知らない国へ行ってみた〜レソト王国-3

October 12 [Fri], 2012, 22:06
翌日は月曜日なので、ホテルで朝食後、早速、徒歩でインフォメーションに向かいます。
風景が昨日とまったく同じです。
空は沿黷ツなくて、インフォメーションがあるべき場所は昨日と同じ空き地です。
もしかしたら、これがそうなのではないかと思ったところも昨日と同じでシャッターが閉まっていました。
残念です。
インフォメーションはありませんでした。
仕方がないので、次の手を打つことにしました。
直接、自分で他のツアーを探すのです。
今までの経験からすると、ホテルの中にツアーデスクがあって、ツアーの申し込みができたりするホテルもあります。
今回の宿は一番の安宿とはいえ、設備が割としっかりしていて、会議室があったりもします。
これは期待が持てます。
とりあえず10分ほどかけてホテルに帰ります。
まずはレセプションで聞き込みを開始です。
あの、ツアーに申し込みたいのでツアーデスクをさがしてるんですがお前、誰44号室にとまってるんだけど台帳を確認する。
、そう。
俺は知らないけど、事務所に行ってみたら微妙に会話が成り立っていない気がします。
事務所の場所も分かりません。
仕方がないので、自力で町中を探します。
観光が売りの小さな町であれば、ツアーの値段を書いた看板があちこちに出ていたりもするのですが、マセルはレソトの首都だけあってそんなものはありません。
地図にも観光会社の情報は載っていません。
後は、完全に旅人の鼻で探すしかありません。
勘のいい人はここで気づきます。
誰かに聞けばいいのに。
そう。
そこです。
例えば、八百屋に魚を買いに来る人はいません。
野菜を買いに来ます。
だから、八百屋に行けば野菜か果物を買いに来たんだろうな、というのが双方の前提条件として成り立ちます。
この場合はつたない言葉でもなんとか意思の疎通が成り立ちブライダルネット 恋愛ます。
しかし、文房具屋に野菜を買いに来た場合はどうでしょう。
バッチリの言葉で伝えることができれば、向こうもバッチリ理解して、八百屋に行けよ、と言ってくれるでしょう。
しかし、つたない言葉では、何言ってんだコイツ、そんな変な文具おいてねぇぞとなってしまいます。
つまり、なんとなく旅行会社がありそうなところで聞くのであれば、向こうもここにあるよ、と教えやすいのですが、まったく見当違いのところで聞いても何言ってんのコイツ、となってしまいがちなのです。
恥ずかしながら僕の英語はそんな程度なのです。
というわけで、鼻を研ぎ澄まします。
あたりを慎重に見回しながら、旅行会社を探します。
町中を1周して、小さな小さな旅行会社を偶然見つけました。
垂フ恵みです。
でも、もう少し大きいところがいいので、もう少し探します。
町中を3周したところで、あきらめてそこに入りました。
扉を開けるとそこはトイレかと思うくらいの狭いスペースでした。
中には本当に机が一つだけで、若い男が座っていました。
怪しさ大爆発です。
早速、マレアレア行きのツアーがあるか聞いてみました。
男はどこかに電話すると、結ニして、M1500を提示してきました。
高すぎます。
明らかに高すぎます。
もう一度言いますが、高いです。
色々考えると、僕一人のためのプライベートツアーのお値段のようです。
落ち着いて考えれば、他にそんなところへ行く人が多くは居なさそうな気は確かにします。
残念ですが、ツアーはあきらめることにします。
男はカッツェというムに行くのはどうだい綺麗なところだぜ。
と誘ってくれます。
僕がムマニアだったら飛びつきましたが、残念ながらそうではありません。
ムも建設方法、形、様式、発電方法など様々な種類があって一つ一つ色々と違うのだそうでマニアにはその魅力が尽きないそうです。
そのくらいは知っています。
もしも、もう少しムについての知識があったら、誰か解説してくれる人がいたら。
行ったかも知れません。
しかし、現実は甘くありません。
そんなわけで、ムは断ります。
男は、マリアリアに行くのなら、バスで行くといいよ。
遠いけど。
ま、一時間半くらいかな。
最大でも2時間だな。
遠いよ。
とアドバイスをくれました。
いい男です。
怪しいなんて言ってはいけません。
名刺をもらって、何かあったら、電話してと優しく言ってくれる男に感謝しつつ、気が付いたら最後の手段である直接乗り込むという方法を、いつの間にか選択させられていたことに、この時はまったく考えが及びませんでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:us3yvbwpfp
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/us3yvbwpfp/index1_0.rdf