人はすべて悪である 

January 15 [Fri], 2010, 20:27
人間の本来もつ性質は、善なのか悪なのか

有史以来、語られてきた命題であります。

ずっと考えられてきたことでありますから、

そろそろ結論が出てもよさそうなものでありますが、

いまだに論争が続く所以は

人は完全に客観的な立場に立つことが出来ないということでしょう。

それぞれが自分の価値観に照らし合わせ

それぞれの立場で正しいと信じるからでしょう。


では、うさぎ教も答えを持たないのか?

いえ、客観的な事実をもとに断言することができます。


人は生まれながらにして悪である


では、その根拠となる客観的な情報とは何か?

それは歴史です。

特に戦争、争いに、人間の本質が表されています。

人は順境にあれば、平和であれば

精神的に余裕がありますから

どのようにも振舞うことが出来ます。

そうした状態は決して本質を理解する上で

参考にはなりません。

人が極限状態に置かれたとき、

はじめてその本質が現われます。

残念ながら、そうしたとき人は

最も醜く、愚かな行為を平然とおこないます。

それを歴史が証明しております。


しかし、だからといって悲観することはありません。

いやむしろ、それゆえに人はすばらしいと言えます。

本質的に悪でありながら

美しく生き、優しく振舞うことができる

そこには努力があります。

自分を律する規範があります。

転落しないよう踏ん張っている力強さがあります。


それらを獲得するために

教育やしつけが必要なのです。

悪である自らを自覚し、常に正していくことが

美しいたたずまいとなるのです。


何も恥じ入ることはありません。

むしろすばらしいことではありませんか。

悪である人間が善なる生を全うする


そこには泥濘に咲いた蓮華のような美しさがあります。


99%の人間が自らを律し、我慢をして

誠実に生きているからこそ

犯罪を犯す人間、善なる生き方をあきらめた人間

それらは罰せられねばならぬのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:usagikyo
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる