません
体温調節は呼吸、耳、水で調節しますが、高齢の子、幼少の子、病気の子は体温調節が上手にできないので高温、高湿度の夏は体温の上昇が起きてぐったりしてしまうこともあるので要注意&要観察です。
うさぎさんの耳を触ってみて暑ければ体温が上昇しています。

熱中症の症状は
呼吸が荒い(口を開けお腹で呼吸するなど)
ぐったり横になってお顔をベタッと床につけて動かない
目に生気がなくうつろになっている
ご飯を食べない
水も飲まない
湿気で被毛の通気性が悪くなると毛が絡みベタベタする
鼻や口の回りが濡れる
けいれんを起こす
血便、血尿が出る
意識が遠のく
などです。
熱中症は早期対処が大事です。
急性腎不全、多臓器不全、脳障害など起こし命が危ぶまれますので
早急に対処し即病院へ連れて行ってください。

応急処置は
冷房を効かせる
冷たいタオルなどで身体を拭き耳や後脚の脇を冷やし体温を下げる
*水に入れるのは急激に体温を下げます。危険ですので絶対にしないように。
新鮮な水を飲ませる
アクアコール(うさぎさんに飲ませるアルカリ電解水)やポカリスエットを水で3倍くらいに薄めてあげる
人間用のスポーツ飲料は等分も多く含まれているのであくまでも緊急用です。

電車や車に乗せて病院などへ連れて行く際もキャリーには冷却剤、保冷剤等を入れることを忘れないで下さい。
(タオルで保冷剤を包みその上にすのこを置くなどうさぎさんが冷えすぎないように)
炎天下の中、電車を待っているホームでうさぎさんがぐったりしてしまったという事故も起こっております。

続く大雪。うさぎさんもストレスを感じています。大雪前に対策を!!  

2014年02月16日(日) 23時06分
毎週のように寒波襲来で大雪が続いています。
今週も関東、近畿では雪予報も出ておりますが、うさぎさんも強いストレスを感じています。
寒さに加えて低気圧のストレスもあり小さな身体で敏感なうさぎさんにとって本当にきついと思います。

急にうっ滞のような症状(うんちが出ない・食べない・水も飲まない)が出るうさぎさんも大変多くなっています。
大雪の影響で動物病院まで連れて行くことができない時は電話にて指示を仰いでください。

大雪の影響で配送に遅れが出ています。
サプリや介護食など決まったものを食べているうさぎさんは予め販売店に在庫、配送の可否を確認して下さい。

また天気予報をよく見て雪予報が出ていたら獣医さんに相談し「雪で行けない時を想定」して対策を考えて下さい。

うっ滞を繰り返す子は前もって予備のお薬をもらっておくことも対策の一つです。

【脱水症状】
水を飲まない時は脱水症になってしまいます。
首の付け根をつまんで90度くらいひねり離します。
普通の状態に戻るまでに時間がかかるようなら脱水を起こしています。
(これは日ごろからの戻り具合を知っておく必要があります)

またおしっこの量が普段より少ない・においがきつい・色が濃いなどがあれば脱水を起こしています。
葉野菜やアクアコール(なければ人間用のスポーツドリンクを5倍くらいに薄める)で水分を補って下さい。(但し少量ずつ)

お水をウォーターボトルで飲んでいるうさぎさんで「飲まなくなった」は具合が悪くて首に力が入らないのかもしれません。
座りのいい陶器の器にお水を入れて「置き水」を試してみてください。

暖房だけに頼るのではなくうさぎさんの身体の中から温めてください。
身体を温めることは血流も良くなりお腹の動きにも好影響を与えます。
温めることにより自律神経を整え、免疫力を高めて冷え症をはじめとする様々な症状を和らげます。
また、体温の上昇を図り副交感神経を刺激し、血液の循環を良くします。
病気になると体質は酸性に傾きますが、体を温めると副交感神経優位によりアルカリ性に戻して腸内環境を整えます。
また、リンパ球の割合が増え、免疫機能が上がります 。

【マッサージのやり方】
★耳と耳周辺のマッサージ
耳の周辺には身体の器官に繋がるたくさんの神経が集中しています。
耳周辺のマッサージをすることで血流も良くなりお腹の機能や低体温(耳が冷たい)にも効果があります。
耳と耳の間をツボマッサージのような要領で軽くクリクリしてあげる。
耳の付け根も同様に。
耳を親指と中指で挟んで優しくさすってあげる。

お腹にガスがたまっている時はお腹のマッサージは厳禁です。
お腹にガスがたまっている場合のお腹マッサージは腸捻転を起こし危険です。
そんなときも耳のマッサージは効果があります。

★身体のマッサージ
うさぎさんの腰よりの背中から腰にかけてマッサージをしてあげることも効果があります。
うさぎさんのお尻から背中より下にはお腹のツボがあります。
軽く指圧してあげるのもいいですし、ホッカイロなどで温めてあげてもいいです

【うさぎさんのSOSに気付きましょう】
食べなくなった・うずくまっている・●が出ない等見た目で分かるようであればうさぎさんはかなりしんどいです。
こうなってしまう前に日頃からうさぎさんを観察してスキンシップを欠かさないでください。

うさぎさんが出している小さなSOS→とっても重要でうっ滞などになる前に対策を!
食欲、うんちの状態、おしっこの色や量の他に・・・
・何となくだけど元気がないかなと感じた時
・いつもより動きが悪い
・うずくまているの?
・耳が冷たいかな?または熱いかな?
・目つきが悪いように感じる(目がきつくなります)
・眼に輝きがないように感じる
・目を細める仕草がみられる
・被毛がザラザラしている感じがする
・被毛がベタベタしている感じがする
・被毛が固い感じがする
・立ち上った時にひっくり返る(斜頸の前兆)・顔を洗う時に片方の前足だけで洗う(斜頸の前兆)
・盲腸糞を食べようとして転ぶ(斜頸の前兆)・目の大きさがなんとなく違う(脳圧が高まっている)
・顔が変わったような感じがする(何らかの原因で顔がむくんでいる・斜頸の前兆)
など、色々なサインをうさぎさんは発信しています。
なんとなく・・がとっても大事な気付きです。
こんなことに気付いてあげることも飼い主さんの責任です。
毎日なでたり全身のマッサージをしていると気付くはずです。

寒暖の差・寒さ・暑さ・低気圧はうさぎさんにとっては大きなストレスで、うっ滞や斜頸の突然の発症、斜頸が治った子でも再発などなど様々な疾患を発症します。
先天性の疾患がある子も今まで発症しなかった疾患もストレスにより誘発さ発症します。
うさぎさんの不調は待ったなしと考えて下さい。
様子を見ようなどは本当に命取りにもなり、治療も長期に渡ってしまいます。

うさぎさんにとっても飼い主さんにとっても大きな負担になりますので「あれ?なんかいつもと違う?」がありましたら見た目で具合が悪いとわかる以前に病院へ連れて行き診て頂いてください。
早期の治療開始が完治を早めるし、うさぎさんの負担も最小に済ませることが大事です。
様子を見ることはせずに病院で適切な診断、処置をしてもらって下さい。


【寒さ対策はいつも以上に注意を払って下さい】
まず、温度計と湿度計はケージやケージ付近に取り付け、そこの室温を基準にして下さい。
人間が暖かくても低い位置にいるうさぎさんは寒い時もあります。
ケージの場所は窓の近くやドアの近くは避けてくださいね。
うさぎさんにとって快適な室温は20度〜25度くらいです。うさぎさんに適した湿度は40〜60%です。
エアコンやファンヒーターの風が直接当たらないように必ずうさぎさんの位置から風が当たっていないことを確認して下さい。
大事なポイントはうさぎさん目線になって確認することです。

エアコン・パネルヒーター・セラミックファンヒーター・オイルヒーターなどでお部屋の温度には気を使ってらっしゃると思います。
もう一度うさぎさん目線で確認をお願い致します。
ホットカーペットを使う時はホットカーペットの上にケージを置く場合はホットカーペット全体を暖めてはいけません。
ケージを置くときは暖かい面、通電していない面に分け置くかケージ半分をホットカーペットの上に乗せ、半分は床に置く(段差は段ボール等で調節)など、熱くなったらうさぎさんが逃げる場所を必ず作って下さい。

乾燥もうさぎさんの呼吸器や目の疾患を引き起こすので加湿器もどうか使って下さいね。
マイカヒーターは高性能で消費電力が少なくてケージの外に置きタイプでうさぎさんには安心です。

暖房機以外にも工夫を
畳でも床でもケージをじかに置くより、カーペットや段ボールを敷いた上にケージを置くと保温効果が上がります。
段ボールは意外に保温効果がありますので夜間は段ボールでケージを囲うなどでも保温力がアップします。
またケージの中に軟らかい牧草を敷き詰めると保温効果がアップします。
ラビットハウスをケージに入れる。
うさぎさん用じゃなくてもケージに入る大きさなら犬や猫用でもOKです。
例年にない悪天候でうさぎさん達が心底心配です。

どうかいつも以上に気を配って下さい。



ペットロス 

2014年01月23日(木) 22時30分
愛うさちゃんを亡くされた皆様へペットロスの本をいくつか紹介させていただいてます。
そして闘病中で最期の時を待つしかない皆様もペットロスだと思います。
看取ることしかできないと分かっている時更辛いです。

私の愛うさも「命の宣告」を受けた子です。
朝目覚めると私を見ているこの子がいて
毎朝、毎日・・・その日その日が感謝の日でした。

温かな愛する子の身体や「なでてー」の定位置定番ポーズ
そんな当たり前の日が当り前じゃなくなってしまう日が来ることを分かっているのに最期まで受け入れることなんてできませでした。
月に帰った後もしばらくは愛する子の死をどうしても受け入れることができませんでした。

心配して下さる方から色んな優しい言葉を頂いても、どんな本を読んでも愛する子の「死」を受け入れることはできませんね。
経験した方はきっと分かって下さると思います。

宣告を受けて覚悟をする時間はいっぱいあったはずなのに・・・
後悔で自分を責めることばかりの毎日でしたが、これもきっと皆さん同じ思いだと感じます。

愛うさが闘病中に色々な辛いことを共有できた大切なうさ友さんがいます。

愛うさが虹の橋のたもとへ昇って行った同じ月(2008年9月)にうさ友さんの愛うさちゃんも虹の橋のたもとへ旅立ちました。
悲しみも共有でき私は孤独ではなかったことが唯一の救いでした。

うさ友さんからは

うさぎさんは神様の使いでなんらかの使命を持って飼主さんの元へやってきます。

愛うさちゃんとの出会いは偶然ではなく飼い主さんと会うためにやってきます。

その使命を果たしたとき、満足して自分が決めた時期に再び神様の元へ帰っていくのだから・・・

と教えて頂きました。

愛うさは私に何かを伝えるために教えるために感じさせるために・・・

私の元へ来てくれた子・・・

愛しさが増しました。

闘病中も私が強くならなきゃだめだ・・・

そんな強い気持ちも共有できるうさ友さんがいてくれたからだって思っています。

今、闘病中の愛うさちゃんもきっと何かを伝えている。

それは旅立ちの前の感謝の思いや大好き!の思いに他ならないと思うのです。

ペットロス関係の本も「思いこみたい」気持ちはありますが、心の中で受け入れることが出来ないことは自然なことです。

闘病で苦しむ愛うさちゃんを見て旅立った子を思い出して
心が苦しくなった時の処方箋でいいと思います。

闘病中の子はどんなに苦しくても飼主さんのそばにまだいたいよ!と頑張れるのです。
愛うさちゃんの意思で飼主さんのそばにいるのです。
飼主さんの純粋な無償の愛は愛うさちゃんの癒しとなるでしょう。
苦しむ愛する子を見ているのは辛いですが、この子は全てを受け入れています。
無垢な魂を寄り添わせてくださいね。


愛うさちゃんは飼い主さんに感謝して、愛情をいっぱい受けた事に心から満足して、お空に旅立ったと思います。
どの時にすれば、飼い主さんが一番いいかなぁって一生懸命考えて、そして自分で決めてお月様に帰ったのだと思います。

泣いている飼い主さんをお空から見て今はいっぱい泣いていいよと優しく見守っていると思います。
泣いてばかりいると愛うさちゃんが心配して成仏できませんよ!とおっしゃる方もいます。
私も言われて正直その言葉に傷つきました。

でも、そんなことはありません。

涙を我慢して無理して強がることが愛うさちゃんにとって一番心配なことなのですから。


今目の前にいる愛うさちゃんが旅立つ準備をしている全ての皆様へ
今の「時間」にありがとうと思いながら愛うさちゃんとお互いの無垢な愛をどうか共有して下さい。
上手く伝えられませんが、うさぎさんは賢くて人の心を敏感に察知します。

だから沢山の抱えきれない愛を愛うさちゃんへ捧げて下さい。
飼主さんの溢れんばかりの愛を心を抱きながらお空へ昇らせてあげて下さい。








急激な気温の変化や寒さでEz・パスツレラ菌による斜頸発症が多くなります  

2014年01月14日(火) 22時48分
斜頸にはEzとパスツレラ菌の感染があります。

・【Ez(エンセファリトゾーン)】
Ez(エンセファリトゾーン)は「エンセファリトゾーン・カニキュリ」という原虫が主に中枢神経系および腎臓に感染しておこる原虫性疾患です。
この原虫は60〜70%の健康なうさぎさんも体内に持っています。
発症しなければEz抗体検査(血液検査)は陰性ですが発症すると陽性になります。
通常は発症することなく過ごせますが免疫力が低下した時、過度のストレスによって発症します。

・【パスツレラ菌】
パスツレラ菌に感染していてもストレスのない清潔な環境で飼育すれば発症は抑えることができます。
体力が落ちた時やスナッフル(呼吸器系の病気)になった時、発症しやすいです。

両者共、前庭神経という内耳にある神経をおかすと平衡感覚が狂い、斜頚(首が傾く)や眼震(目がぐるぐる動く)、ローリング(転げ回る)などの症状が出ます。
この他、食欲不振、活力がない、急に興奮する等の症状がみられる事もあります。
また、神経症状として下半身の麻痺(開帳脚)や痙攣等が起きることもあります。

うさぎさんに詳しい動物病院へ行き外耳炎、内耳炎の有無と血液検査をしてEz抗体検査を受ける必要があります。
Ez抗体検査ですぐには結果が出ないので中耳、内耳に異常がなければEzを疑います。

早期投薬が鍵となりますので早期にうさぎさん診療に長けている病院に連れていく必要があります。
うさぎさんに慣れている病院以外では診ることも難しく、適切な治療を遅らせることにもなります。

斜頸はどのうさぎさんも発症する可能性がある病気です。



傾斜のはっきりした症状が出る前に見つける方法
・まぶたを持ち上げて目がかすかにでも揺れているかどうか見て下さい。
かすかにでも揺れているようなら斜頚の疑いがあります。

以下の症状は斜頚が発症している可能性があります。
・立ち上がったときに後ろにひっくり返る。
・うつぶせに持ち上げ、身体を軽くひねってみて、顔が体と一緒に回る。
・耳が片方たれている↓
  ロップちゃんの場合、方耳だけが立つことが多い。
  立ち耳ちゃんの場合、左右対称に開かない。いつもどちらかに偏っている。
・顔を洗う時に片方の前足だけで洗う(ふらついてしまう)。
・食糞をしようとして転ぶ。
・なんとなく覇気が無い、目つきが悪い感じがする。
・歩く時に足がもつれる、転ぶ。
・目の大きさ、飛び出し方が左右で違ってきた(脳圧が高まってきている)。
・顔つきがなんとなく変わってきた(顔がむくんでいる)。

日頃から観察は必要ですがこれからの季節は注意して見てあげてくださいね。

眼震発作・平衡感覚が取れていない時・首が傾く・首をかしげている時の対処

●うさぎさんの眼震は、うさぎさん自身が目を回していることで、辛い症状です。
多くのうさぎさんは眼を手のひらで隠すと気持ち的に落ち着くようです。
キャリーの中に入れ、マッサージをしてあげ、うさぎさんの不安を取り除いてあげて下さい。
その時、手袋をして、中にホッカイロを入れて、温熱効果のあるマッサージをお勧めします。

● 首が傾いていると食餌も食べられず、水も自力で飲めません。
口の近くに食餌や水を持って行ってあげて下さい。

● 首が傾き、平衡感覚が失われているので落下事故や怪我などさせないように細心の注意が必要です。


斜頸症状が出て一番怖いものがローリングです。
ローリングとはうさぎさんの意思とは全く関係なく、ゴロゴロ転げまわる症状です。

ローリング発作の注意と対処
頭部の傾いている方向へ回転してしまうことがあります。
こうなると移動や採食も困難となります。
また、またローリングにより脊椎の損傷や外傷、思わぬ怪我をする場合もあります。
以下の点には十分配慮を取って下さい。

●タオルなどでローリングしない様に保定しておくと良いでしょう。

●ケージの四隅にタオルで壁を作って下さい。ケージの回りにも転んでも怪我をしないように巻いたタオルを内側平面全体に置いておくといいでしょう。洗たくばさみなどで外側固定するなど工夫してみて下さい。

●ローリングにより、給水器で目を付いてしまう恐れもあります。給水器は取り外し、もしもローリングが起こってもひっくり返らないような犬用の台形の形をした器を使って下さい。しかし、可能な限り、ケージ内には何も置かない方がいいのです。
飼い主さんが自宅にいる時は、器もケージから出し、こまめにお水を口に持って行くのが最善かもしれません。

●チモシー1番刈りは目を突き刺す要因にもなり危険です。
短くカットするか、ケージ内から取って下さい。変わりに二番刈り等の柔かいチモシーを置いて下さい。
一番刈りは眼震発作等、神経症状が治まるまで手で与えるのが良いでしょう。
眼震発作が出ているうさぎさん、首が傾いているうさぎさんはいつローリング発作が出てもおかしくありません。
もしもの時の為に、飼育環境を変えておくことが二次被害を防ぐポイントです。


その他
●一番パニックを起こしているのはうさぎさんです。飼い主さんはまず落ち着いて下さい。
パニック・不安を抱えるうさぎさん、飼い主さんにレスキューナインさんのフラワーレメディを使うのも手です。
いざ!という時に用意しておくと安心です。
http://www.rescue9.com/index.php

動物病院へ連れて行く際の精神安定のため
斜頸などでパニックを起こしているときの精神安定のため
症状や性格等により様々なレメディが用意されています。




みなさまの愛うさちゃん、保護うさぎさんが健康で過ごすことができますように・・・

うさぎさんの性質や生態を正しく知りましょう 

2013年12月20日(金) 18時19分
おとなしくて手がかからなさそうなイメージがありますが、感情表現もあり、飼い主さんの言葉をちゃんと理解できる賢いどうぶつです。

【うさぎさんの性質】
とても優しい・感情が豊かな動物

飼い主の気持ちを敏感に察し、飼い主の言葉にも耳を傾けます。
嬉しい時はもちろん、悲しい時もじっと話しを聞いてくれます。
大好きな飼い主の心の中を敏感に察し、寄り添ってきたりもします。
感情豊かな優しい動物です。

臆病で怖がり屋
特に大きな物音や耳に不快な異音では驚き、とんでもない行動をする時があります。
驚いて何かのはずみで骨折や腰椎損傷(下半身が麻痺し介護が必要)などの大ケガをすることも珍しくありません。

自己主張がとっても強い
犬や猫のように懐かない、おっとなしい「ぬいぐるみ」のようなイメージがありますが、慣れてくると犬猫以上に懐いてきます。
大好きな飼い主に自己主張して自分をアピールもします。
小さな可愛いストーカーさんです。

テリトリー(なわばり)を持つ
通り道には「においつけ」をしてテリトリーを確保します。
ですから多頭飼いは男の子も女の子も喧嘩になる可能性は極めて強いです。
よほど広い室内じゃない限り多頭飼いはお勧めできません。
男の子と女の子を一緒に暮らさせる(同じゲージに入れたり遊ばせる時に2羽を一緒に出すなど)と必ず赤ちゃんができます。このため男の子も女の子も去勢・避妊手術は必須です。
女の子は避妊手術をしておかないと大きくなって子宮の病気にかかりやすくなります。
女の子は避妊手術を仔うさぎ(1歳過ぎ)の時に行って下さい。

賢い動物
名前も覚えて可愛がって愛情を注いでくれる人間に従います。
褒められることが大好きです。
叱られることを覚えると人間の気を引くためにわざとやることもあります。

上下関係をつける
警戒心は非常に強いですが、愛情を持って接してくれる相手とは信頼関係が生まれて、甘えたり、寄り添ってきます。
また、人を見て「この人は怖くない人」、いじめられたり、欲求に応えてくれない「好きではない人」と判断すると態度も横柄になったり、近づくと逃げたりします。
このように、うさぎさんは人を判断し選びます。
自分のご主人さまはうさぎさん自身が選びます。
環境が安心できると理解できるまで、警戒心の強さから時間がかかりますが、信頼関係が生まれてくると全てを飼い主さんに任せるような姿もたくさん見られます。


【うさぎさんの生態】弱い
・警戒心が強い
うさぎさんのような草食動物は肉食動物からいつも狙われ、絶えず周囲を警戒していました。
・食用肉や毛皮として人間に捕獲される
・いぬ科・ネコ科・カラスなどに狙われる
家で飼育されるようになっても本能は変わらず、飼い主にさえも弱いところは見せません。
なので、具合が悪くても「元気な振り」をします。
うさぎさんが見るからに具合が悪そうな時は「我慢の限界」なことがほとんどです。
飼い主さんは日頃からうさぎさんとコミュニケーションをとり元気なうさぎさんを把握して、具合が悪いサインをいち早く察知することが大切です。
うんち・おしっこの色や量・毛艶・目の輝き等、日頃のうさぎさんを観察しましょう。

ストレスをためやすい→病気になりやすい
うさぎさんは非常にストレスをためやすいです。
・環境の変化
・大きな音
・温暖の差
・構いすぎ
・飼い主さんとのコミュニケーション不足 様々なことでストレスになります。
ストレスがたまると、必ずと言っていいほどに食欲がなくなり、うんちが出なくなったり、量が少なくなります。
この症状はうっ滞 という病気でうさぎさんに一番多い病気です。
うさぎさんは半日以上何も食べないと脂肪肝 という怖い病気になり死に至ってしまいますので、日頃からストレスを感じさせない環境作りが必要です。
もしも食欲がなく、うんちが出ない等の異常があったらすぐに病院へ連れて行く必要があります。

好奇心旺盛でとてもいたずらです
うさぎさんの習性で「かじる」「掘る」がありますが、家庭内の電気コードや段ボールはうさぎさんには興味深いものです。
齧られたら困るもの、危ないものは予め予防策を取って安全な環境を作って下さい。
掘る仕草は畳やカーペットで見られますが、齧ること、掘ることは習性なので我慢させてはいけません。
うさぎさんのグッズで齧るもの、掘るもののおもちゃがありますので、用意して欲求を満たしてあげましょう。

感受性が豊かで愛情をたくさん求めます
「うさぎは寂しいと死ぬ」ということわざがあります。
これは飼い主さんがかまってあげる時間が短い、仕方がないな・・という気持ちでしか構ってもらえないと「愛情不足」「欲求不満」でストレスがたまります。
うさぎさんのストレスは大きな病気に繋がることがあり死に至ることもあります。
ことわざはその例えです。
忙しい日常でも決まった時間に部屋で遊ばせ、話しかけながらたくさん撫でたりマッサージをしたりして下さい。
満足する毎日で、きっと飼い主さんを信頼し、甘えてきます。
このことは病気の早期発見にもつながりますので愛情を持って接して下さい。

うさぎさんは清潔です
不潔にすると、たちまち皮膚病や病気になります。
ケージの掃除は一日一回は必ずやってください。
うんちやおしっこの異常も早く気付きます。
また、うさぎさん自身が非常におしゃれで毛繕いをする姿は日に何回も見られます。
この時注意して欲しいことは自分の毛を飲み込んでいます。
お腹に入った毛がうんちと一緒に出てくればいいのですが、毛球症 という怖い病気になる可能性は大きいです。
通常、日に一回はブラッシングをして余計な毛は取り除いてあげることが大切です。
換毛期はブラッシング回数は増やさなければいけません。

感情表現は犬猫のようにはできませんが・・・
うさぎさんは吠えないし尻尾も大きく振ったりしないので中々感情が掴みにくいですが、感情はとっても豊かです。
飼い主さんに色々な仕草で感情を表現しています。
うさぎさんは抱っこされるのが嫌いですが、うさぎさんが何を思っているのかが分かって応えてあげ、仲良くなると抱っこも夢ではありません。


【仕草と行動から分かるうさぎさんの気持ちを知りましょう】
感情表現は犬猫のようにはいきませんが、色々な仕草でアピールしています。

鼻先でツンツンしてくる
遊んで!と誘っています。おねだりをして甘えています。手を休めて撫でたりマッサージしたりしてあげて下さい。
うさぎさんは満足して嬉しい表情を見せます 

足の回りをグルグルまわる
ごきげんです。飼主さんに「大好き!」というような表現です。

ジャンプ
ジャンプしながらクルクル回ったり何度も繰り返す時はゴキゲンな証拠です。「楽しいよ」「うれしいよ」の表れです。

鼻をヒクヒク
うさぎさんは絶えず鼻を動かしています。
飼い主を見て鼻をヒクヒクさせているのは何かを期待しています。
ごはん?ケージから出して!また飼い主さんが外出から帰宅した時も嬉しくってお鼻の動きが大きくなります。

歯をカチカチ鳴らす
頭をなでている時等に歯をカチカチと鳴らす音が聞こえる時があります歯ぎしりと違い、頭をなでられて気持ちがいい!と言っています。

後ろ足で立つ
「うたっち」というポーズでおねだりのポーズです。好奇心をそそるものを見つけたときもタッチします。

毛繕い
被毛を舐めたり耳や顔を洗ったりします。グルーミングと言います。
リラックスしています。
毛球症 には注意してくださいね。

床に寝そべる。手足を伸ばしてあくびをする
かなりリラックスしています。
寝そべることは暑い夏でもよくやります。暑さ対策は万全にしましょう。

プゥプゥと鼻を鳴らす
甘えています。遊んでほしい合図です。

後ろ足をダンダンする
「足ダン」「スタンピング」と呼ばれる行為でうさぎさんは怒っています。警戒しています。
何かに怒って威嚇しています。
絆が生まれてくると出かけて、かまってもらえなかった時など、「寂しかったよ!」と言っているかのように足をダンダンします。
また怖い時にも足ダンをします。

食器やトイレをひっくり返す
かなり退屈しています。お腹が空いているサインの時もあります。
飼い主さんの気を引く時にもやることがあります。

ブッブッと鼻を鳴らす
不機嫌です。例えば遊んでいたいのにゲージに入れようと抱きかかえたりするとブーブーと鼻を鳴らします。

歯ぎしり
どこかが痛い時、歯ぎしりをして訴えます。うさぎさんは我慢強い動物ですが、歯ぎしりをする時は苦痛が激しい訴えですので、病院へ連れて行きましょう。
原因を取り除いてあげることが一番です。

キッーと鳴き声をあげる
苦痛な時や痛い時はうさぎさんだって鳴きます。もしかしたら体調が悪いのかもしれません。
うさぎさんの身体を点検したり観察することも大切です。

物陰に隠れようとする
痛み(うっ滞やガスの貯留、尿石症、潰瘍性足皮膚炎、ケガなど)があると、いつもは慣れているうさぎさんも物影に隠れようとします。

その場に転がる
いきなり、ドタンと倒れて飼い主さんはビックリします。
倒れるようにその場に転がるのは、うさぎさんが満ち足りている時です。

足を伸ばして横たわっている
リラックスしている時の姿勢です。緊張、警戒しているなら、いつでも逃げれるように横たわらず目を見開いています。

ペット同行避難。うさぎさんの避難について  

2013年12月02日(月) 22時36分
近年、東日本大震災に限らず毎年のように大雨や台風による浸水、土砂災害が発生しています。

うさぎさんには神経質に接してはいけませんが、うさぎさんを守る人間はイザという時に備えが必要です。


改正動物愛護法ではペットも同伴で避難が明文化されていますので
各自治体に確認をしておくことも大切です。
何もない間だからこそ出来ることを準備して災害に備えましょう。


うさぎ専門店 ココロのおうち様ではうさぎさんとの防災対策グッズを用意して販売しております。
抜粋転載です。
詳しくは下記サイトまで。
http://www.kokousa.com/page/116 >http://www.kokousa.com/page/116

【うさぎさんの避難用具の準備】
●キャリー
●フード
●牧草
●水
●アクアコール(これは電解水です)
●食器類
●ペットシーツ
●タオル・毛布

ココロのおうちでは、必要な用品がセットになった「防災セット」もご用意しています。
参考にしてみて下さい。⇒ 防災セットへ



キャリーに慣れておきましょう(うさぎに限らず犬猫も同じ)

避難所にはさまざまな方が出入りされます。動物が嫌いな人、うさぎアレルギーを持っている人、飼い主様にとっては大切な家族ですが、「非常時にペットどころじゃないだろう」とよく思わない人の感情を逆なでしてしまったり、アレルギーの方にを命の危険にさらしてしまう場合もあります。
またペットの受け入れをしてくれる避難所でも、犬や猫と同じ環境でうさぎさんにとってはストレスを感じる環境である場合もありあます。
これらの事態も想定して自分の住んでいる地域の都道府県庁等の自治体に問い合わせるなど、事前にわかる情報は調べておきましょう。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

うさぎのしっぽさんでもうさぎの防災グッズ販売と防災対策が掲載されております。
うさぎのしっぽ 店長の飼育講座

うさぎさんといる場所で気を付けてあげること
・窓ガラスの近くにはケージを置かない
・ガラス飛散防止フィルムをはる
・棚や家具の近くにケージを置かない
・家具のガラス部分には、飛散防止フィルムをはる
・カーテン近くにケージを置かない


防災準備用品(ココロのおうちと被りますが詳しく書きます)

うさぎのしっぽ うさぎの防災 で販売しています。
またセット販売もしてます。

・ラビットフードはいつも食べているフードを小分けにして乾燥剤を入れて密封する。
(3日から1週間分くらい)

・牧草もいつも食べている牧草うを小分けにして乾燥剤を入れる。
(1週間分くらい)

・ティモシー固形牧草も予備として用意

うさぎの水
(1週間分くらい)

・キャリー
布製キャリーよりハードキャリーが良い
※フード入れ、吸水ボトルが付けられる
※床がすのこで糞尿が下に落ちる

・キャリーカバーやキャリーにかける布
・折りたたみケージ

ケージが置ける場合、小型のもの
・迷子札(名札)
ケージやキャリーに付ける。
飼主とうさぎ名前、住所、連絡先を書く

・ペットシーツ

・フード入れと給水ボトルはキャリーに固定できるもの

・保温材(ホカロン)や保冷剤

・保温用の毛布やタオル

・ティッシュ(掃除用)

・ビニール袋(ごみ入れ)

・乳酸菌などのサプリ


・写真(迷子になった時に役立つ)
・他
クール用品 
暑い夏にはキャリーの中に入れる保冷剤があった方が安心です。

ハーネス 
キャリーの外に出してあげたい時にあると安心。

ラビットプロポリス 
ストレスによる体調不良に、飲んだり、皮膚に塗るなど、いざという時に便利。

ラビット・エンハンサー 
環境の変化で食欲が低下した時、ペレットに混ぜて与える補助食品です。


圧ぺん大麦
突然の変化に驚き食事を受けつけてくれなくなった時、うさちゃんの食欲アップに効果が期待!

アルファルファキューブ 

固形牧草は予備として用意しましょう。栄養価が高いので、食欲が低下したときに安心。


ケアフード・シリンジ
食欲不振及び低下の時に。シリンジがあれば流動食や水分、薬をあげるのに便利です。


柿タンニン消臭スプレー
トイレやケージの臭いを防ぐために。高い抗菌作用、防虫効果があります。


避難するときの注意点
あとから助けに行けばと言わず、必ずうさぎちゃんと同行避難すること

避難所での共同生活では、周りの人に気を遣いできるだけ清潔な環境を保つ

ストレスで食欲低下や下痢になる場合があるので応急処置の方法を獣医師に聞いておく


避難所生活が長期化する場合は、うさぎを預けられるところをさがしましょう うさぎは人の気持ちを敏感に感じ取ります!普段と変わらぬ優しい気持ちで接してあげて!普段の生活と違いストレスが大きい避難生活、小さな体調変化も見逃さないようにする

普段からうさぎを飼っていることを近所の人に知っておいてもらう

避難場所は、家族全員が知っているか確認しておく避難場所は、事前に確認しペットの同行が可能かも調べておく




********************************************


愛するうさぎさんを守ってあげられるのはご近所でもお友達でもなく飼主さんです。

この全ては揃えても持ちだすことはできないかもしれません。

必要最低限のキャリー、フードや水や牧草、フード入れ、給水器はキャリーにつけておく、消臭剤、ペットシーツ、名札(記入すること)などはすぐ持ち出せるようにしておきましょう。





台風一過。気温が低いですが、うさぎさんはそろそろ朝晩は冬支度です。  

2013年10月26日(土) 22時30分
大きな台風がやっと過ぎましたが各地で甚大な被害も発生し、床上浸水など被害に遭われた方も多くいらっしゃいます。
台風被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げると共に早く平穏な暮らしができるように復旧、復興が進みますようにお祈り申し上げます。
台風が過ぎ去って北風も吹き気温もかなり低くなってますね。
うさぎさんにはそろそろ冬支度をしてあげてください。


温度計と湿度計はうさぎさんが暮らす場所へ(ケージの横など低い位置へ)
ケージの場所は窓の近くやドアの近くは避けてくださいね。

・加湿器の必要性
温度管理だけでなく加湿器等を使用して湿度にも気を付けて下さい。
温熱式加湿器だと室温を下げずに快適です。
飼主さんの風邪予防にもなりますね。
うさぎさんに適した湿度は40〜60%です。
湿度が低いと次のような病気になることがあります。

・眼の影響
眼の表面が乾燥し、その刺激で年液状の目やにが多く出るようになったり
ドライアイから涙目になりド眼の周りに炎症を起こす。
角膜炎などの眼病を起こしやすくします。

・呼吸器の影響
乾燥していて埃や塵が舞い飛び吸い込んで呼吸器系に付着してしまいます。
細菌感染をしてくしゃみ、鼻水などが発症してスナッフルの原因になります。
くしゃみやはなみずが出て、体力が消耗し、食欲が低下、長引くとパスツレラ症が進行して肺炎をひきおこすこともあります。

・皮膚の影響
皮膚代謝が低下して、足裏がはげる、フケが出る、毛が抜けるなどの症状が出ます。
かきむしって炎症を起こすこともあるので加湿は大切です。


温度調節について
うさぎさんにとって快適な室温は20度〜25度くらいです。

寒さ対策の注意点
神経質にあれもこれもやりすぎてケージ内の温度が上がってしまってはうさぎさんがかわいそうです。
暖かい場所と暖まりすぎたら逃げる場所を必ず確保してください。
この点に注意して各ご家庭のお住まいの地域や住居環境により愛うさちゃんに快適な方法を探してくださいね。

・エアコン
エアコン使用時はエアコンの風がうさぎさんに直接当たらないように注意しましょう。

・パネルヒーター
パネルヒーターはケージの外に取り付けるので安全ですが絶対やってはいけないことは寒いだろうとヒーターで四隅を囲ってしまうことです。ケージ内の温度が上がってしまい危険です。

・ペット用ヒーター
うさぎさんの好き嫌いがあります。また、うさぎさんが長時間乗ると低温やけどの恐れがありますので取説をよく読んで使用してくださいね。

ヒーターの上に藁っ子座布団を置いたり、ラビットハウスの中に入れて使用すると安心するかもしれませんね。
上に乗るタイプのヒーターは身体を直接温めるので体調不調時にも役立ちます。
ただ、うさぎさんが嫌がるようなら外してください。
また、ずっと入れっぱなしも避け寒い時間帯のみ使用するようにしてください。

・ケージと床の間の保温
畳でも床でもケージをじかに置くより、カーペットや段ボールを敷いた上にケージを置くと保温効果が上ります。
またケージの中に軟らかい牧草を敷き詰めると保温効果がアップします。

・湯たんぽ
湯たんぽは保温保湿効果があるのでケージの外へ立てかけるのも効果があります。
パネルヒーターとの併用は温度が上がりすぎますのでご注意ください。

・ホットカーペット
ホットカーペットの上にケージを置く場合はホットカーペット全体を暖めてはいけません。
ケージを置くときは暖かい面、通電していない面に分け置くかケージ半分をホットカーペットの上に乗せ、半分は床に置く(段差は段ボール等で調節)など、熱くなったらうさぎさんが逃げる場所を必ず作って下さい。

・ラビットハウス
朝晩の冷たい外気を避けさせるためにケージにラビットハウスを入れてあげるのもいい対策です。

・段ボール
段ボールは寒さから守るのには万能です。
寝る時にケージをダンボールの上に乗せてケージをダンボールで囲んであげるなどの対策の仕方もあります。


さぎ専門店には沢山の防寒用寒さ対策グッズが売っています。
年齢によっても違ってきますので「うちの子は?」と思ったらうさぎ専門店さんに相談しながら揃えることが万全だと思います。



薦めたいうさぎさんの育児書(飼育本)  

2013年10月08日(火) 20時44分
一番上のうさぎと一生暮らす本は頻繁に?紹介させていただいております。
この1冊は本当に持っていてほしい本ですので、newではありませんが書かせていただいてます
゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



うさぎと一生暮らす本 2009/12新刊
うさぎさんを迎えたい方、現在うさぎさんと暮らしている方には必読書です
ぜひ手元に置いて欲しい1冊です。
これからうさぎさんをお迎えする皆様も、今現在 うさぎさんと暮らしている皆様にもとてもいい本がうさぎと暮らす編集部より発売です。
『うさぎと暮らす』 No.1〜33に掲載された記事をまとめ、加筆修正したものです。
愛うさちゃんをお迎えする前に考えておきたいことや、うさぎさんのきもち・食餌・過ごし方・健康管理・介護・そして、いつかは訪れてしまうお月さまへのお見送りまで・・・
愛うさちゃんとの一生を幅広くとりあげてあります。
現在うさぎさんと暮らしていらっしゃる飼主さんや、今からお迎えをお考えになられていらっしゃる方にも是非お手にとっていただきたい一冊です。


Amazonオンラインショップ






大切なうさぎのためのグルーミング&ケアBOOK
毛球症の予防にもグルーミングケアは大切ですので短毛種、長毛種別のグルーミング方法を知っておくためにも具合の悪い子の軟便などでの被毛のもつれのケアも1冊手元に置いておくと安心です。

グルーミングの方法が毛種別・部位別に写真を付して非常に詳しく書いてあります。
ウンチやおしっこで汚れてしまい、もつれてしまった被毛や毛玉のケア方法も書いてあります。

【Contents】
CHAPTER1/毎日のうさぎのケア(健康チェック、抱っこ他)
CHAPTER2/被毛の種類別お手入れ法(ブラッシング他)
CHAPTER3/状態別ケア方法(手足の汚れ他)
CHAPTER4/プロのグルーマーの仕事


Amazonオンラインショップ






よくわかるウサギの食事と栄養
ウサギにとって、食事のもつ意味は非常に大きいものがあります。
ウサギに非常に多く、やっかいな病気のひとつである不正咬合、胃腸うっ滞は、適切な食事を与えることで防ぐことが可能です。
本来、ウサギに適切な食事を与えることはなにも難しいことではありません。
しかし、ウサギの消化システムを理解していなかったり、イメージだけで食べ物を選ぼうとするために、
無用な苦しみをウサギに与えたり、精神的・金銭的負担を飼い主に強いたりすることになってしまうのです。
ウサギが健康でいることは飼い主の喜びでもあります。食事によってウサギが健康になれば、飼い主も幸せ。
本書は、エサの種類から選び方や与え方、手作りごはんの作り方など、
さまざまな面からウサギの食事について詳しく解説し、なにかあるたびごとに開いて、辞書のように使ってもらえる書籍です。
<
Amazonオンラインショップ





うさぎの心理がわかる本
この本はMOOK「うさぎの時間」に掲載したものの一部を、大幅に加筆修正したものです。
飼い主さんなら誰でも気になるうちの子(うさぎ)の気持ち。
うさぎは鳴くことができず、表情筋が活発でないため気持ちが表情に表れづらいですが、
色々なことを感じ、考え、行動(しぐさ)で気持ちを私たちに伝えてきます。
うさぎの元々の習性や感覚、行動(しぐさ)の意味やそれに合わせた接し方などを知り、うさぎの気持ちを理解するのにこの本を役立ててください。






Amazonオンラインショップ








ウサギの救急箱100問100答

うさちゃんとの暮らしの中で飼い主さんが抱えるる様々なお悩みを1問1答形式でお答えしています。

品種、種類に関する質問や、暮らしの中のでの問題、うさちゃんへの接し方、フードについて、しつけ、病気、またこんな時にはどうするの?といったうさちゃんとの生活の中でおとずれる「どうしたらいいの?」という疑問など、うさちゃんと生活して初めて見えてくる問題に著者:大野瑞絵さんが丁寧にお答えしています。











うさぎさんと仲良くなることはうさぎさんのことを知ることから始まりますね。


言葉が話せないうさぎさんをよく知って、うさぎさんに応えてあげましょう。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:usausa-love
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月21日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
愛するうさぎのためにの管理人です。
http://www1.odn.ne.jp/love-rabbit/

携帯ユーザーさんにも閲覧できるようサイトとは別に健康やペットロスケアを充実させてまいります。
私は獣医師でもなく動物看護士でもありません。
こちらに記載することはあくまでも「参考」に留めて置いて下さいますようお願い致します。
私と違うことを書いているサイトやブログもありますので、そちらの方も参考にすることや大切なことは体調が悪い時点で、すぐに病院へ連れて行き獣医師の指示を仰ぐことが先決です。
みなさんの愛うさちゃんが日々健康で過ごせますように・・・

2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる